10〜30代必見記事

理不尽を受けイライラした時の対処法|これを見ればストレス0です!

こんにちは!なおです!
このブログでは『心を軽くする考え方』『医療』『リハビリ』の3つを柱に情報発信を行っています。

ブログを通しあなたの人生を少しでも良い方向に変えていけるような“お手伝い”が出来るようになることが最大の目標です!是非、参考にして頂きながら今よりも良い毎日を歩んで下さい!

なお
なお
今回は、理不尽を受けイライラした時の対処法をご紹介していきます!この記事を最後まで見ればストレスが限りなく0に近づいていきますよ!

学生でも社会人でも毎日を過ごしていれば誰でも必ず理不尽を受けることってあるかと思います。

理不尽を受けた時って本当にストレスでしかないですよね!

理不尽を受けた時に湧き上がってくる感情って主に

・怒り

・悲しみ

・苦しみ

・辛さ

・悔しさ

が多いと思います。

なお
なお
自分も理不尽を受けた時は上記のような感情が湧き出てきます。何クソー!ってはらわた煮えくり返っています。笑

でも正直、上記の感情をいつまでも抱き続けているのも苦しいんです。

そこで、上記の感情が湧き出て来た時の対処法を知っていれば無駄にイライラすることも少なくなっていきます。

それを今回、ご紹介していきたい思います!

自分も実践している方法で格段にストレス緩和に繋がっている方法になりますので実践してみる価値は非常にある方法です。

是非、最後までこの記事に目を通して頂き“理不尽”を対処できる人になっていきましょう!
考え方一つで人生は大きく変わっていきます!

ストレス少ない毎日を過ごしていきましょう!

理不尽を受けイライラした時の対処法|これを見ればストレス0です!


では早速、理不尽を受けイライラした時の対処法をご紹介していきたいと思います。
理不尽を受けた時は、以下のことを実践してみてください。

・理不尽をどんどん受け流す

・やり返す精神は捨てる

・理不尽をしてくる人とは必要最低限しか関わらない

・負の感情を引きづらないようにする

・さっさと家に帰りプライベートを充実させる

です。

これらの5つのことを実践出来ると理不尽を受けてもストレス少なく過ごしていくことができます!

なお
なお
結局、理不尽をされた人のことを意識してしまうからストレスがどんどん積もってしまうんです。嫌な相手のために自分の大切な時間を使う必要は1mmもないんですよ!

では、具体的に上記5つに関して説明していきたいと思います!

理不尽をどんどん受け流す

理不尽を受けイライラした時の対処法は、理不尽をどんどん受け流すようにしていきましょう!

なお
なお
理不尽をされても基本的に真に受ける必要はありません!スルーしていきましょう!

言わせたい奴には言わせておけば良い!精神です。
理不尽を受ける度に間に真に受けていたら、どんなにメンタルが強い人でもメンタルは崩壊へ向かってしまいます。

理不尽を受けたら

・はいはい

・また始まったよ

・器ちっせーな

・余裕ねえな

・暇だな

ぐらいで受け流していきましょう!

むしろ“自分のために貴重な時間を使ってくれてありがとう。まぁ、なんと言われようと知らないけどね”ぐらいで思っておきましょう!

この考え方が出来ると本当に理不尽を受けてもストレスを感じることなく過ごしていくことができます。

理不尽が来たら受け流す。真に受けない。言わせておく。で大丈夫です。
本当に性格がひん曲がっている人は、あなたが苦しむ姿を見て楽しんでいます。

相手の思う壺になる必要はありません。
相手の思う壺にならないように逆の行動を取っていきましょう!

あなたが他人の思い通りになる必要なんて1mmもないということを覚えておきましょう!

やり返す精神は捨てる

理不尽を受けイライラした時の対処法は、やり返す精神は捨てましょう!

なお
なお
やられたらやり返す。倍返しだ!!!は、やめておきましょう。笑。無駄に体力と時間を消耗するだけですよ。

理不尽をしてくる相手に自分の大切な時間を使う必要は全くありません。
自分の大切な時間というなの財産を適切に守っていきましょう!

基本的にやり返すことを考えてもいいことは一つもありません。
それが何故かというと

・やり返しの方法を考えている時間が無駄

・やり返しの方法を考えた挙句やらないことが多い

・実際にやり返しても自分の立場が悪くなるだけ

・負の感情はメンタルを的確に不安定にさせてしまう

・気持ちが常にどんよりして毎日が楽しく無くなってしまう

からです。

やり返さない。やり返さない。

それより、理不尽な人のことを考えているより自分の“やるべきこと、やりたいこと”を考えて行動した方が確実に毎日が充実していきます。

自分の立場を悪くすることもありません。

どうしても許せない。悔しい。悶々とする。という感情が消えないのであれば、信頼のおける人に相談するというのも手です。

起きた現象を具体的に話し、自分が今どういう気持ちで、どんなことを考えているか。
それを聞いてもらえるだけでもスッキリしたりします。

信頼のおける人に相談するというのは、自分1人で考えているとどんどん悪いことしか考えない。時間がどんどん過ぎてしまうという人におすすめの方法です。

なお
なお
間違っても信頼のおけない人には相談してはいけません!さらに自分の立場を悪くしてしまう可能性があります。心から信頼出来る人に相談するようにしましょう!

自分1人で悩まず誰かに頼り前を向いていくという行動に変えていくことが大切です!
やり返してもいいことはない!これだけは、しっかりと覚えておけると良いです。

理不尽をしてくる人とは必要最低限しか関わらない

理不尽を受けイライラした時の対処法は、理不尽をしてくる人とは必要最低限しか関わらないようにするです。

なお
なお
関わらなければ理不尽をされることも少なくなります。関係性を徐々にフェードアウトさせていきましょう!

理不尽をしてくる人とは基本的に関わらない。
それが一番自分にストレスが掛からない方法になります。

ポイントは徐々に距離を取っていくことです。

いきなり関わらなくする。関係性を遮断する。無視をする。などの行動を取ってしまうと更に酷い理不尽を受けてしまう可能性があります。

なので

・理不尽をしてくる人と同じ環境に居ないようにする

・話すのは必要最低限のみにする

・関わる時間も短くする

・視線を合わさない

・居ないものと考えるようにする

を心掛けてみましょう!

相手との距離が近いから理不尽を受けてしまうんです。
意識的に距離を離していきましょう。

相手との距離を徐々に離していくことで理不尽を受けることも徐々に少なくなっていきます。

そしてもう一つ伝えたいこととして関係性を断絶しない方がいい理由があります。

それは何かというと、もしかしたらいつかどこかでその人のこと(自分に対して理不尽をしてくる人)を必要とすることがあるかも知れないからです。その時に、関係性を断絶してしまっていると頼みごとをしたくても出来なくなってしまいます。

関係性は断絶せず距離だけ取っておけば、いざという時にこちらが利用出来るようになります。

距離を取り相手が離れていくようであれば仕方がないことですが(離れてくれれば理不尽を受けることも無くなりますが)、基本的には関係性を断絶せず距離をとるようにするだけで十分です!

理不尽を受けても受け流しどんどんフェードアウトした関係性をとるように意識してみてください。



負の感情を引きづらないようにする

理不尽を受けイライラした時の対処法は、負の感情を引きづらないようにすることです。

なお
なお
理不尽を受けたらそこで終わり。すぐに気持ちを切り替えて自分のやるべきことに集中しましょう!

理不尽を受けた後に、いつまでもイライラしていたり、モヤモヤしていたり、モンモンとしているのは絶対に良くないことです。

メンタルがどんどん不安定になりますし憎しみの気持ちが強くなり過ぎてしまい、自分の本来やるべきことが全く前に進まなくなってしまいます。

なお
なお
理不尽を受けたら“ふ〜ん”と思い気持ちを切り替えて自分のやるべきことに集中していきましょう。

むしろ理不尽を受けたことがなかったことにしてしまうぐらいでいいです。

負の感情は、意識的にどんどん断ち切っていきましょう。
繰り返しになりますが理不尽をしてくる人の為に、自分の大切な時間を使う必要は全くありません。

絶対に引きづらないこと。次の日まで負の感情を持っててしまうのは、本当に精神衛生上良くないです。

もっと肩の力を抜いて過ごしていった方がストレス少なく過ごしていくことが出来ます!
理不尽を受けても早く受け流し負の感情は捨てていきましょう!

さっさと家に帰りプライベートを充実させる

理不尽を受けイライラした時の対処法は、さっさと家に帰りプライベートを充実させましょう!

なお
なお
悩んでいるより楽しんでしまった方がいいです!

総まとめすると理不尽を受けたら“受け流し、やり返すことなく、関わらないようにして、負の感情を早く断ち切り、楽しむこと”が非常に重要です!

理不尽を受けて悩んでいること自体が勿体無いんです。

理不尽を受けても

・趣味を充実させる

・美味しいものを食べたり飲んだりして幸せになる

・友人と大声で笑う

・自分のことを思いっきり癒す活動をする

・本当にやりたいことに没頭する

などの行動をとった方が人生を明るく過ごしていくことができます。

なお
なお
自分も理不尽を受けた時“受け流し、やり返すことなく、関わらないようにして、負の感情を早く断ち切り、楽しむこと”を意識するようになってから理不尽なことが起きても気にならなくなりました。

物事をどのように捉えるか。捉え方によって理不尽を受けた時の自分へのダメージが大きく変わってきます。

わざわざ嫌なことをしくる人の思う壺になる必要はないんです。
他人の価値観で自分が生きていくことがないようにしましょう。

繰り返しになりますが言わせたい奴には言わせておけばいい。自分には別に関係ないけどな。ぐらいでいいんです!

理不尽を受けても楽しいことをどんどんやり笑って過ごしている方が毎日が充実していきます!

結局、理不尽は誰でも受ける


どんな人でも理不尽は受けるんです。
理不尽をしてくる人も誰かから理不尽を受けていたりするんです。

なお
なお
なので、理不尽を受けた時にどう対処していくかが非常に重要なポイントになります!

理不尽を受けるのは結局、生きていれば仕方がないことなんです。
理不尽を受けることに対して割り切って過ごしていた方がストレス少なく過ごしていくことができます。

それでも理不尽を受けるのが嫌というのなら“環境”を変えてしまうのも良い方法です。
自分が過ごす環境を変えれば今受けている理不尽から逃れることができます。

相手が変わってくれるのをジッと待っていても相手は変わりません。
手っ取り早く状況を変化させたいのであれば自分がどんどん変わっていくしかありません。

他人に期待するより自分に期待をしていく。

それが自分を救う手段にもなります。
理不尽は誰しもが受ける。それを理解した上で今までお伝えしてきたことを意識して行動してみる。

それが出来れば、少なくとも今よりは過ごしやすく生きていくことができます。
いきなり実践するというのは、もしかしたら難しいかも知れませんが徐々に実践していくということは可能かと思います。

この記事を読んで頂いた方が少しでも苦しみから解放されることを心の底から願っています!

過ごし方で理不尽のストレス具合が大きく変わる


いかがだったでしょうか!?
理不尽を受けイライラした時の対処法|これを見ればストレス0です!と題して記事をまとめてきました。

なお
なお
過ごし方で理不尽のストレス具合が大きく変わってきます。

理不尽を受けても気にしない。これに限るんです。
環境が嫌なら環境から出ればいいし、文句があるのなら実績や結果を残していけばいいし、何も出来ないと思うのなら理不尽を受けても気にせず自分の人生を楽しんでいた方がストレスはかかりません。

怒り、悲しみ、苦しみ、辛さ、悔しさの感情はあるかも知れませんが、相手より自分が大人になってしまいましょう。

子どもの戯言を真に受ける大人にはならないように過ごしていきましょう!
それが出来れば理不尽を受けてもストレス少なく生きていけますよ。

以上、本日のブログでした。
最後まで目を通して頂き本当にありがとうございました。
その他にも

使えない上司との接し方【ストレスを溜めないとっておきの方法5選】会社にいますよね?使えない上司って。そんな上司に腹を立てたりイライラしてしまうという人もいるかと思います。今回は、そんな人に向けて使えない上司との接し方をまとめました。是非、悩まれている方は見てみてください!...
上司にイラっと来た時の対処法〜誰も傷つけない方法をお伝えします〜仕事をしていると上司にイラっとくることってありますよね?今回は、上司にイラっと来た時の対処法〜誰も傷つけない方法をお伝えします〜と題してブログをまとめて居ます!嫌な上司が居て悩んでいる方に必見のブログになります!...
新人を育てる気がない上司に巡り合ってしまった時の対処法こんにちは!なおです! このブログは『医療現場で得た後悔しない為の生き方』『作業療法学生と若手に作業療法の考え方』『生活と暮らし』を柱...
職場で嫌われる人の特徴5選|仕事をやりにくくしない為の方法こんにちは!なおです! このブログでは『心を軽くする方法』『医療』『作業療法』の3つを柱に情報発信を行っています。 ブログを通し...
飲みニケーションは時代遅れ。必ず断るべき!【大切な時間を守ろう】飲みニケーションの必要性に関して悩んだりしますよね。今回は、飲みニケーションは時代遅れで不必要である理由をお伝えしてあります。是非、悩んでいる方は目を通してみてください!...

などの記事を書いています。ご興味のある記事は是非、覗いてみてください!

少しでもあなたの未来が良い方向に向かうことを祈っています。
『悩み事』『もっと聞いてみたい事がある』と言う方はTwitterのDMやブログのお問い合わせから連絡下さい。1人で悩まず一緒に歩んでいきましょう!

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。