10〜30代必見記事

真面目な人程、病みやすい〜肩の力を落として過ごしましょ〜

こんにちは!なおです!
このブログは『医療のこと』『生きための知恵』を柱に人生頑張っている方に向けて情報発信をしていくブログです!
ブログ×ツイッターを通し様々な方と楽しみながらコミュニケーションを取れればなと思っています!

なお
なお
今回は、真面目な人程、病みやすい〜肩の力を落として過ごしましょ〜と題してブログをまとめて行きます!

生きていれば、病むことなんて誰にでもあることかと思います。
ただ、病む度合いに関しては、真面目な人である程、深く病んでしまうもの傾向にあります。

真面目であるがゆえに妥協出来なかったりします。
自分で自分のことを追い込んでしまったりするんです。

そうなると、どんどん、どんどん負のループに陥ってしまい
いつまで経っても苦しみから解放されなくなってしまうんです!

それでは、辛過ぎますし苦し過ぎますよね!

そんな真面目な人の助けになれば良いなと思い
今回は、真面目な人に向けて『肩の力を落として過ごしていける方法』に関してお伝え出来ることをお伝えして行こうと思います!

自分も病まないように実践している方法になります。

是非、このブログを読んで頂き、早く病みから解放されることを祈っております!

真面目な人程、病みやすいワケを深く解説

上記にも少し書きましたが真面目な人ほど

・妥協できない

・深く考え込んでしまう

・いつまでも考えてしまう

・自分より他人を優先して考えてしまう

・自罰的になってしまう

という特徴があります。

一見悪いことではありませんが
上記の事を強く思いすぎてしまうと自分を無意識に追い詰めてしまう原因になります。

結果

・食事が喉を通らなくなってしまったり

・眠れなくなってしまったり

・ストレスで爆食いをしてしまったり

・アルコール漬けになってしまったり

・突然の悲しみに襲われたり

・苦しくなったり

・動悸がしたり

メンタルや身体に直接影響を及ぼす段階まで行ってしまいます。
メンタルや身体に強く症状が出てしまっている段階まで至ってしまったら、かなり末期の状態と自覚して下さい。

それ以上、無理をしないで過ごして欲しい段階になります。

真面目な方は
上記のような特徴があることを自分で自覚をしてみて下さい。

こんな状況では、身がいくらあっても足りないかと思います。

その状況を少しでも早く抜ける方法があります。
それをお伝えしますので、ぜひ、実践してもらえればなと思います!!!

真面目な人程、病みやすい〜肩の力を落とす方法〜

真面目な人は、少し肩の力を落とす必要があります。
肩の力を落とす方法として

・ゆっくりと休む

・何が自分をモヤモヤさせているのか表出する

・思いっきり楽しむ

・少し他罰的になってみる

・自分と他人を比較しない

を意識して行動していく事が重要です。
では、具体的にどのような事を行なって行けば良いのかを詳しく書いていきたいと思います!

ゆっくりと休む

肩の力を落とす方法としては、まずは『ゆっくり休む』ことが何よりも大切です。

真面目な人は、言い換えれば頑張りすぎているんです。
もう、十分頑張っているかと思います。全てを1人で背負いこむ必要はありません。

深呼吸して、焦らずゆっくりと休みましょ!

・1週間単位で有給休暇をとっても良いと思います

・勉強なんてしないで遊んだっていいと思います

・何もしたくない人は何もしなくていいと思います

・旅行にいくのも良いでしょう

・テレビやゲームをやり尽くすでも良いでしょう

もう頑張っている自分を解放してあげて下さい!

また、やれそうかな、少し動いて見ようかなと思うまで
嫌なことから逃げて下さい!

逃げ=負けではありません。安心して下さい。

自分は、逃げ=勝ちだと思いますよ
とにかく自分を癒してあげることに傾けましょ!!!

その後のことは、その後のこと。
見えない未来のことを考えても、ただただ不安になるだけです。

なら今起こっている問題に対して向き合い、それど全力でどうするかだけに集中してみて下さい!!!

過去を笑い話に出来るように今を過ごしてみてください!

何が自分をモヤモヤさせているのか表出する

肩の力を落とす方法としては『何が自分をモヤモヤさせているのか表出する』ことが大切です。

どんどん思っていることを遠慮せず外に出していきましょう!!!
ただ心の中で思っているだけでは、何も解決しないことって山程あります!

・紙に表出するでもよし

・ケータイに表出するもよし

・家族に聞いてもらうでもよし

・友人に聞いてもらうもよし

・恋人に聞いてもらうもよし

・先輩に聞いてもらうもよし

・同僚に聞いてもらうもよし

とにかく溜め込むことをやめましょ。他人に迷惑をかけたっていいんです。
真面目な人は自分1人で背負いこむ癖がどうしても強く存在してしまいます。

人間は1人では生きて行けない生き物なんです。
自分で処理出来るキャパも限界があります。

どんどん、自分の思っていることを言葉にして表出してみて下さい。
周りを頼ってみて下さい。プライドを捨ててみて下さい。

言葉にして表出出来ると、思っている以上に肩の力が抜けたりしますよ!
騙されたと思ってやってみて下さい。本当に気持ち的に楽になりますよ!!!

これは、個人的には一番オススメな方法かもしれません!!!

思いっきり楽しむ

肩の力を落とす方法としては『思いっきり楽しむ』ことをしてみて下さい。

なお
なお
人生楽しんだもん勝ちって言いますよね!

人生難しく考えず、思いっきり楽しいことをして
無駄なことを考えないように過ごしていく時間も大切です。

難しいことは後回しにして、楽しいこと先にどんどん行なっていきましょう!

お金を使って思いっきり楽しめるなら出し惜しみすることなく
ふんだんに使っていきましょう!!!

お金なんてなくなったって、また稼げばいいんです。
人間いつ死ぬかわからないのですから、お金なんて使ってしまった方が良いんです。

後先のことを考えず、今の自分をどうしたら幸せに出来るかだけを考えていきましょう!
思いっきり楽しむ事ができれば、必ず肩の力は抜けていくはずです!

肩の力が抜けた段階で、今後のことを考えていくでも遅くはないです!
人生長いのだから生き急がない事が大切ですよ!!!



少し他罰的になってみる

肩の力を落とす方法としては『少し他罰的になってみる』ことも必要だったりします!
真面目な人は、どうしても自分で背負い込み過ぎてしまう傾向にあります。

・自分が我慢すれば良い

・他の人は自分より頑張っている

・これぐらいでへこたれている訳には行かない

これでは、どんどん、どんどん自分だけが苦しくなっていく一方になってしまいます。

そうならないようにする為にも少しだけ他罰的になれると
肩の力を抜く事が出来るかもしれません。

・別に自分だけが我慢する必要はないか

・自分の方が他人より頑張っているから休んでも良いか

・こんなに頑張っているのだから他の人にやらせても良いか

など、自分を攻め込むのではなく、自分のことを解放してあげる事が大切です!

これが行えると、様々なことを背負いこみすぎたり、自分だけが損していると思う感情が少しずつなくなっていくかと思います。

自分が今どのような状況に置かれていて、自罰的になり過ぎていないのかを考える時間が作れると良いですね!

自分と他人を比較しない

肩の力を落とす方法としては『自分と他人を比較しない』事が大切です。

他人のことは、極論無視でいいです。
自分のことだけを考えていきましょう!

・自分が一番幸せになれる方法を考える

・自分が一番楽しくなれる方法を考える

・自分が一番楽になれる方法を考える

みんな違って、みんないい

です!
人それぞれ優れている所、劣っている所は違います。

人と比べてしまっている人は『ないものねだり』をしてしまっている状況にあります。
ないものねだりをしている状況では
『卑屈になりやすかったり』
『ストレスが溜まりやすかったり』
『無駄にイライラしてしまったり』
するものです。

追い抜こう、追い抜こう。
蹴落そう、蹴落そう。
見返りを求めようとする。

その考えをしてしまうと異常に肩に力が入ってしまう状況になってしまいます。

その状況から解放する為には他人と比較しない事が一番なんです。
他人に視線を向けるのではなく、自分に視線を向けて自分がどうやれば幸せになれるのかだけを考えてみて下さい!

そうすると気持ちが少し楽になったりしますよ!!!

力まないで生きて行きましょう!

いかがだったでしょうか?
真面目な人程、病みやすい〜肩の力を落として過ごしましょ〜と題してブログをまとめて参りました。

人生
力まないで生きて行くのが一番です。

人には人のペースというものがあります。
他人と比較する事なく自分なりのペースで物事を進められればそれでいいんです。

力む必要はありません。
力み過ぎると全てが空回りしていき、自分だけが損してしまう状況にどんどん陥ってしまいます。

上記の方法を参考にして頂きながら
肩の力を抜いて生きて生きましょう!!!

人はみんな平等です。自分だけが全て背負いこむ必要もありません。

物事を単純に考えて、楽に過ごしていきましょう!

以上、本日のブログでした。
本日も観てくださっている方、本当にありがとうございました。また、時間がある時に気軽に観にきてくださいね!
そして、何かあればTwitter、お問い合わせから連絡下さいね!!!
1人で悩まず一緒に歩んでいきましょう!

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です