10〜30代必見記事

仕事を早く終わらせる方法

こんにちは!なおです!
このブログは『医療のこと』『生きための知恵』を柱に人生頑張っている方に向けて情報発信をしていくブログです!
ブログ×ツイッターを通し様々な方と楽しみながらコミュニケーションを取れればなと思っています!

このブログは朝活をしながら書いているブログです!

だいぶ朝の気温も下がって来ており、扇風機を回さずに過ごせるようになってきました!
9月に入って、少しずつ秋を感じる気候になってきたなと思います。

皆様、今年が終わるのもあと3ヶ月ですよ!!!
いや〜、本当に時間の流れがあっというまで1年が終わるのが早いなとものすごく感じております。
皆様はいかがでしょうか?

自分は
この1年間で何が出来ているのだろう
何が変わったのだろう
とそろそろ振り返りを始め出しました。

自分に関しては、去年の今頃は、自分がツイッター活動ブログ活動に熱を入れて活動しているなんて1ミリも想像していませんでした。

昨年の今頃は、ゴロゴロしたりYouTubeばかり見たり、ゲームしたり、飲んでばっかりの生活でした。
まさに時間を持て余していた状態でしたw

今思ってみれば、やや勿体無かったようにも思いますが、その頃の価値観がそこにあったので、まぁ、それでも良かったのかなと改めて思っております。(その頃があったから、今があるんだとポジティブに捉えています。)

今年に入ってからは180°変わったと言っても過言ではないぐらい1分1秒足らない生活に突入していますw

こんな風になるとは思いませんでしたが、この生活を続けていられるのも周りの理解自分が楽しみながら作業が出来ている事がデカイのかなと感じます。

ストレス少なく楽しみながら出来る作業って本当に長く続くと思います。
様々なことを初めてみて良かったなと今のところは思う1年になっております。

皆様もぜひ、今年1年間がどんな1年間だったのかを少しずつ振り返ってみて下さい。
新たに成長出来る何かが見つかるかもしれませんよ!?

はい!!!本日のお題に入っていきたいと思います。
お題は『仕事を早く終わらせる方法』です。

物理的に絶対に定時に帰れない方を除き
仕事を早く終わらせ、定時に帰る事は可能です!!!
仕事中のちょっとした工夫を行うだけで格段に早く帰れるようになるかと思います。

現に自分も8月の残業時間は総合計で1時間だけでした。

仕事を早く終わらせ、自分のプライベートの時間を増やすことが出来ると

・心に余裕が生まれるようになる

・睡眠をたくさん取れるようになる

・娯楽時間を増やす事が出来ストレスを溜めにくい生活が行える

ようになるかと思います。

変に残業時間を増やしお金を稼ごうや無駄に職場に長くいる事程、ストレスが蓄積することはありません。

早く会社の外に出て外の空気を吸い、ストレス発散した方が仕事のモチベーションも高めることが出来るかと思います!

ぜひ、自分が行なっている方法を皆様に共有出来たらなと思い、今回はブログに書いていこうと思いました。
このブログをみて頂き、少しでも皆様がストレスなく働けることを心から祈っております。

最後までお付き合いして頂けると嬉しいです!!!

労働の現状

昨今では、長時間労働過労死が問題視されるようになってますね。

OTクローバーも常日頃、感じておりますが、日本人は本当に働きすぎな人種だなと思います。
働いたら、働いた分だけお金が貰えれば良いのですが、働いてもそんなに多くお金が貰えないのが現状かなと思います。

これこそ、『やりがい搾取』ですよね。

諸外国と比較すると人を働かせすぎると法で経営者が罰せられる国も存在するくらいです!
それぐらい長時間労働や過労死って言うものは大問題なことなんです。

では、ここで日本人がどれくらい働き過ぎなのかを他の外国と比較して書いていきたいと思います。

ドイツの働き方
ドイツでは、1日8時間の労働時間をベースに、1日で最大10時間
6ヶ月平均1日8時間を超えてはいけないことになっています。

もし超えてしまったら、経営者には最大200万円の罰金と1年以上の禁固刑に処せられます。

ドイツには面白い制度があり
『労働時間貯蓄制度』と言うものがあります。
これは、普段の日2時間多く、10時間働いた場合、別の日の8時間より2時間少ない、6時間の勤務で帰ることが出来る制度です。

その他もドイツでは30日の有給休暇が与えられており、その殆どが消化されているそうです。

これだけみてもドイツって素晴らし国だと思いませんか?
次に

デンマークの働き方
デンマークでは日本よりも短い、週37時間労働が義務付けられており、残業もあまりしない国とされています。

企業の多くは8時に始業し、16時に終業にしている他、フレックスタイムによって早朝から働き、午後早い時間で仕事を終えるという方もいるそうです。

デンマークでは、最低時給が2,000円です。
そして労働組合も強く初任給も高く設定されています。
法律が整備されているために世界でシンガポールやニュージーランドに続いて3番目に就業しやすい国だという統計も出ています。

デンマークも、労働者を本当に大切にしている国だということが分かりますよね!

もうひと国だけ紹介させて頂きますね!

ノルウェーの働き方
北欧の国の中で国民の幸福度が世界一だとされているのがノルウェーと言う国です。
労働生産性も世界で2位と言う高水準となっています。

ノルウェーの労働は日本の労働基準法を大きくは変わりませんが、残業時間が日本より短く設定されている事やフレックスタイム制やコアタイムの設定のされていないフレックスタイム制が普及しているため、ライフスタイルに合わせて労働時間を自由に設定することができます。

自由な働き方を選択出来るのが、ノルウェーの働き方ですね。
まさにライフワークバランスを整えて行くには、とても素晴らしい国と言っても過言ではありませんね!!!

3ヶ国挙げさせて頂きましたが、皆様どのように感じましたでしょうか?
日本よりずっと働きやすいと感じませんか?

ここから紐解いても日本人は働き過ぎなんだなと思いますし、お金は貰えませんし、苦しい環境でストレスに仰がれながら働いているんだなと感じます。

では、物理的に帰れないを除き
いかに職場から早く帰る方法を自分が実践していることを挙げながら皆様にお伝えしていきたいと思います。

仕事効率向上方法

今の日本では、お金を稼ごうとすればする程、自分の時間を手に入れていく事は限りなく難しくなっていくのかなと思います。
なら、お金は一旦置いといて、自分の時間を手に入れる方法、仕事効率を向上させていく方法を書いていきます。

朝少し早めに出勤

これは自分が職場に入職したときから実践している方法です。
7年目ですが、職場にはいつも始業30分前に着いています。
少し早めに家をでることで通勤ラッシュを避けストレスが少ない状態で職場につく事が出来ます。

30分早く職場に付くだけでも、自分より遅く来る人と比較して何十倍も朝の準備が早くなります。
いわゆるスタートダッシュを掛けやすいということですね。

始業時間から朝の準備を初めては、仕事効率が悪すぎます。
定時に帰るには、朝のスタートダッシュが何よりも大切かと思います。

隙間時間を有効活用する

これも非常に重要となります。
1分の隙間時間でも大切にして、仕事をどんどん進めていきます。
仕事の途中の一服なんていりません。笑
もちろん雑談なんて時間の無駄ですw

一服の時間、雑談している暇があるのなら仕事をどんどんやってしまいましょう!!!
休憩や雑談はお昼時間にとれば良いのですから。。。

昼休みも作業

昼休みに外に食べに行くコンビニに買いに行くのは時間の無駄ですし、仕事効率が悪すぎます。
昼ごはんは前日に買っておくか、朝の通勤時間に買っておく事が仕事効率をあげる方法です。

また、食べないという選択肢も絶対やめて下さい
午後の仕事効率が極端に落ちます。
脳の栄養は糖質です。脳にエネルギーがないと頭が働きません。
結果、定時に帰れなくなります。

昼ごはんを食べながら朝の業務は全て終わらせておきます。
余裕があれば午後のスタートダッシュをきるための準備をしておきます。

全て終えてから、一服する昼休みを取るようにします。
また、5分でも10分でも仮眠が取れるのであれば、積極的に取って下さい。
仮眠を取ることで更に午後の仕事効率をあげる事が出来ます。

この作業が出来るか出来ないかで定時に帰れるか帰れないかに大きな差が出てきます。

午後は立ち仕事を増やす

午後の作業の特徴は適度に疲労が蓄積し、血糖値も下がって来るので眠くなる事があります。
デスクワークですと、その眠気に勝てず極端に仕事効率を落とす事があります。

その為、立ち仕事を増やす事で刺激を入れ覚醒を促して行くことができ、眠気を飛ばし仕事効率を維持していくことが可能です。
(専門的に解説するのであれば、足底から固有感覚を入れていき、交感神経を優位にしていきます。交感神経を優位にできれば覚醒に繋げる事や筋肉、脳もスイッチon状態で仕事が行えるようになります。)

どうしてもデスクワークしかないと言う方は、1時間に1回ぐらいのペースで席を外し5〜10分程度、歩くことをおすすめします。
1番、感覚が入りやすく覚醒を挙げられる動作は階段登りだと思います。

できれば階段などを登る作業を取り入れると刺激が強いので、即、交感神経系を優位にしていく事が出来、覚醒した状況で仕事が行えるようになるかと思います。

他人の目は気にしない

自分の仕事が終われば、すぐ退社でいいと思います。
自分の仕事が終わったのにも関わらず、退社せずその場にいると
どんどん、どんどん周りの目が気になってしまい帰れなくなってしまいます。

協力して行かないといけないプロジェクトを除き、他人の仕事までやる必要はどこにもないです(優しさの押し売りはやめた方がいいです)。
『自分の仕事が終わったら帰る』を繰り返していくと、周りからも『定時で帰る人』という印象を与える事が出来るかと思います。

その印象になっていけば、定時で退社もしやすくなると思います。

周りに遠慮せず、行動していく事が大切かと思います。

おわりに

はい!!!いかがだったでしょうか。
仕事を早く終わらせる方法に関して書いてきました。

実際に自分のやっている事を書いているだけなので
いつもより爆速でブログが仕上がっています。笑

いかに効率的に働き、周りに人がやってない事をやりながら早く終わらせるのがコツなのかなと思います。
周りと一緒の事をやっていたのでは、仕事は終わりません。

漠然と仕事をするのではなく、いかに『仕事効率を上げていく方法はないか』を考えながら仕事をする事が必ず定時に帰れるに結び着いていくかと思います。

また、今ふと書いてて思いつきましたが、デスク周りが汚いのもNGだと思います。
探したい資料や物が一発で見つけられるデスクにしておくと作業効率も上がっていきます。

選択する、物を探すという無駄な時間はなるべく削っていきましょう!

このブログをみて1人でも多くの方が仕事人間ではなく、プライベートを充実させた人間になって頂ければ幸いです。
ライフワークバランスの比重はライフの方を重たくしても良いと思います。

ストレス溜めず、日々を過ごしていきましょう!!!
以上、本日のブログでした

このブログでは、リハビリ、介護、健康に関して困っている、悩んでいる方が気軽に相談できる場、情報を得られる場を目指しブログを行っていきたいとおもっています。
何かに悩まれている方がいらっしゃれば、どんなん小さな事でも構わないので1人で悩まずコメントでもなんでも良いので連絡くださいね。なにかしらの力添えはできるかと思いますので。

本日も観てくださっている方、本当にありがとうございました。また、時間がある時に気軽に観にきてくださいね!

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です