リハビリコラム

回復期リハビリテーション病院の選び方〜後悔しない為に〜

こんにちは!なおです!
このブログは『医療のこと』『生きための知恵』を柱に人生頑張っている方に向けて情報発信をしていくブログです!
ブログ×ツイッターを通し様々な方と楽しみながらコミュニケーションを取れればなと思っています!

なお
なお
世の中には様々な回復期リハビリテーション病院が存在します。その実態は、正直な所、良い病院からイマイチの病院まで様々です。急性リハビリテーションを終えいざ回復期リハビリテーション病院に行こうとした際、どこの病院を選んで良いものか悩むものです。みなさん『なるべくならしっかりとリハビリをしてくれる病院に行きたい』と思うのが普通だと思います。日常生活への復帰に向けて重点的にリハビリテーションを行なってくれる病院を適切に選んでいく必要があると思います!もちろん急性期病院の『退院支援看護師さん』や『ソーシャルワーカーさん』の言われるがままに病院選択をしてもらっても良いと思いますが、より受けたいリハビリを受けれた方が良いと思います。今回は、回復期リハビリテーション病院の選び方に関してお伝えしていこうと思います!

病気や怪我をおい治療を受けてリハビリを実施。
ある程度、病状・怪我が落ち着いたのでリハビリ病院へ転院しましょう!

リハビリを重点的に受けている方が必ず言われることです。
この際に、どのリハビリ病院に行けば良いか迷うものです。

上記にも記載しましたが
急性期病院の退院支援看護師さん、ソーシャルワーカーさんに言われるがまま動いても良いとは思いますが、より『受けたいリハビリ』を受けれるように自分で調べることや家族が率先して動いてあげるのも良い手だと思います!(もちろん動く際は、病院のスタッフと相談しながらですが)

今回は、そんな時に役立てられるように
良い回復期リハビリテーション病院の見つけ方をお伝えしていきたいと思います!

ぜひ、目を通してみて下さい!

回復期リハビリテーション病院の選び方

しっかりと機能回復を図って行きたい!日常生活や仕事に早く復帰したいと思われる方は
急性期病院のスタッフに任せきりだと正直、心許ないです。

自分で行きたい病院に行く!が大正解です。

良い回復期リハビリテーション病院を選ぶ際のポイントを以下にまとめたいと思います!

・経験を積んだ人が多い病院

・外部活動をしている人がいる病院

・学会活動や論文を書いている人がいる病院

・後輩教育がしっかりとしている病院

・認定、専門セラピストがいる病院

上記にあげたものは必ず病院のホームページに載っています(リハビリに力を入れている病院であれば)!

必ずチェックしておいた方が良い点です!
出来るだけ、活発的なリハビリテーション病院を選んだ方が後悔せずに済みますよ!

では、1つずつ深くお伝えしていきます!

経験を積んだ人が多い病院

なお
なお
経験を積んだ人がどれだけいるかをチェックした方が良いです。1〜3年目の人で溢れている回復期リハビリテーション病院は正直あんまりオススメしないです。それは、知識がないセラピストが『揉んで』『動かして』『動いて』『終わり』にしてしまうからです。

回復期リハビリテーション病院を選ぶポイントとして
経験年数を積んだ人がたくさんいる病院を選んだ方が良いです!

・最低でも5年目以上の経験を有する人が多い

・平均年齢が28〜30歳以上だとなお良い

・在宅復帰率をみる

・離職率をみる(毎年、新人を大量に雇ってるところは要注意)

上記のポイントは、書いてあればしっかりと見ておくべきですし、見学などに行った際に聞くのもありだと思います!

『セラピストは何年目の人が多いんですか?』

『みなさんお幾つぐらいの人が働かれているんですか?』

など!
全然聞いて良い質問なので、どんどん聞きましょう!
むしろ聞かない方が勿体無いですよ!

外部活動をしている人がいる病院

なお
なお
良い回復期リハビリテーション病院の特徴は外部活動を行なっているセラピストがいます!そして外部活動に関しては、ホームページ上で積極的にアピールしています!ホームページ上やパンフレットに記載されているものに関しては信じても大丈夫です!極力、外部活動を行なっている人がいる回復期リハビリテーション病院を選びましょう!

外部活動にも様々なものがあります!

・大学の非常勤講師

・勉強会講師

・全国の協会活動
(日本理学療法士協会、日本作業療法士協会)

・都道府県の活動
(都道府県の理学療法士協会、作業療法士協会)

・院外病院へのセラピストを派遣している

など、様々ですが、外の活動をされているセラピストって
最新の情報や治療技術に関しては、非常に敏感な方が多いです!

最善の知識・技術で患者さんに還元していきたい。どうにかして良くしたい!
と熱い気持ちを持たれているセラピストが多いです。

そんな病院を選ばれることにより
後悔しないリハビリテーションを受けることが可能になると思います!

回復期リハビリテーション病院を選ぶ際に『外部活動』というものも見てみるのも良いですよ!

学会活動や論文を書いている人がいる病院

なお
なお
回復期リハビリテーション病院は、患者さんに対しての治療だけではなく、学会活動、論文を書き成果を出していくというのも非常に重要な役割を担っているところだと思います。何も学会活動や論文を書いていないリハビリテーション病院は、オススメしません。

学会活動というものは、自分たちが行なっているものに対して『答え合わせ』をする場でもあります(学会は、様々な病院から様々なセラピストが集まり意見交換や質疑応答に対して自分の考え自院の考えを全国の人に伝える場面であるため)。

その為、学会活動を行なってない病院は『答え合わせ』をせずに治療・支援を行なっている病院と捉えても過言ではないと思われます。

なので学会活動を行なっているか、行なっていないかはしっかりと見ておいた方が良いポイントです!

論文に関しては、技術の向上に対して熱を持って行なっているセラピストがいるか、いないかの判断を行うことが出来ます!

論文を書き、それが機関紙に乗った!という肩書きがあるセラピストがいる病院は非常に信頼度が高い病院になります(良い支援を行なってくれる病院)。

なかなか忙しい臨床の現場で論文を書くということは、容易いことではありません。それなのに論文を書き機関紙に載ったなんてセラピストから見ても素晴らしいことなんです!

学会活動を積極的に行なっていたり、論文などを書き成果を出している病院は良い病院であることが多いので回復期リハビリテーション病院を選ぶポイントだと感じます!

後輩教育がしっかりとしている病院

なお
なお
自分が行こうとしている回復期リハビリテーション病院が1〜3年目のセラピストが多くても後輩指導をしっかりと行なっている病院であれば良い病院です!どのように後輩指導を行なっているかは、ホームページに載っていることがほとんどです!ぜひ、見てみて下さい!

回復期リハビリテーション病院においては
ホームページというものは評価する上では、非常に重要な判断材料になります!

・新人募集が多いのに、新人教育方法を書いてない病院はNGです!

・臨床実習指導をしていない病院もNGです!

・院内勉強会を開いてない病院もNGです!

転院する回復期リハビリテーション病院は、やはり院内活動・院外活動共に活発的な場所に行かれた方が絶対に良いです!

何もアピールされていない病院(ホームページ上やパンフレット上で)にいくのは、もう一度考え直した方が良いかと思います!

結局1〜3年目のセラピストに対して熱心に指導を行なっている病院は
上が(経験年数を積んだ人が)しっかりしていることが多く、若いセラピストが相談しやすい環境が整っていることが殆どです!

1〜3年目のセラピストは、やはり観る視点がややズレていたり気づけていない視点が多かったりします(もちろん、しっかりと気づけているセラピストもいます)。

そこに対して的確にアドバイスが仰げたり、相談できるということは
全て患者さんに対して還元されていくことになります。

1〜3年目のセラピストが担当であっても5年、10年、15年、20年目のセラピストが一緒に見てくれているのと同じことになります!

なので、後輩教育がどのようになっているのかをしっかりと見るのみ重要なポイントとなります!

認定、専門セラピストがいる病院

なお
なお
理学療法士、作業療法士には自己研鑽を積んだ人だけに与えられる認定理学療法士・認定作業療法士、専門理学療法士・専門作業療法士というものがあります!これを取っているセラピストのいる回復期リハビリテーション病院は非常により病院だと言えます!

全国で認定や専門の称号をもつセラピストは、まだまだ少ないのが現状です。
例えるなら大学院卒の称号である修士・博士と同じぐらいの価値があるものになります!

これを持っているセラピストが1人でもいる病院は非常に優秀な病院であることが言えます。認定や専門セラピストを取るには非常に自己研鑽を積んで行かなければ取れない称号になります。

それこそ、論文を書く、学会発表をする、外部での活動をする、勉強会に参加する、症例報告をするなど、全てを行う必要があります!

もちろん大学院卒の称号である修士・博士を持った方がいる病院も非常に優れている病院であることは言えます(研究や論文を書く為、意識の高いセラピストがいる証明になります)!

ぜひ、回復期リハビリテーション病院を選ぶポイントとしては
認定セラピスト、専門セラピスト、修士卒セラピスト、博士卒セラピストがいる病院を選ぶのも良い手です!

まとめ

今回のブログまとめです!

良い回復期リハビリテーション病院の選び方は

・経験豊富なセラピストがいる病院を選ぶ

・非常勤講師や勉強会講師、協会活動を行なっている人がいる病院を選ぶ

・学会活動が活発、論文を書いているなどの病院を選ぶ

・後輩教育をしっかりしている病院を選ぶ

・認定、専門、修士、博士の称号を持つセラピストがいる病院を選ぶ

いかがだったでしょうか!
回復期リハビリテーションの選び方に関して書いてきました!

最後のまとめに書いた内容に1つでも当てはまる病院であれば
転院しリハビリを受けていくにあたっては
後悔しないリハビリを受けることが可能になるかと思います!

医療に関して
今後はもっと主体的に動いて行かなければならない時代に突入していくと思います。

全て医療スタッフにお任せという時代から
自分で選択して行動していく時代が必ずやってきます!

自分の人生を医療スタッフに全て委ねるのではなく
少しでも自分の人生を輝けるものにしていけるようにする為にも
転院していく回復期リハビリテーション病院に関しても真剣に悩み選択していく必要があるかと思います。

また、家族の方に関しても
自分達の大切な人の行き先や人生に関しては真剣に考えてあげる必要があります。
大切な人のことをより良く知っているのは家族になります。
そんな大切な人をより回復が見込めるリハビリテーション病院に送ってあげることが大切な役割となります。

分からないから医療スタッフに全てお任せというスタイルから
少しでも自分達で調べて自分達の大切な人がより良い暮らしが行えるように
支援してあげるのも家族の役割です。

ぜひ、上記に書いてあることを参考に回復期リハビリテーション病院を探してみてください!

以上、本日のブログでした。
本日も観てくださっている方、本当にありがとうございました。また、時間がある時に気軽に観にきてくださいね!
そして、何かあればTwitter、お問い合わせから連絡下さいね!!!
1人で悩まず一緒に歩んでいきましょう!

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です