リハビリグッズ

作業療法士が読んでいるおすすめ医学書【一般の方でも分かりやすい本】

こんにちは!なおです!
このブログは『医療のこと』『生きための知恵』を柱に人生頑張っている方に向けて情報発信をしていくブログです!
ブログ×ツイッターを通し様々な方と楽しみながらコミュニケーションを取れればなと思っています!

なお
なお
当然ですが、みなさん、本は好きですか!?よく読みますか?

自分は、よくスタバカフェに行き立ち読みやゆっくりとコーヒーを飲みながら様々な本を読んでいる事が多いです。笑

読む本のジャンルとしては、医学書や自己啓発本、雑誌が多いです。

なお
なお
たまーに小説w

本にはインターネットに載っていない事や『ここが知りたかったんだよ!』っていう情報が結構載ってたりします。
また、著者の経験談やアドバイスに関しても詳細に載っていたりするので、すぐに自分へ活かせたりもします!

そこで本日は、自分が読んでいる本を少しみなさまに紹介できればなと思います!!
普段読んでいる自己啓発本も載せても良いかなと思ったんですが、今回は『作業療法士が読んでおすすめする医学書ー一般の方でも分かりやすい本ー』と題して解説をつけながら紹介できればと思います。

今回のブログはかなりオススメブログになると思います!!!
少しでも参考にして頂ければと思います!!!

病気全般のことを知る本

まず、最初にオススメする一冊はこの本です!

いきなり国家試験対策の本かよっと思われる方もいらっしゃるかと思いますが、この本は本当におすすめです。
医学の勉強をしてない方でも様々な疾患のことについて概要を知ることが出来ます!
また、毎年発行されているので常に情報が最新版となっていきます!

中身は解剖学、生理学、運動学、内科学、整形外科学、精神科領域、心理学、リハビリテーション概論などなどイラスト付きで分かりやすく載ってます。
国家資格を取った今でも時折見直すぐらい、デスクのすぐ側に置いてあります。
どなたにもオススメの一冊になってます。

少し専門的に踏み込んで知りたい方には

こちらの『専門分野』もオススメです。
理学療法の専門分野より作業療法の専門分野の教科書の方がより皆様の生活に直結するものばかり載っているのでオススメです。

次にオススメする本はこちらです


↑Amazonリンクしかありませんでした。すみません。

脳卒中急性期における看護ケアとリハビリテーションという本です!
これは少し医学的に踏み込んだ本になりますが脳梗塞、脳出血系になられてしまった方の理解、または病気になってしまった方が病気の理解を正しく行なっていく為には非常にわかりやすい本です。

リスク管理の方法、MRIの画像、図を用いて解剖学的に説明してありますが、一般の方でも少し読めば分かる内容になっています。

本当に、どの教科書よりわかりやすいです。

これを読んだのは数年前になるのですが、あまりにも分かりやすく載っていたので『衝撃』を受けたのを覚えています!笑

なお
なお
この値段で、このクオリティーの本を出してしまって良いのかと思ったぐらいです。

看護師になりたての方や理学療法士、作業療法士、言語聴覚士などコメディカル系の方にも非常におすすめできる一冊となっています。

ちなみに研修医の方、医者にも読んで欲しい本の一冊です!!!

最後の1冊はこの本です

3冊目はこの本です!
まだまだ、オススメした本は沢山ありますがとりあえず3冊に絞ってお伝えしていきたいと思います。

この本はリスク管理の本です。この本も非常に分かりやすくまとまっています。

内容は急変時の対応の仕方、リハビリの中止基準、脳梗塞・脳出血、骨折・外傷、心臓系、呼吸系、ガン系、糖尿病など様々な疾患に対して図や文献を用いながら説明してくれています。

その為、根拠を理解しつつ病気の大枠を捉えるにはとてもよい本だと思います!

また、インシデント・アクシデントに関しても事例を用いて解説してある為、どんな事例が実際訴えられているのかも知る事ができます!

また、読み込む事で身近な人が苦しんでいる時にも適切に対処出来るようになるかもしれません。

一般の方でも分かりやすくまとまっているので是非、オススメしたい本です

おまけに

お時間がある時に是非読んで欲しい本がもう1冊があります。
そうです!作業療法のことを知ってもらう為の本です。笑
少しだけ宣伝させて下さい。そしてこの機会に作業療法を知ってもらえると嬉しいです。

自分自身でも作業療法とは?というのを以前ブログに書かせて頂いています。

作業療法って何をするの?【現役作業療法士が解説します】こんにちは!なおです! このブログは『医療のこと』『生きための知恵』を柱に人生頑張っている方に向けて情報発信をしていくブログです! ...
作業療法を行うにあたり大切なこと【現役作業療法が伝えます】こんにちは!なおです! このブログは『医療のこと』『生きための知恵』を柱に人生頑張っている方に向けて情報発信をしていくブログです! ...
↑読んでいない方がいらっしゃれば是非、読んでみて下さいね!

この本は作業療法士になって5年程経過したときに、読んだ本です。
もう、何回も何回も繰り返すように読んでます。そして、今でも時折開いたりしています。

自分の行なっている作業療法支援の方法論は大方間違っていなかったんだ!
作業療法士として、もっと様々なことが出来るのではないかと思わせてくれた大切な本です!

読んだ時、『これぞ作業療法!!!』と思いました。

それが、この本になります!!!!

本当にこの本に出会えてよかったなと思います。
現在、リハビリテーションと呼ばれる職種は理学療法士、作業療法士、言語聴覚士があります。
それぞれ、役割を持ちながら目の前にいる方を支援しています。
この本は、

・作業療法士が行なって行かなければならない事

・何を行うべきか

・先人の方々が作業療法というものをどのように実践してきたか

が載ってます。

一般の方々には理学療法と作業療法の違いはなに?を知ってもらう為に読んで欲しいです。
新人の作業療法士、作業療法学生、これから作業療法士を目指す人にも「作業療法の理解」という点で進んで読んで欲しい本になります!

おわりに

書いてて徐々に熱量が入り、自分でもブログを書いてて楽しくなってました。笑
まだまだ、紹介したい本は山程ありますが、今回は厳選して載せてみました!!!
今回載せた本たちは、医学のことをほとんど分からない方が読んでも理解できる本ばかりになっています。

・病気の理解をしたいけど、どの本を選んで読めば良いか分からない
・医学的用語が多すぎて、今まで読んできた本じゃ理解できなかった
・とりあえずの取っ掛かりで読んでみよう

と思われている方にはぜひオススメとなっています。是非ぜひお手にとって読んでみて下さいね!!

以上、本日のブログでした。
本日も観てくださっている方、本当にありがとうございました。また、時間がある時に気軽に観にきてくださいね!
そして、何かあればTwitter、お問い合わせから連絡下さいね!!!
1人で悩まず一緒に歩んでいきましょう!

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です