リハビリコラム

腰椎椎間板ヘルニアのコラムー生活上の注意点を交えてー

こんにちは!なおです!
このブログは『医療のこと』『生きための知恵』を柱に人生頑張っている方に向けて情報発信をしていくブログです!
ブログ×ツイッターを通し様々な方と楽しみながらコミュニケーションを取れればなと思っています!

本日は、前回に引き続き腰の話をしていきたいと思います。

前回の「腰痛」に関する記事をまだみてないよ〜!っという方。笑
是非下に貼っておきますので見てみて下さい。

腰痛は正しく対処し早く治しましょうー腰痛撃退法ーこんにちは!なおです! このブログは『医療のこと』『生きための知恵』を柱に人生頑張っている方に向けて情報発信をしていくブログです! ...

お題は「腰椎椎間板ヘルニア」です。
この疾患もかなり有名で多分耳にされた事のある方は多いのではないでしょうか?

この疾患も初期の段階から強烈な痛みを伴うものとして有名です。
手術を行わず、まず様子を見ていきたいという方向けにブログを書いてみようかと思います。
日常生活上の注意点をまとめて見ましたので、是非どーぞ!!!

腰椎椎間板ヘルニア

腰椎椎間板ヘルニアとは、椎骨と椎骨(背骨と背骨)に挟まれている椎間板が押し出されて(主には髄核と呼ばれるところです)神経を圧迫する病気です。

主に活動性の高い(働き盛り)男性に多いとされています。

症状として

・腰が痛くなる(言い換えると神経が圧迫されている所が痛くなる)

・あしにしびれがでる、感覚が鈍くなる(床の上を歩いている感じがしない)

・あしにマヒがでる

・あしに力が入らなくなるor脱力

・ひどい時には歩けなくなる

OTクローバー
OTクローバー
また、背骨の下の方(腰の下の方で神経が圧迫される)では、さらに

・残尿感(尿切れが悪くなり。なんど出しても尿を出しきれていない感じがする)

・排尿困難(そもそもでない)

・頻尿

・お通じのトラブル(漏らしてしまう、便秘、下痢等)

の症状も出るとされています。

はい。どれも考えただけで怖いですね。震えます。

好発部位として、よく挙げられるのは第4/5腰椎間・第5腰椎/第1仙椎間とされています。(もちろん、他の椎骨間でもなります)

*ちなみに背骨は首の骨が7個、胸の骨が12個、腰の骨が5個、お尻の骨が5個とされています。

治療方法

ほとんどの場合、3ヶ月以内に「しびれ」や「痛み」は軽減していきます。

これは、身体の中にいる細胞 (貧食細胞)が飛び出た椎間板を食べてしまうからなのです(人間の身体は上手く出来てますね。笑)。なので、無理矢理手術しなくても治ることもあります。

急激に激痛になり歩けなくなるレベルやマヒが急激に出た場合は手術適応です。

この症状が出たら急いで病院に行って下さい。もたもたしてたら歩けなくなります。症状出現からいかに早く対処出来るかが完治に向けて重要となります←ちょっと強めない言葉使いで書かせてもらいます。すみません。

注意点と日常生活の過ごし方

注意点

まず、第一前提として、痛い時には無理して動かないことが大切です。

やはり、安静第一が鉄則ですね!!

痛みが少しずつ引いて来たら、動き出して下さいね。(なんとか動けるレベルになって来てから)

前回の記事で述べさせてもらいましたが、ギックリ腰とは違く炎症ではないので、痛みが落ち着いてくれば可及的に動いて大丈夫だと思います。家事・洗濯・掃除等の日常生活や仕事復帰、趣味活動の再開も無理のない範囲で早期に実施可能です。

その他、軟性のコルセットや病院に行き痛みどめをもらい内服するのも良いかと思います。

日常生活では

・起き上がる際は腹筋を使用するのではなく(やじろべいみたいに起き上がるのは控えてください)、一回寝返りを行い(横向きの姿勢になります)、起き上がるようにする。

・座り姿勢は、しっかりと背もたれのある椅子に寄りかかり、お尻の下にクッションを入れるのが良いと思います。(猫背にならないようにすることを意識して下さいね)

・立った姿勢で長時間作業をする時には高さ10cm程度の台を足元に置き、左右交互にあしを乗せ(適度に時間が経ったら左右の足を入れ替えるイメージです)、不良姿勢と筋疲労を避けることも良い方法かと思います。

・重たいものを前かがみで持ち上げない。膝を使い持ち上げるようにしてください。

・高い位置にあるものを無理矢理取ろうとしない。腰を反らすと痛みの原因になります。

・洗面等行う際は、腰痛があれば椅子を用意し座りながら洗顔や歯ブラシとうを行う

など、いかに腰に負担をかけずに過ごすかが重要だと思います。

おわりに

腰椎椎間板ヘルニアは言い換えてしまえばい急速にしびれやマヒが出なければギックリ腰同様、焦らなくても大丈夫だという事です。

腰痛関連は基本的に安静にしていると良くなることが多いです。なので、適切な時期に適切な対処方法と腰痛を増悪させない方法を理解して生活をしていくことが大切となっていきます。
最後に今回参考にした本とオススメの本を貼っておきます。もっと詳しく知りたい方がいらっしゃいましたら是非参考にしてみてください。

以上、本日はここまでにしたいと思います。

このブログでは、リハビリ、介護、健康に関して困っている、悩んでいる方が気軽に相談できる場、情報を得られる場を目指しブログを行っていきたいとおもっています。

何かに悩まれている方がいらっしゃれば、どんなん小さな事でも構わないので1人で悩まずコメントでもなんでも良いので連絡くださいね。なにかしらの力添えはできるかと思いますので。

本日も観てくださっている方、本当にありがとうございました。また、時間がある時に気軽に観にきてくださいね〜

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です