作業療法

作業療法学生時代楽しかった出来事best5

こんにちは!なおです!
このブログは『医療現場で得た後悔しない為の生き方』『作業療法学生と若手に作業療法の考え方』『生活と暮らし』を柱に人生頑張っている方に向けて情報発信をしていくブログです!
ブログ×ツイッターを通し様々な方と楽しみながらコミュニケーションを取れればなと思っています!

前回のブログでは『辛いこと』に関してブログにまとめました!
以下にリンクを貼っておきます。
『まだ見てない』という方は是非みてみて下さい!

作業療法学生時代辛かった出来事best5こんにちは!なおです! このブログは『医療現場で得た後悔しない為の生き方』『作業療法学生と若手に作業療法の考え方』『生活と暮らし』を柱...

今回は、楽しかったことに関して前回同様ランキング形式でお伝えしていこうと思います!
作業療法学生になると『こんな楽しい事が待っているんだよ!』というのをふんだんにお伝えしていきます!

なお
なお
辛い事ばかりではなく楽しい事もたくさんあるんですよ!

これから作業療法士学生になる方や作業療法士に興味のある高校生、社会人の方に見てみて欲しい記事になります。

是非、最後まで目を通して頂き良い学生生活を送って頂ければなと思います!

作業療法学生時代楽しかった出来事best5


では、早速
作業療法学生時代に楽しかった出来事best5をお伝えしていきたいと思います!

5位 心理学の授業が楽しい

4位 映画やテレビをたくさん見る機会がある

3位 レクリエーションや物作りが楽しい

2位 治療について学べるのが楽しい

1位 同級生とのキャンプやお泊まり会が楽しい

です。
その他にも『発達学の勉強が楽しい』や『演習系の授業が楽しい』や『サークルが楽しい』などまだまだありますが厳選するのなら上記の5つになります!

では上記5つを詳しく解説していきたいと思います!

5位 心理学の授業が楽しい

作業療法学生時代に特に楽しかったこととして挙げられるのが『心理学の授業が楽しい』ということです!

作業療法士は患者さん、利用者さんの性格や個性を適切に捉え、それを基に治療や支援を行なっていきます。その為、人間の深層心理を探る方法を知っておく事は非常に重要となります。

具体的に学ぶことは

・心理テスト、心理検査

・性格診断

・知能検査

・防衛機制

・障害受容

・学習

・発達心理

です。

なお
なお
なんとなくワードをみても面白そうじゃないですか?笑

実際に心理テストを用いて授業をしたり人間がどういう過程で心理状況が変わっていくかを学んでいきます。

実際に国家試験にもガッツリでる部分なのでしっかりと学んでおく必要があります。
楽しみながら学べる教科の1つだと思います。この面白さは作業療法学科に入らないと感じれないことです!

是非、作業療法学科に入って体感してもらいたいところです!

4位 映画やテレビをたくさん見る機会がある

作業療法学生時代に特に楽しかったこととして挙げられるのが『映画やテレビをたくさん見る機会がある』ということです!

自分が実際に授業中に見た映画やテレビを紹介します。

・NHKの特番

・プロフェッショナル仕事の流儀

・精神科の実態

・ロボトミー手術

・人格障害を題材とした映画

・作業療法の実際

などを見て勉強を行います。

もちろん見終えた後には感想文を書き提出しなければならないという手間はありますが映像で学べたり実際の作業療法士が働いている場面などを見れてとても刺激になりましたし楽しさを感じながら授業を受ける事ができました。

学生時代を振り返ると『楽しい思い出』として印象深く残っていたので4位にして見ました!

学生時代を通し本当に多くの映像教材を見る機会があります!

これも楽しみながら勉強が学べる時間になるので是非、作業療法学科に入学して体感してもらいたい1つになります。!

3位 レクリエーションや物作りが楽しい

作業療法学生時代に特に楽しかったこととして挙げられるのが『レクリエーションや物作りが楽しい』ことです!

作業療法士は時に遊びを用いて治療を行います!

実習や作業療法士になった時に遊びを治療に用いる為に授業の中でレクリエーションを行なったり物作りを行う時間があります。

学生時代、実際に行なったレクリエーションが

・風船バレー

・指遊び

・ボーリングゲーム

・卓球

・将棋、オセロ、囲碁

・点数取り競いゲーム

などになります。

どんなレクリエーションが治療に用いる事ができるのかを学んだ後、何グループかに別れてそれぞれ『遊び』を考え発表し実際にクラスみんなで一緒に身体を動かし体感する時間があります。

絶えず笑いが巻き起こる良い時間になります。

物作りに関しては

・陶芸

・機織り

・籐細工

・折り紙

・編み物

・塗り絵

・貼り絵

などを行い実際に作品を作ったりします。

なお
なお
小学校の図工みたいな時間が授業にあります。

勉強は勉強なんですが、どちらかというと遊びの要素が強くストレス発散の時間にもなったりします。

自由に同級生と話ながら物作りが行えます。
きっと作業療法学科に入学したら、どの学校にも存在する授業だと思います!

様々な手段を用いて作業療法士が治療、支援を行うんだなと強く学べる時間になります!

学生時代の楽しい思い出として残っています!



2位 治療について学べるのが楽しい

作業療法学生時代に特に楽しかったこととして挙げられるのが『治療について学べるのが楽しい』ことです!

治療を学べるって作業療法士になる為の醍醐味ですよね!
なんと言っても治療に関して学べるのが楽しい時間になります。

学生時代に学ぶ治療学は

・身体領域の治療学

・精神領域の治療学

・老年期領域の治療学

・発達領域の治療学

・終末期の治療学

・生活期の治療学

があります。
実際の治療の手段や方法に関して基礎にはなりますが具体的な方法を学べます。

なお
なお
これから作業療法士になっていく事を強く自覚出来る時間になります。

この治療学を学んだ上で長期実習に出ることになります。

もちろん作業療法士の世界には学生時代には学びきれない程数多くの手技や治療方法があります。

応用的に学んでいくのは資格を取ってからにはなりますが実際に自分の手や考えで患者さん、利用者さんを良くしていける手段を身につける事が出来るので、とっても良い時間を過ごす事が出来ます!

学生時代の楽しい思い出として堂々の第2位も頷ける順位になるかと思います!

1位 同級生とのキャンプやお泊まり会が楽しい

映えある1位に輝いた作業療法学生時代に特に楽しかったこととして挙げられるのが『同級生とのキャン王やお泊まり会が楽しい』ということです!

やっぱり同じ作業療法士を志す人と一緒の時を過ごす時間って何にも変えられない時間になります。

・キャンプに行ったり

・飲み会をしたり

・テスト、実習打ち上げ会をしたり

・BBQをしたり

・ディズニーに行ったり

・お花見をしたり

・富士急に行ったり

・ドライブをしたり

・クリスマス会をしたり

・お泊まり会に行ったり

全てが良い思い出として残っています。

なお
なお
今思い出しても楽しい時間だったなと思います。

日常は勉強、勉強の日々で辛い思いをしている分みんなとワイワイ出来る時間は何より掛け替えのない時間になります。

この時間があるからこそクラスの人との絆が深まったり次の日も頑張ろうと思えたりします。

作業療法士になって行く過程で起こり得た全ての出来事の中で同級生とワイワイした時間が一番楽しい時間でした。

ぜひ、作業療法学科に入学した際はクラスのみんなと楽しく過ごしてみてください!

作業療法学科に入学したら刺激だらけの毎日

作業療法学科に入学すると、とにかく1年、2年、3年、4年と駆け足で走り抜けていくようになるかと思います!

なお
なお
慌ただしく毎日が過ぎ去って行く感じですね!

時間の進みが早く感じ毎日、勉強やレポートに追いついて行くのがやっとな状況になる人が多いかと思います。そんな毎日を過ごしているともしかしたら毎日が『辛い』『辛い』と嘆くようになるかも知れません。

が、『辛い』『辛い』と嘆きながらも頑張って努力を積み重ねた先には作業療法士として様々な人と関われるようになり確かな知識と技術を持ち人を救えるようになります。

確かな知識と技術で人を救えるようになる為には多少高い壁を登って行った方が確実性が上がっていくかと思います。

なお
なお
人を確実に救う為の試練だと思ってみて下さい。

ラクして作業療法士になるのはキツい言葉で伝えると『無理』です。

初めからお伝えしておくとラクをして作業療法士になろうとは思わない方が良いです。
いばらの道を歩んで作業療法士になって行った方が資格を取ってから息の長い作業療法士になれるかと思います。

とにかく学校に入ったら刺激だらけの毎日が始まります。

辛い事もあれば上記に記載したように楽しい事もたくさん待ち受けています。

4年間で様々な経験や体験をして卒業出来ると立派な作業療法士になれるかと思います!
嫌がらず怖がらず学生時代を謳歌してみて下さい!

おわりに


いかがだったでしょうか!?
作業療法学生時代楽しかった出来事best5と題してブログをまとめて参りました!

作業療法学科に入学したら毎日が忙しくなるのは事実ですが辛い事ばかりキツい事ばかりではないので安心して下さい!

楽しい事も絶対にあります!
ありますので何とか頑張って辛い事、キツい事を乗り越えて頂ければと思います。

なお
なお
本当に辛い、キツいだけではないので身構えないで下さいね!

現役の作業療法士も1人1人に様々なエピソードを抱えて養成校を卒業されている人が多いかと思います。

みなさん陰ながら努力をして臨床の現場に立っています。
よくブログでお伝えしているのですが『優しさだけでは人は救えません』のでしっかりと勉強し確かな技術と知識を身につけて行くことが重要となります。

次回のブログでは作業療法士になった後に経験した辛いこと、楽しかったことに関してブログを書いていきたいと思います。

引き続き参考にして頂きながらブログを見ていただいたり楽しみながら見て頂けると嬉しく思います!

以上、本日のブログでした。
本日も観てくださっている方、本当にありがとうございました。また、時間がある時に気軽に観にきてくださいね!
そして、何かあればTwitter、お問い合わせから連絡下さいね!!!
1人で悩まず一緒に歩んでいきましょう!

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です