医療コラム

コロナにより自宅療養をしている人へのお見舞い|する事リスト

こんにちは!なおです!
このブログは『医療現場で得た後悔しない為の生き方』『作業療法学生と若手に作業療法の考え方』『生活と暮らし』を柱に人生頑張っている方に向けて情報発信をしていくブログです!
ブログ×ツイッターを通し様々な方と楽しみながらコミュニケーションを取れればなと思っています!

コロナに感染してしまった人のお見舞いをしようと思う。けれどもどんな事をすれば良いのか分からない。何をすれば一番喜んで貰えるだろう?

コロナに感染してしまった方のお見舞いって何をすれば良いのか正直分からないですよね。

なお
なお
お見舞いして自分が感染してしまう訳にも行かないですしね!

でも、家族だったり友人だったり自分にとって大切な人には、何かしてあげたいと思う事は普通の感情だと思います。

そこで今回、医療従事者の立場からコロナに感染してしまい自宅療養をしている方に出来るベストなお見舞いを提案していきたいと思います。

是非、このブログを参考にして頂きながら自分の身も守りつつお見舞いして頂ければと思います。

きっとお見舞いするば相手も喜んでくれるはずですよ!

コロナにより自宅療養をしている人へのお見舞い

では早速、コロナにより自宅療養をしている人へのお見舞いについて『どんな事をすれば喜んで貰えるか』『どんなことに気をつけながら行えば良いのか』をお伝えしていきます!

・メールやLINE、電話で連絡を定期的に取る

・食べ物、飲み物、消毒品、日用品を揃えて玄関の前に届ける

・支払い系があれば代わりに振り込みに行ってあげる

・楽しめるグッズやリラクゼーショングッズを届ける

・千羽鶴や寄せ書きなどを届ける

です!
上記のことをしてあげられると非常に喜んでくれるかと思います!

具体的にどういうことかを詳しくお伝えしていきます!

メールやLINE、電話で連絡を定期的に取る

コロナにより自宅療養をしている人へのお見舞いには、メールやLINE、電話で連絡を定期的に取ることが良いです。

なお
なお
会いにいくことが出来なくても連絡を取るだけでも十分お見舞いになります。

コロナに感染してしまった人って少なからず罪悪感や不安を持っていたりします。
誰にも相談出来なかったり、1人で抱え込んでいたりすることもあります。

そこで、あなたが1人で溜め込まないように話を聞いてあげたり相談に乗ってあげるだけでもコロナで自宅療養している身としては救われるかと思います。

会いにいくだけがお見舞いではありません!会いに行かなくてもお見舞いになります!
どんどん話を聞いてあげて不安や心配事を解消してあげて下さい!

なお
なお
励ますの言葉を伝えてあげるのも良いと思います!『絶対治るから大丈夫』『元気になったら遊びに行こう』などなんでも良いと思います!

そして定期的に連絡をとることで生存確認も出来るかと思います。
ぜひ、自宅療養している人に連絡をとってあげてください!そして励まして下さい!

食べ物、飲み物、消毒品、日用品を揃えて玄関の前に届ける

コロナにより自宅療養をしている人へのお見舞いには、食べ物、飲み物、消毒品や日用品を揃えて玄関の前に届けてあげるのが良いです!

なお
なお
事前に欲しいものを聞けると更に良いですね!

自宅療養をしていると外に出たくても出れない状況になります。
結果、買い出しに行けなくなり生活に必要なものがどんどん無くなってしまう状況になります。

なので、お見舞いと題して様々なものを購入し持っててあげることは非常に喜ばれることになるかと思います!

オススメ購入品は

・OS-1

・栄養ドリンク

・ゼリー系

・野菜や肉(本人の希望に合わせて)

・ティッシュ

・トイレットペーパー

・ゴミ袋

・洗剤

・女性なら生理用品

・石鹸

・アルコール消毒液

・不織布マスク

・次亜塩素酸

・消毒に使用するガーゼや布

などです。その他にも本人が欲しいというもは、可能な範囲で買い揃えて届けてあげられると良いかと思います!

そして、お見舞いする人自身も感染しないように対面は避けて購入品は玄関前に置くという対応をとった方が良いです!

数分・数秒でも玄関のドアを開けて接するのはやめといた方が良いです。
対面して会うのは元気になってからにしましょう!

それがお互いにとっても最適なことになります!

支払い系があれば代わりに振り込みに行ってあげる

コロナにより自宅療養をしている人へのお見舞いには、支払い系があれば代わりに振り込みに行ってあげるのも良いかと思います!

なお
なお
支払い用紙などは対面を避けて渡してもらうようにしましょう!玄関のドアノブに引っ掛けておいてもらうやポストに入れておいてもらうなどが良いかと思います!

これもお見舞いなの?と感じる方もいるかもしれませんが『相手のために何かをしてあげる』というのは立派なお見舞いになるかと思います!

コロナに感染してしまうと外出したくても出来なくなってしまいます。
結果、支払い系が滞ってしまう可能性があります。

お見舞いと題して『支払い用紙とお金を預かり』代わりに支払いをしてあげるというのも良いことかと思います。

自宅療養していて手持ちにお金がないということなら、相手を信じて代わりに払ってあげても良いと思います(もちろんコロナが治ったら返してもらって下さい!)。

コロナに感染してしまい出来なくなってしまった事をしてあげるのは、非常に喜んでもらえますよ!



楽しめるグッズやリラクゼーショングッズを届ける

コロナにより自宅療養をしている人へのお見舞いには、楽しめるグッズやリラクゼーショングッズを届けてあげるのが良いです。

なお
なお
コロナに感染してしまうと発熱や呼吸器症状の峠を越えても保健所の許可がなければ、しばらくは自宅療養をしていなければなりません。

ある程度コロナの症状が落ち着くとやる事がなくなります。
かと言って外に出れる訳でもありません。

そこで家でも楽しめる暇つぶしグッズを届けてあげると喜んでもらえるかと思います。
例えば

・漫画

・DVD

・ゲーム

・マッサージグッズ

・ストレッチグッズ

などが良いかと思います。
相手の為を思って何かをしようと行動されることは素晴らしいことだと思います!

積極的にお見舞いしてあげましょう!

千羽鶴や寄せ書きなどを届ける

コロナにより自宅療養をしている人へのお見舞いには千羽鶴や寄せ書きなどを届けるのも良いかと思います。

なお
なお
上記にも少し述べましたがコロナに感染してしまった人は少なからず罪悪感を感じてしまってたりします。

なので

・コロナに感染してしまった事は悪いことではないと伝える

・早く治して元気になってねと伝える

・みんな待っているからねと伝える

などの言葉掛けはコロナに感染してしまった人にとっては非常に救いになる言葉だと思います!

1人だけが声かけするのも良いかと思いますが大勢で思いを伝えた方がより安心するかと思いますし自宅療養している方にも強く思いが届くかと思います。

その為にベタかもしれませんが千羽鶴や寄せ書きを集めて渡してあげるのが良いかと思います。『みんなで』というのが伝われば安心して療養できるようになるかと思います。

自宅療養者を励ますには時間と労力は掛ける価値はあるかと思います!
是非、検討してみて下さい!

自宅療養者は孤独と罪悪感を感じやすい

コロナに感染してしまい自宅療養している方は、孤独と罪悪感を感じやすい状態におかれます。

・コロナに感染してしまい周りに迷惑を掛けてしまっている

・誰かに移してしまっているかもしれない

・居酒屋や遊びに行ったから感染したんだと思われているんだろうな

・ずっと一人ぼっちで寂しい

・頼れる人がいなくて悲しい

・こんなに熱があって苦しいのに自宅療養していないといけなくて怖い

など、本当に様々なことを思っているかと思います。
ネガティブにもなりやすいですし自暴自棄にもなりやすいかと思います。

なお
なお
身体の症状だけではなく心の症状も発症させてしまうのがコロナ感染症になります!

そこで『コロナに感染してしまったことは悪いことではなく、しょうがないことなんだよ』と声を掛けてあげたり、本人の望むことをしてあげたり、お見舞いをしてあげたりすることは、罪悪感や孤独の解消に繋げる事が出来る行為かと思います!

ぜひ、このブログを見てくれている方で周りにコロナに感染してしまった方がいれば積極的に関わることをしてみてあげて下さい(対面は避けて)。

適切な感染対策さえ取っていれば感染しない病気です。
そこまで過剰に怖がる必要もありません。

家族や友人・同僚の為だと思い行動してみて下さい!
それが自宅療養者の心を救う行為になったり信頼関係をより強くするものになりますよ!!!

お見舞いの形は様々です!

いかがだったでしょうか!?
コロナにより自宅療養をしている人へのお見舞い|する事リストと題してブログをまとめました!

なお
なお
お見舞いの形は様々です!形式にとらわれず行動する事が大切です!

相手の為を思って行動することは全てお見舞いになるかと思います。

上記に述べたように連絡と取るだけでもお見舞いですし、食料品・日用品を買い揃えてあげるのもお見舞いですし、代わりに何かをしてあげるのもお見舞いですし、みんなで何かをするのもお見舞いですし、喜ぶものをあげるのも全てお見舞いになります!

ただ会うだけがお見舞いではありません!

自分に何か出来ることはないか、何かしてほしいことはないか、何か望んでいることはないかと思いながら行動していく事が大切です。

自宅療養している人も誰かから支援をしてもらえる経験を通し、より一層療養に励んだり、人の温もりに触れる事が出来たり、感染してしまっても前向きに行動していこうと思えるようになるかと思います。

是非、このブログを参考に様々な行動をしてみて下さい!
きっと、あなたの行動で自宅療養している人は心も身体も救われるはずですよ!

以上、本日のブログでした。
本日も観てくださっている方、本当にありがとうございました。また、時間がある時に気軽に観にきてくださいね!
そして、何かあればTwitter、お問い合わせから連絡下さいね!!!
1人で悩まず一緒に歩んでいきましょう!

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です