作業療法

作業療法を行うにあたり大切なこと【現役作業療法が伝えます】

こんにちは!なおです!
このブログは『医療のこと』『生きための知恵』を柱に人生頑張っている方に向けて情報発信をしていくブログです!
ブログ×ツイッターを通し様々な方と楽しみながらコミュニケーションを取れればなと思っています!

本日のテーマは『作業療法を行うにあたり大切なこと』です。

作業療法を行うにあたり、大切にしている視点をお話していければと思います。
学生さんや新入職の方にオススメのブログになるかと思います。

ぜひ最後まで目を通して頂き、これからの臨床現場で役立てて頂ければと思います!


作業療法で大切にしていること

作業療法を目の前の担当の方に展開していく際に大切にしていることは
『会話をする』というとです!

ここで少し
自己紹介も兼ねさせて下さい。
自分は急性期総合病院に勤務する7年目の作業療法士です。職場は変えることなく新入職のときから1つの病院で勤続しております。

自分が担当することの多い疾患は脳血管疾患全般心不全心筋梗塞呼吸器系疾患(間質性肺炎や慢性閉塞性肺疾患)、神経難病(筋萎縮性側索硬化症、脊髄小脳変性症、パーキンソン病、進行性核上性麻痺、封入体筋炎など)、整形外科全般(脊髄、外傷)です。

上記の方々に対してセラピストとして治療結果を出していくのは、当たり前ですが
その他に大切にして行かなければならないのが『会話をする』ということです。

自分は、『会話をする』という作業は治療を行なっていくのと同等、もしくはそれ以上に大切にしています。

特に大切にしているのは、かしこまった面接のような会話ではなく
フリートーキングの中で聞かれることをさします。

なお
なお
仕事中にフリートーキング?治療中にそんな事してていいの?と思われる方もいらっしゃるかと思います。

いいんです!それも立派な作業療法の一貫です。
ただ一貫なのですが無目的に雑談で終わるのは良くなと思います。

雑談の中から信頼関係を構築していくことが本質にあります。
例えば

・初めてのリハビリで緊張している方の緊張を解くような会話

・患者さんの今までの人生に関して聴取し、大切にされていたこと、価値観を聴取するような関わり方をする

・会話をする中で、その人の性格を評価し、本音で思っていることを代弁するような関わりをし、なるべく思ってることを素直に表出できるような会話

ができるように心掛け接していく必要性があります。

会話を行えないと

逆に会話の無い介入を行うセラピストがいたとするならば
きついことを言いますが、あまりよい介入とは言えないでしょう!

それはなぜかというと
リハビリがセラピストのエゴになってしまう可能性が高いからです。

なお
なお
ん?ちょっとまって?話し合いをしないでリハビリを行うセラピストなんているの?と思われる方もいるかと思います。

自分が病院に勤務していて感じること
外部の作業療法士・理学療法士を見ていると

残念ながらセラピストの中には、話し合いをせず、型にはめて治療を展開していく方々がいらっしゃいます。

正直、そんな方々を目にするとがっかりしてしまうのが本音です。

初めてお会いした時にはもちろん、どんなセラピストでも話し合いや会話はするかと思いますが途中から徐々に会話が少なくなりセラピストが引いたレールにのせたがるセラピストは、残念ながらいます。最悪な場合、そもそも話し合いや会話を行わないセラピストも中にはいます。

特に新人から数年経過されたセラピストに多い傾向かと思います。
(中には経験年数20年を越えをされているのにも関わらず上から目線となってしまい、話し合いがでいない方もいらっしゃいました。)

支援・治療を受ける側も怪我や病気をして混乱していることが多いので「言われるがまま」となってしまう方もいるというのも事実です。

作業療法はあくまでも主体は患者さん(作業療法士の世界ではクライエントという言い方を最近ではします)です。

治療をおこなっていく中で主体をセラピストからクライエントに徐々にうつしていくのが真のセラピストの役割かと思います。

主体をクライエントにうつしていく中で大切となるのが
常に話し合う・毎日の状態変化を敏感に捉える・相手がどんな人かを探るということかと思います。

常に話し合いをおこない

・現状の身体の状態、精神面を聴取・把握する

・日常生活上でどんな事に困難感を生じているのかを聴取する

・リハビリの目標を一緒に定めていく

これがベースとして聴取した上での治療展開かと思っています。
常に今やっていることがセラピストのエゴになってないかを自問自答して
クライエント自身に投げかけ、意見をもらうということは非常に重要なことですよ。

絶対に自分のやってることに『おごり』を持ってはいけません!!!

というところで本日のテーマ「作業療法を行うにあたり大切なこと」を終わりにしたいと思います。



以上、本日のブログでした。
本日も観てくださっている方、本当にありがとうございました。また、時間がある時に気軽に観にきてくださいね!
そして、何かあればTwitter、お問い合わせから連絡下さいね!!!
1人で悩まず一緒に歩んでいきましょう!

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です