リハビリコラム

腰痛は正しく対処し早く治しましょうー腰痛撃退法ー

こんにちは!なおです!
このブログは『医療のこと』『生きための知恵』を柱に人生頑張っている方に向けて情報発信をしていくブログです!
ブログ×ツイッターを通し様々な方と楽しみながらコミュニケーションを取れればなと思っています!

ゴールデンウィークが終わったなと過ごしていたら、もう6月がすぐそばまで来てますね!!魔の祝日がない6月。笑

時間というのは、あっという間に過ぎていきますね。「時間は有限」という言葉が身にしみますね。ほんと、一瞬一瞬を大切にしていきたいなと思う今日この頃。少しおセンチになってます←笑

はい!本題にいきましょう!笑
本日のテーマは腰痛です。

みなさんも一度は腰痛に悩まされたことがあるのではないでしょうか?
あの、背筋を伸ばそうした時に、ピキッと電気が走るように痛いアレです。

そんな腰痛の改善方法、痛みの軽減法を作業療法士の観点から情報発信がしていければと思います。

治療法に関しては他のブログやサイトでも沢山紹介されていると思うので、このブログでは主に日常生活の場面でどのようなことに気をつけて生活していけば良いかを書いていけばと思います。

腰痛が生じる疾患

・腰椎捻挫←いわゆるギックリ腰

・腰椎椎間板ヘルニア

・脊柱管狭窄症

・圧迫骨折

・腰椎分離症、腰椎すべり症

・椎間関節症

・変形性脊椎症

あたりが考えられると思います。

OTクローバー
OTクローバー
こう、疾患名を並べると恐ろしい疾患ばかりだな・・・

全てを一気に説明してしまうとかなりブログが長文になってしまうので、いくつか疾患をピックUPして何日かかけて記事を書いていければなと思います。

では、本日は腰椎捻挫に絞ってお話していきたいと思います。
(ここからは、親しみがわくように腰椎捻挫=ギックリ腰に変えてお話していきます)

みなさんも1度は経験したことがあるのではないでしょうか?ギックリ腰。

自分も経験したことが何度もあります。

なんとも言えない痛みですよね〜。

立てないですよね〜。

動くのもおっくうになりますよね〜。

OTクローバー
OTクローバー
自分がギックリ腰になるとイモムシみたいになるので、客観的に想像した時にいつも笑いが込み上げて来ますw

そもそもギックリ腰とはなんぞや!?

ギックリ腰とは、極端に腰をひねってしまったり、前かがみのまま重たい物を持ち上げてしまったり、変な姿勢を長時間とってしまった時に起きる、あの強烈な痛みの事です。

要因は、加齢や不良姿勢、肥満、運動不足、腰へ持続する刺激等、様々なことが考えられています。

痛みが出てしまう部位としては、筋肉であったり、靭帯、筋膜、関節包と呼ばれるものが挙げられます。

痛みを落ち着かせる方法

第一に考えられるのはやはりまず『安静』が重要ということですね。

痛みが落ち着くまで、とりあえず横になり安静にしてましょう!笑

そして、腰を冷やすことが重要です(もちろん、冷やし過ぎも良くないです)。

痛みを取る方法はこれしかないの!?と思われる方もいらっしゃると思いますが医学的に考えるとギックリ腰をしてまず生じる身体の反応が炎症なのです。

炎症を強めてしまうと痛みの増強につながってしまいます。身体に生じた炎症を強めない事が何よりも重要となります。

炎症が強い時に控えること

温めること

2〜3日は温めない方がいいです。温めてしまうと炎症を強めてしまう要因となってしまいます。

日常生活上の例:

・風呂に浸かる(痛みが強い時はシャワーぐらいで済ます。5分以上浴槽に浸かるのは控えた方がいいと思います。)

・暖かい毛布にくるまる (結果、身体を温めてしまうことになるからです。タオルケットぐらいの方が良い気がします)

・飲酒(循環が良くなるから=身体を温める作用がある)

痛みを我慢して動くこと

痛みを我慢して無理矢理動いてしまうと、これも炎症を強めてしまう要因となります。

日常生活上の例:

・歩き回る

・重たいものを持つ

・長時間立ち続ける、座り続ける(痛みが少ないからといって長時間のデスクワークは腰にとっては良くないです。)

・立った姿勢、座った姿勢で前かがみになるor床のものを取る

痛み止めを飲みすぎること

時に痛みは身体を守るサインとなっています。それを薬で過剰に止めてしまうと、薬が切れた後に後遺症のごとく強い痛みが生じることがあります。

おわりに

ギックリ腰予防に運動や筋トレを行うのは、炎症が引いた後、低負荷な運動・筋トレから開始していきます。

運動はウォーキングぐらいからでいいと思います。筋トレも意識するべきはお腹の筋肉と背中の筋肉をつけることかと思います。

間違っても急激に動くことや高負荷な運動は避けてくださいね。

他にも運動方法に関しては、沢山やり方があるので、もし気になる方がいればどしどし連絡くださいね。個別に対応させて頂きます!

ということで以上、本日のブログでした。



このブログでは、リハビリ、介護、健康に関して困っている、悩んでいる方が気軽に相談できる場、情報を得られる場を目指しブログを行っていきたいとおもっています。

何かに悩まれている方がいらっしゃれば、どんなん小さな事でも構わないので1人で悩まずコメントでもなんでも良いので連絡くださいね。なにかしらの力添えはできるかと思いますので。

本日も観てくださっている方、本当にありがとうございました。また、時間がある時に気軽に観にきてくださいね!

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です