10〜30代必見記事

固定概念なんて捨ててしまった方が良い【楽に生きましょう】

こんにちは!なおです!
このブログは『医療のこと』『生きための知恵』を柱に人生頑張っている方に向けて情報発信をしていくブログです!
ブログ×ツイッターを通し様々な方と楽しみながらコミュニケーションを取れればなと思っています!

なお
なお
固定概念って窮屈に感じることありませんか?『これぐらい常識でしょ』『当たり前のこと言わせないでよ』などの言葉を浴びせられたことありませんか?固定概念・常識ってなんなんでしょうかね。

今回は、固定概念に関して思うことがありますので、それを記事にしたいと思います。
このブログを読んで頂ければ、少し気持ちが楽になるかもしれません。
是非、固定概念ってなんやねん!!!って思われている方に目を通して頂きたいです!

固定概念なんて捨ててしまった方が良い

タイトル通りなんですが、結論から言ってしまえば
『固定概念なんて捨ててしまった方が良い』ですね!

固定概念にとらわれていればいる程、どんどん『生きづらく』なっていきます!
そして、窮屈になって行くかと思います。

いくつか固定概念の例題をあげていきたいと思います。
一度は耳にしたことのある言葉達をならべていきますね。

・女性が料理、洗濯、掃除を行い、男性が外に働きにいくのが当たり前だ

・30歳代で『結婚』していないのは、訳ありだ

・いい大学に入らなければいい企業に入れない

・先輩(上司)より後輩は早く帰ってはいけない(早く来なければならない)

・後輩が準備するのが当たり前だ

如何ですか?
上記のようなものが『固定概念』に当たるのかなと思います。
このような『固定概念』があると生きづらいと思いませんか?

せっかくなので、上記にあげた例題を考察していきたいと思います。

女性が料理、洗濯、掃除を行い、男性が外に働きにいくのが当たり前だ

なお
なお
いつの時代の話だよ!!

って思いますよね!笑
ただ、今でも上記のことを根深く思われている方が大多数いらっしゃいます。
特に親世代やそれより上の世代。そんな世代に育てられてきた自分達せだいの真面目な方々。

今の世の中、企業だけに勤めていては、子どもを養うのに非常に苦労するのに、上記のような考えをされてしまうと、なかなか厳しいものがあるのではないでしょうか?

今の時代、働き方も家庭内の役割も多種多様になって来ているかと思います。
少し前の日本では『女性が家庭を男性が仕事を』が当たり前の世の中でしたが今は
逆のパターンもたくさんあるかと思います。
その他にも以下のパターンで過ごされている方も沢山いるかと思います。

・共働きをして頑張っている方々

・お互い在宅ワークでお金を稼ぎながら家庭内のことをこなす

・(ある程度お金を持っていれば)不労所得で生活をする

など、選択肢は様々かと思います。

『女性が料理、洗濯、掃除を行い、男性が外に働きにいくのが当たり前だ』
なんかにとらわれない方がストレスも少なく過ごせるかと思います!

お互いがどのような未来を想像し
何を重要視しているかを話し合って、役割や働き方を決めるのが理想ですね。

30歳代で『結婚』していないのは、訳ありだ

なお
なお
余計なお世話だ!

って話ですよね!
すごい変な固定概念だなと感じます!それも、かなりひどい方の固定概念。
30歳代で結婚していないと『変なレッテル』貼られますよね。

・性格に難あり(きつい、感情の起伏が激しい、すぐ怒る、協調性がないetc…)

・借金をしている

・フリーターだ

・結婚したくないと思っている

・恋愛に興味がない

・1人が好きor1人でやっていきたいと思っている

確かに上記のことを思われている方もいるかと思いますが
全員が全員そうではありませんよね!

普通に過ごしていて結婚するタイミングがなかっただけですよね!
ただそれだけのはずなのに、固定概念のせいでプレッシャーを背をわざる終えない状態になる。

窮屈ですし、ストレスですよね!

昔は結婚しているのが当たり前の世の中だったかもしれませんが、今は違いますよね!
そんな中から生まれている固定概念なのかなと思います。

本当に30歳を境に上記のことを言われやすくなりますし、思われやすくなるかと思います。

上記に書きましたが『結婚』なんてタイミングなんです。
性格が優れているから『結婚』できる訳ではありません。

たまたまタイミングよく気があう方と出会い、意気投合し『結婚』に至る。
これが流れです。

固定概念から生まれてくる変な『レッテルのメガネ』を通さない方が、本来の『その人』を判断できるようになるかと思います。

婚活されている方は『レッテルメガネ』を外して目の前の人と接してみると、本当に自分に合った方と巡り会えるようになるかもしれませんよ!?

いい大学に入らなければいい企業に入れない

なお
なお
いい大学に入ってもいい企業に入れるとは限らない時代になってますよね!

昔、親に口すっぱく言われた!
なんて、経験がある方もたくさんいるのではないでしょうか?

今はいい大学に入るよりかは
いかに自分の『やりたいこと』を明確化して仕事を見つけていけるかが重要な時代ですよね!

高学歴ニートもたくさんいる時代になってます。
確かに『頭の良い』ことに越したことはありませんが、それだけでは社会には通用しませんよね!

ある程度の知識に加えて『コミュニケーション能力』も必要ですよね。
高卒だって自分の『やりたいこと』と『コミュニケーション能力』があれば億万長者にだってなれるかと思います。

学歴だけにとらわれていては生きづらいですよ!
『東京大学卒』『慶応大学卒』『早稲田大学卒』でも
やりたいことがなければ、ただの人ですからね。

『○○高校卒』『中学校卒』『専門学校卒』でも
人とは違う視点、アイディアなどあれば誰でも働ける時代ですし、能力があれば這い上がっていける世の中ですよ!

先輩(上司)より後輩は早く帰ってはいけない(早く来なければならない)

なお
なお
これも古くからの固定概念かなと感じる節ですよね!

やるべきこともせずに帰宅してしまうのはNGだと思います。

ただ本来、自分のやるべきことを終えれば帰って良いと思いますし
先輩や上司より早く通学、出勤なんてする必要はまったくないですよね(仕事の容量が悪く、周りに迷惑をかける人は別ですが)!
むしろ気をつかう義務もないですし、そんなので人間関係が揺らいでしまう先輩・上司なら関わらな方がましです。

昔の体育会系の名残でしょうかね?

人は思っている以上に自分のことしか考えていません。
無理に周りに合わせる必要はないですよ!

○○しないと周りに変な風に思われるんではないか?
そんなこと考える必要ないですね。

もし周りより『できる人』『仕事の早い人』がいるのであれば、課題量や仕事量を増やし、その対価として支払うものを支払えば文句はないはずです(給料をあげるなど)。
課題量、仕事量だけ増やして周りと一緒の対価だから文句が出るんだと思いますよ!

現実的に、課題量・仕事量を増やされても待遇は周りと変わらないのが今の時代。

それなら周りより自分を優先にして
固定概念にとらわれず過ごして行った方が人生楽ですよね!

後輩が準備するのが当たり前だ

なお
なお
先輩・上司の上から目線・指示すぎる固定概念ですよね

『自分もやってきたのだから、後輩もやって当然だ』という考えかたは固定概念の何者でもありませんよね。

それで嫌な思いをしてきているのなら、なおさら後輩のことを手伝ってあげれば良いではないですか。みんなでやれば済む話。意地を張って何もやらない方が心が狭い人間だと感じますよ。

協力して準備などを行なった方が時間を有効に使っていくことができると思いますよ。
無駄な固定概念を捨てて、一緒にやった方が信頼関係を深めることも出来ますし、コミュニケーションもとることが出来ますよ!

まとめ


今回のブログのまとめです。

・固定概念なんて捨ててしまった方が良い

・人生の選択肢を増やすことが出来ます

・考え方を広げることができるようになります

・無駄な思考を使わなくてすみますよ

・ストレスをためにくくなりますよ

・人間関係を良い方向に構築していくことが出来ますよ

基本的に、固定概念って昔の常識が多いのかなと思います。
昔の常識は昔の常識、今の常識に当てはめようとするから窮屈に感じたり、苦しくなったりするんだと思います。

昔の常識にとらわれず今の常識で自分らしく過ごし
固定概念に縛られない人生を歩んで行きましょう!

以上、本日のブログでした。
本日も観てくださっている方、本当にありがとうございました。また、時間がある時に気軽に観にきてくださいね!
そして、何かあればTwitter、お問い合わせから連絡下さいね!!!
1人で悩まず一緒に歩んでいきましょう!

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です