リハビリコラム

腰部脊柱管狭窄症を正しく理解しよう!ー腰部脊柱管狭窄症のコラムー

こんにちは!なおです!
このブログは『医療のこと』『生きための知恵』を柱に人生頑張っている方に向けて情報発信をしていくブログです!
ブログ×ツイッターを通し様々な方と楽しみながらコミュニケーションを取れればなと思っています!

本日もブログ更新の時間がやって参りました!!!
最近、ブログ更新するのが楽しいです。

毎日更新も行えそうですが、いきなり飛ばしすぎるのも良くないかなと思い今は2日に1回の更新にしています。(そのうち毎日更新になるかもしれませんが。笑)
無理なく嫌にならない頻度で記事を書いています。

OTクローバー
OTクローバー
無理は禁物ですね!!!

そして徐々にブログ記事が増えてきております。
1つ1つ心を込めて書かせてもらってます。
少しでも悩まれている方に届けばいいなという思いです。このブログを読まれた方が、過ごしやすい毎日になって欲しいなと。今はそんな想いです。

ワードプレスに関しては、まだまだ勉強中ですが少しずつ操作方法がわかってきました。
医療系の事以外を学ぶのは久しぶりなので毎日が良い刺激になってます。

という事で本日も腰の話になります。第3弾です!

第1弾、第2弾も見ていただける方がいらっしゃいましたら以下にリンクを貼っときます。是非勢どうぞ〜〜!

腰痛は正しく対処し早く治しましょうー腰痛撃退法ーこんにちは!なおです! このブログは『医療のこと』『生きための知恵』を柱に人生頑張っている方に向けて情報発信をしていくブログです! ...
腰椎椎間板ヘルニアのコラムー生活上の注意点を交えてーこんにちは!なおです! このブログは『医療のこと』『生きための知恵』を柱に人生頑張っている方に向けて情報発信をしていくブログです! ...

第3弾は腰部脊柱管狭窄症です。英語でLumbar spinal Canal Stenosisといい医療従事者の間ではLCSと略され呼ばれる事が多いです。

腰部脊柱管狭窄症

腰部の脊柱管(脊髄という大切な神経が走っている管です)が狭くなり、神経の症状がでる病気です。

原因は変形性脊椎症(骨の変形)、脊椎すべり症(骨がズレる)、椎間板の膨隆(椎間板が腫れるや押しつぶされる。イメージとしてはヘルニアの重症版)、黄色靭帯の肥厚(靭帯が膨らんでしまう状態)等、様々な事が考えられています。

症状として

・腰部脊柱管狭窄症の1番の特徴は間欠性跛行(神経性間欠性跛行)です。

歩く際にお尻やあしに「いたみ」や「しびれ」が生じ、ひどい場合には歩けなくなってしまいます。1度休息をとる事で、また歩き始める事が可能となるのも特徴です。

もう1つ特徴があり、姿勢の影響を受けやすいという事です。腰が伸びている状態ですと症状が悪くなり、逆に腰を曲げていると症状が軽くなります。その為、休息時には背中を丸めたり、しゃがんだりする事が多いです。

・その他の症状としては、ヘルニアの時にも挙げさせてもらった、筋力低下やマヒ、おしもの問題も出てきます。

治療方法

・日常生活や仕事に支障をきたさない場合や症状が軽い場合は手術をせず、経過観察をする事が多いです。

経過観察するなかでは、いたみを薬でコントロールしたり、ブロック注射といわれるものでいたみをとります。

*ブロック注射とは、神経や神経の周辺に局所麻酔薬を注射して、いたみをとります。

装具に関しても、腰を伸ばす範囲を制限するコルセットが用いられる事もあります。(ヘルニアの時に記載させてもらった軟性コルセットは使用しません。腰が伸びきってしまい、いたみを強めてしまう為)

生活指導では、手押し車(シルバーカー)の使用を勧めています。腰を曲げながら歩けるためです。

・歩けない、動けない、マヒが一気に出た、力が全く入らない、転んでばかりだという症状の場合は手術適応になります。

注意点と日常生活を過ごす

注意点

・上記にも述べさせて頂きましたが、腰をのばなさい事がいたみを強くしない方法です。しかし、腰を曲げてばかりいると今度はお腹の筋肉、背中の筋肉共に落ちてきてしまう事が考えられます。(補足:腰が曲がってしまうと手の伸びる範囲も狭くなってしまいます。バランスも崩しやすくなります。)

そのため、なるべく早く病院に行き「いたみ」「しびれ」のコントロールを適切に行い、なるべく普通の姿勢で歩けるようにする事がリハビリの観点からは良い事かと思います。

日常生活では

・寝るときは、横向きで寝る。クッション等あればなお良いですね。抱き枕的な。笑

・起き上がるときは、1度横向きになり、ゆっくりと起き上がります。ベッドを使われている方は、横向きの姿勢のまま両足をベッドの外に出し、起き上がっていくのも良い方法かと思います。

・座る姿勢は、ネコ背が痛みを誘発させません。(筋肉にはあまりいい姿勢とは言えませんが・・・)

・立つときは、背筋を伸ばしきらない。(薬で痛みのコントロールができていれば可能な範囲で背筋を伸ばす事をおすすめします。←これも筋力低下を防ぐ事やバランスを崩さないようにするためです)

・歩くときは杖より手押し車がいいです。←痛みがよくなれば杖or杖なしで歩くのをおすすめします。

・洗面をするときは座った姿勢が良いと思います。

・お風呂の際はシャワー椅子とかあれば便利ですね。

・上にある荷物や重たいものを持つのはなるべく控えた方がいいと思います。

・電車とか乗る際は、なるべく座りましょう。(揺られて不意に身体が伸びてしまうことがあるため)

パッと思いつく所はこんな所ですかね。笑

他にも、「こんな動作はどうしたらいいの〜?」っていうものがあればコメントどしどし下さい。

では、本日は以上になります!次は圧迫骨折の話をして、1度腰の話は締めようかなと思います。
最後にオススメの本、参考にした本を載せておきます。

このブログでは、リハビリ、介護、健康に関して困っている、悩んでいる方が気軽に相談できる場、情報を得られる場を目指しブログを行っていきたいとおもっています。

何かに悩まれている方がいらっしゃれば、どんなん小さな事でも構わないので1人で悩まずコメントでもなんでも良いので連絡くださいね。なにかしらの力添えはできるかと思いますので。

本日も観てくださっている方、本当にありがとうございました。また、時間がある時に気軽に観にきてくださいね!


COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です