リハビリコラム

作業療法士・理学療法士・言語聴覚士の給料

こんにちは!なおです!
このブログは『医療のこと』『生きための知恵』を柱に人生頑張っている方に向けて情報発信をしていくブログです!
ブログ×ツイッターを通し様々な方と楽しみながらコミュニケーションを取れればなと思っています!

とうとう、Twitterのフォロワー様が2,000人達成しました!!!

本当に嬉しいです。皆様、本当にありがとうございます。
Twitter活動を初めて4ヶ月目2,000人もの方と繋がれたこと、光栄に思っております。

Twitter活動をし始めた頃は、右も左も全然分からず、繋がりも全然出来ない状態で過ごしていましたが
少しずつ皆様とコミュニケーションが取れるようになっていき、今に至っていると思っております。

感謝です。自分は幸せ者だと思っております。

やはり、継続して何かを行い続けることは重要なことだなと感じております。
なんども、なんども心が折れそうになってきましたが、結果、継続してきて本当に良かったなと思ってます。

それに加えて皆様のお陰で、日々様々な学びが出来ております。
ありがとうございます。

次の目標はフォロワー様3,000人を目指して、ひた歩んで行きたいと思います。
こんなOTクローバーですが、今後とも何卒よろしくお願いいたします!!!

では、本日のブログに入っていきたいと思います。
お題は『作業療法士・理学療法士・言語聴覚士の給料』に関してです。

作業療法士・理学療法士・言語聴覚士は基本的には4年生の大学または専門学校を卒業して病院や訪問リハ事業、老人保健施設、小児施設や行政に入職している方がほとんどかなと思います。

もちろんですが、入職する場所によって貰える給料も様々な状態となっています。

今回は、急性期病院に働いているOTクローバーの例を出しながら、いったい世の中の作業療法士・理学療法士・言語聴覚士はどのくらい給料を貰っているのかを紐解いていければと思っております。

少しでもリアルな部分を見て頂き、作業療法士・理学療法士・言語聴覚士学生にはもちろん、様々な職域の方にも見て頂ければと思います。

そして、様々な事を思って頂ければと思います。笑

金銭面を赤裸々に出していきます。
最後までお付き合いして頂けると嬉しいです。

全国のリハビリスタッフの給料

皆様、リハビリのスタッフがどのくらいお給料を貰っているかご存知でしょうか?
病院のスタッフ=給料が高い』というイメージはありませんか?

無知な頃の自分も『病院のスタッフ=給料が高い』と思っておりました。

OTクローバー
OTクローバー
お金がたくさんもらえて、食いっぱぐれはないんだろな〜

っと。笑

時間が経ち今思う事とは
たしかに、食いっぱぐれは無いと思いますが、普通に働いていたら給料はたくさん貰えない職業だなということです。

家庭を持ち子育てを行なっていく中では、贅沢は出来ずギリギリの水準で過ごしていくことになると思います。まず間違いなく1人体制で家族を養っていくのはキツイレベルなのかなと思います。(共働きしていけば、それなりにやって行けるかと思います。)

これを言ってしまったら、これからリハビリ職につく方の希望を失わせてしまう可能性はありますが、現実はそうです。

実に悲しい現実ですよね。OTクローバーもなんどもこの現実に凹んだか・・・。笑

では実際、全国のリハビリスタッフがどのくらいお給料を貰っているのか皆様にお伝えしていきたいと思います。

厚生省から公表されているものがあります。リハビリスタッフが貰っている平均年収は以下の通りになります。

3,901,650円 2017年度 厚生労働省の賃金構造基本統計調査より

というデータが出ています。

これを多いととるか、少ないととるかは、人それぞれの価値観があるかと思いますが日本の平均年収が約410万円と言われているなか、比較するとOTクローバーはやっぱり、やや低いのかなと思ってしまいます。

もう少し『給料面をどうにかして欲しい』というのが、リアルな叫びですw

そしてもっと悲惨なのは専門卒の給料体制です。
高度専門士がないと、1人でも毎月多分ギリギリの生活になってきます。
(高度専門士があっても専門卒扱いにされてしまう施設も沢山あります)

次からは、その事に関して書いていければと思います!

リアルな給料

ここでは、専門卒と大卒の給料に関して、実際OTクローバーが貰っていたものを専門卒と大学卒で比較していきたいと思います。
1年目の例を出したいと思います。

専門学校卒 総支給額 194,500円 手取り 160,051円

大学卒 総支給額 211,700円 手取り177,251円

+α 一人暮らしの方は2万円の支給

となっております。
4年間高い学費と時間を費やしたとは思えない金額かなと思います。
(県立・公立・国立を除けば4年間で1,000万近い費用が学校を卒業するまでにかかります。)

OTクローバーが働いている病院は特に低いのかなとも思います。
他の作業療法士に伝えてもかなり驚かれる給料となっています。

ちなみに5年後は

専門学校卒 総支給額 215,000円 手取り 164,123円

大学卒 総支給額 232,200円 手取り181,323円

+α 一人暮らしの方は2万円の支給

となります。
これが、急性期病院で働くリハビリスタッフの現実です。

上記に加え残業代、交通費は全額支給、賞与は4〜4.4ヶ月は出ます。
年収は400万円いくかいかないかぐらいです。

なかなかシビやな数字かなと思います。

院内に在勤して、ここから年収を増やしていくには、外部での活動を行なったり、役職についていく、院外で優秀な発表や研究結果を残していく方法があります。

なかなか本腰を入れて積極的にリハビリスタッフとして成り上がっていかないと年収も上がっていかない仕組みとなっています。

せめて500〜600万ぐらい貰いたいのが本音ですよね。笑

OTクローバーの病院以外にも、リハビリスタッフに対する待遇の悪さが何個もあります。
例えば
・昇給が100〜1,000円という施設

・賞与が2〜3ヶ月程度

・基本給が上がらない
など、様々です。
就職するときに、要チェックしていかないといけないポイントかなと思います。

給料が高い領域

では、上記にあげた以外でリハビリスタッフの年収を上げていく方法は給料の高い事業所で働くことです。

給料面だけで選ぶとしたら、真っ先に思いつくのは訪問リハビリテーション事業所で働くことです。
訪問リハビリテーション事業所はインセンティブ制を取り入れているところが多数あり、訪問リハビリを行なったら行なった分だけお給料が発生するというものです。

これによりリハビリスタッフが年収600万というのも夢でなくなるという話です。
(かなり過酷な労働を強いられるかもしれませんが・・・)

要するにサラリーマンと同じ感覚で物事が進むということです。

・売り上げを上げたら上げた分だけあげますよ

・指名を取ったら取った分だけあげますよ

の考えです。

金銭面だけで考えるとメリット・デメリットがあります。

メリット
・働いたら働いた分だけ貰えるのでやる気が上がる

デメリット
・利益主義になると業務の煩雑化が目立つようになる
(リハビリが雑になるということです)

何が言いたいかというと、真面目に働いている方(真面目にリハビリを行なっているスタッフ)が損する可能性があるということです。

また、利益ばっか追い求めていくとリハビリが雑になり、対象者さん・クライエントさんの身体・認知機能も改善しなくなって来ますし、日常生活上の動作も何も変わらなくなってきます。

ただ、リハビリスタッフが家に訪れて話を聞いて帰る。。。

これは、リハビリスタッフとしてあるまじき行為となってきます。
ですが、実際の現場では利益だけ追い求めるような方も出て来ています。

世の中には、様々な考えを持った方が大勢いらっしゃるので「お金さえ貰えればなんでも良い」という考えをお持ちになっているリハビリスタッフも残念ながらいらっしゃいます。

OTクローバー
OTクローバー
あー悲しい

その為、今後はより一層訪問リハビリテーション事業所は厳しくなっていくと思いますし、事業所も絞り込まれていくと思います。

その方が、訪問リハビリを使用される方にとっては良いかと思います。

はい!!!話を戻し
そのほかに年収をあげていく方法も考えました。
以下にあげていきます。

・教育機関に務める

・有料老人ホームでリハビリを行う

・外部で講師としてお金を稼ぐ

・本を売る

・福祉用具を作り売る

・医療機器を作りうる

・公務員として働く(市や国が経営している病院に入職する)

・一般企業に就職する(リハビリの知識を活かせる部署で働く)

などが考えられます。

全てにおいて、自ら考え行動していかなと年収をあげていくことは不可能かと思います。
楽して稼ごうなんて、そんな甘い世界はないです!!!

お金を稼ぐということは、どんなお仕事でも大変なものだと思います。

おわりに

いかがだったでしょうか!?
だいぶ、リアルな数字も出ていたのではないでしょうか?

そして、OTクローバーなりに作業療法士として一生頑張り続ける方への年収UP方法も考えて見ました。

少しでも楽しんで見て頂けたり、参考になれば幸いです。

どんな仕事においてもそうかと思いますが
決して『やりがい搾取』にならないように、自分が働いている分とお給料が見合っているか常日頃考えた方がいいと思います。

稼ぐということは重要なことだと思います。生きていくにあたっては
ボランティアだけでは、ご飯は食べていく事はできません!!!
以上、本日のブログでした!

このブログでは、リハビリ、介護、健康に関して困っている、悩んでいる方が気軽に相談できる場、情報を得られる場を目指しブログを行っていきたいとおもっています。
何かに悩まれている方がいらっしゃれば、どんなん小さな事でも構わないので1人で悩まずコメントでもなんでも良いので連絡くださいね。なにかしらの力添えはできるかと思いますので。

本日も観てくださっている方、本当にありがとうございました。また、時間がある時に気軽に観にきてくださいね!

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です