オススメグッズ

オススメの福祉用具ー作業療法士が選ぶ福祉用具ー

こんにちは!なおです!
このブログは『医療のこと』『生きための知恵』を柱に人生頑張っている方に向けて情報発信をしていくブログです!
ブログ×ツイッターを通し様々な方と楽しみながらコミュニケーションを取れればなと思っています!

本日もブログを積み重ねていこうと思います!
そろそろ、ワードプレスを立ち上げ、ブログを書き始めて1ヶ月ぐらい経とうしてます。

あっという間ですね。
そもそもブログの始まりは「はてなブログ」からでした!
はてなブログをやりつつ「もっと自由に発信したい」と思いワードプレスに移行しました。

ワードプレスは最初、操作するのが大変でしたが、何度もいじるうちに少しづつ慣れていきます。
自分も現在、完璧ではないと思いますが、少しずつ工夫できるようにはなって来ているのではないのかなーっと思っています。

ですが、まだまだ、改善するところは沢山あると思うので、少しずつ改善しながら前に進んでいこうと思います!

はい!!!本題に移って行きたいと思います。
本日は『作業療法士が選ぶオススメの福祉用具』に関して書いていきたいと思います。

福祉用具と言っても種類から品物まで様々な物があるかと思います。
今までの作業療法士経験から「これいいな!」っていうものを挙げていこうと思います。
また、ただ挙げるだけではなく、分析しつつ紹介していきたいと思います!

きっと有益な情報になる事、間違いなしですよ!!
ぜひ、最後までお付き合い頂ければ幸いです。


 

福祉用具ってなに

オススメの福祉用具をお伝えしていく前に、まずは、そもそも福祉用具ってなにって所からお伝え出来ればと思います。

最初にお伝えしておくべき事は、介護保険下での福祉用具貸し出しに関してかなと思います。

介護保険下での福祉用具貸し出しとは

利用者(要介護者、要支援者)ができる限り在宅で自立した生活が送れるよう、福祉用具の利用を介護保険で支援するサービスです。

指定を受けた事業者から、利用者の心身の状況、生活環境、利用者の要望などをふまえ、適切な福祉用具をレンタルすることができます。
この事により、利用者の日常生活上の便宜を図っていくことや家族の介護負担の軽減を図っていく事が目的とされています。

貸し出してもらえる福祉用具とは

・ 車いす(付属品含む)

・ 床ずれ防止用具 ・ 体位変換器

・ 歩行器 ・ 歩行補助つえ

・ 特殊寝台(付属品含む)

・ 手すり ・ スロープ

・ 移動用リフト(つり具の部分を除く)

・ 認知症老人徘徊感知機器

・ 自動排泄処理装置

があります。

レンタル料金は原則として月額設定となっていることが多いかと思います。
料金は介護保険が適応され、利用者は1〜3割の自己負担で用具を借りる事ができます。

レンタルするまでの流れ

・ケアマネージャーや地域包括支援センターへまずは相談していきます。

・ケアプランを作成(この時にリハが評価に入ることもあります)し福祉用具貸与事業者を選定する

・福祉用具専門相談員が利用者の所に行き、用具の選定や提案をする

・事業者が用具を納品し、利用者の適合状況を確認していく

・使用していく用具を決定し利用者と福祉用具貸与事業者が契約をしていく

・利用開始となる

・定期的に福祉用具専門相談員がメンテナースや再選定を行ってくれる

これが、貸し出しまでの一連の流れになっています。

はい!!!ここまでは、一般的な事になっています。
このことは他のサイトにもたくさん書いてあることですね。

では、ここからはレンタル出来な物を紹介していきたいと思います。
どんな物が良いのかを実際の商品を並べて紹介していきたいと思います。

ここからは、本当にオススメするものだけしか載せません!
かなり、有益なのではないかなと、自分は思ってます。笑

載せたものを参考にケアマネージャーさんや福祉用具相談員と相談するのも「あり」かなと思います。
是非、参考にしていただければと思います。

オススメの福祉用具

【ソックスエイド】

OTクローバー
OTクローバー
まずは、ソックスエイドですね。

使用用途:靴下を履く道具です。

使用方法:この道具を丸めて、靴下に通し、少し丸めた道具を広げて、足を通します。すると簡単に靴下が履けるという品物です。

適応:これは首・腰が悪い方や首・腰の手術をされた方、股関節が悪い方や人工骨頭置換術の手術を受けられた方に是非、オススメする商品です。

その他:無理な姿勢を取ることなく、痛みを誘発させることなく動作が行えます。1度使ってみると、その楽さが分かるはずです。是非、使用してみて下さい。
【リーチャー】

OTクローバー
OTクローバー
次はリーチャーです。

使用用途:物を取る道具

使用方法:しゃがむことなく、床面の物が取れたり、高い所にある物が楽に取れたりします。

適応:この道具も、首・腰が悪い方や首・腰の手術をされた方、股関節が悪い方や人工骨頭置換術の手術を受けられた方、五十肩や肩関節拘縮の方、肩関節に可動域制限のある方にオススメです。

その他:ただ、この道具の注意点は重すぎるものは取れません(大体3〜5kg以上はきついと思います)。また、関節リウマチの方は変形を助長してしまうので使用はしないで下さいね。
【シャワーチェアー】

OTクローバー
OTクローバー
次はシャワーチェアーです。2つ商品をのせておきます。

使用用途:入浴時に使用するものです。腰掛けて身体や頭を洗います。

使用方法:浴室に置き腰掛けます

適応:高齢の方や腰や首、股関節、大腿骨などの手術を受けられた方にオススメです。

その他:シャワーチェアーを選定する際は基本的に背もたれ+肘置きがある物がいいです。浴室という環境は、かなり滑りやすいです。それは座っていても同様の事が言えます。
その為、背もたれや肘置きがないと、後ろにひっくり返ってしまったり、横に傾くように倒れてしまうリスクがかなり高くなってしまいます。

上記の商品の違いは島製作所の方が折りたたみ可能で軽く持ち運びに便利です。
少し膨よかな方でも使用できるのでオススメです。

山善の方も軽くて持ち運び便利です。
やや膨よかな方には狭いかもしれません。
【浴槽台】

OTクローバー
OTクローバー
シャワーチェアーと合わせて紹介しておきたいのは浴槽台です。

使用用途:浴槽内に入れ立ち上がりを楽に行えるようにする。

使用方法:浴槽内に入れて吸盤で固定して使用します。お湯を入れても滑る心配はありません。浴槽に入り、そこから立ち上がる動作は実は、筋力や関節可動域を大きく要する動きなのです。その動作を楽にする為に使用します。

適応:股関節、膝関節、脚関節が悪い方・手術後の方、脳梗塞や片麻痺がある方にオススメです。
その他:浴槽内からの出入りが劇的に変わると思うのでオススメです。
【ロホクッション】

OTクローバー
OTクローバー
最後にロホクッションです。サイズ別に並べて置きました。

(大体使用しているのは7.5cmか5cmの物が多いかと思います)

使用用途:クッションです。長時間座位に伴うお尻の痛みの軽減や床ずれ予防に使用。

使用方法:お尻の下に引いて使用します

適応:長時間車椅子や椅子に座られる方(健常の方でも使用可能です)、痩せ型の方、高齢の方、脊髄損傷や脳梗塞の方にオススメです。金銭的に余裕のある方には、どんどんオススメしています。

その他:長時間座っているとお尻って痛くなって来ますよね。また、床ずれ(褥瘡)のある方は、ずっと座り続けていると床ずれが悪化したりします。そんな方々の強い味方です。空気圧を利用してお尻にかかる圧を分散し除圧してくれます。

おわりに

いくつか商品を紹介させて頂きました。
病院勤務をしていると福祉用具に関してご本人様や家族、MSWやケアマネージャーなどから様々な相談を受けることがあります。

上記の商品たちは現場でもよく提示・紹介させてもらっている物ばかりを選んで見ました。

病院内で相談されることが多いと言うことは、自分と関わっていない人たちも知りたい情報なのではないか?需要があるのではないか?という思いで、この企画をやってみました!

福祉用具を導入するだけで、生活の幅が広がったり、日常生活が過ごしやすくなったりします。
少し値段が張るものが多いかもしれませんが、その分、劇的に生活が変わって行くと思います。

もっと詳しく知りたいや、他にもどんな物があるかを知りたい方は遠慮せず、自分に連絡くださいね!
以上、本日のブログでした。

このブログでは、リハビリ、介護、健康に関して困っている、悩んでいる方が気軽に相談できる場、情報を得られる場を目指しブログを行っていきたいとおもっています。
何かに悩まれている方がいらっしゃれば、どんなん小さな事でも構わないので1人で悩まずコメントでもなんでも良いので連絡くださいね。なにかしらの力添えはできるかと思いますので。

本日も観てくださっている方、本当にありがとうございました。また、時間がある時に気軽に観にきてくださいね!



COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です