リハビリコラム

作業療法士1年目の勉強方法に関して!〜担当の方を良くするには〜

こんにちは!なおです!
このブログは『医療のこと』『生きための知恵』を柱に人生頑張っている方に向けて情報発信をしていくブログです!
ブログ×ツイッターを通し様々な方と楽しみながらコミュニケーションを取れればなと思っています!

なお
なお
今回は、作業療法士1年目の勉強方法に関して!〜担当の方を良くするには〜と題してブログをまとめて行こうと思います。TwitterのDMに良く来るのが『どうやって勉強をして良いか分からない』という質問です。その悩みに答えて行こうと思います!

前回までのあらすじを載せておきます!
最近は、作業療法士関係の記事をたくさん書いています!
こちらの記事達も非常に面白いので是非見てって下さい!

作業療法士の魅力に関して紹介!〜目指している方必見です〜作業療法士の魅力って何だろう!?今回は、実際の臨床に勤めている作業療法士からリアルな魅力についてご紹介したいと思います。作業療法士を目指されている学生さん、社会人の方必見ですよ!...
作業療法士の仕事内容を紹介〜総合病院勤務で行なっていること〜作業療法士を目指そうとしている方にとって作業療法士の仕事内容って気になりませんか?今回は、自分が勤めている総合病院での仕事内容に関してリアルをまとめて見ました!これから作業療法士になりたいと思っている方必見ですよ!!!...
作業療法士の将来性を真剣に考えてみた【結論:安心して下さい】作業療法士を目指されている方が期になるのは将来性かと思います。今回、現役作業療法士である自分が真剣に考えて見ました。今後、作業療法士は安泰なの?なくなって行くの?気になる方必見のブログです!...
【実録】作業療法士の臨床実習のリアル〜ぶっちゃけ話をします〜作業療法士の臨床実習のリアルを知りたくなですか!?学校の先生や臨床家が話したがらない裏の事情を全て話していきます。臨床実習を上手く乗り越えるコツもまとめてありますので、作業療法士を目指されている方やこれから臨床実習を迎える学生さんに必見のブログになってます!...
【本音トーク】作業療法士の恋愛事情を大暴露!〜意外な実状とは〜作業療法士の恋愛事情って気になりませんか?今回は本音トークをブログにまとめました。これから作業療法士を目指されている男女に必見のブログですよ!!!...
作業療法士の国家試験は難しいの?〜経験談を話します〜作業療法士になる為に必ず受けなければならない国家試験。そもそも国家試験って難しいの?と思われる方も多くいるかと思います。その疑問に現役の作業療法士が答えていきたいと思います。作業療法士を目指せれている方、必見のブログになります!...

今回は
作業療法士1年目がどのように自己学習を進めて行けば良いのかをまとめて行きたいと思います。

作業療法士1年目って非常に勉強方法に関して悩む時期だと思います。

自分も1年目の時は、非常に勉強方法に悩んでました
なぜ、悩んだのかというと

・分からないことが分からない

・何を勉強すれば良いのか分からない

・勉強会に行っても難しくて理解出来ない

・勉強をしても、やった気になって担当の方に還元出来なく終わってしまう

・作業療法士の上司が1人しか居なく主婦なのですぐに帰ってしまい相談出来ない

・上司の勉強意欲があまりない

などの理由で『何をどうして良いのか分からない』そんな状況に陥ってました。

周りからは
もっと勉強しないと
これぐらい知ってないとダメだよ
真剣に考える気ある?
など、かなりプレッシャーを掛けられてました
(今となっては、いい思い出ですがw)

ただ作業療法士1年目の方に自分と同じような経験はして欲しくありません。
結構精神的にエグられるので。

なので、作業療法士1年目が何を勉強して行けば良いのかを経験談を元にお伝えして行きます。

ぜひ参考にして頂き作業療法士としてどんどん成長していって下さい!

作業療法士1年目の勉強方法に関して!

早速、作業療法士1年目が行うべき勉強方法に関してまとめて行きたいと思います!
やるべきこととしては5つ!

・解剖、運動、整理を復習する

・臨床で疑問に思ったことだけ本や文献で調べる

・勉強をする際あれもこれも手を出し過ぎない

・自分の本当に行きたい勉強会だけ行く

・症例検討を行う

1年目の作業療法士が意識して行うべきことだと思います。
逆に上記のことが出来ていないと、自分と同じように苦しい思いをすることが多いのかなとも思います。

上記の項目を1つずつ深くお伝えしていきますので是非、参考にして頂ければと思います!

解剖、運動、整理を復習する

作業療法士1年目では解剖、運動、生理学をとことん勉強し直すことをオススメします。
国家試験が終わり職場に入職するまでに比較的、時間が空いてしまったりします。

国家試験から1ヵ月以上時間が空いてしまうと

・記憶が半分ぐらいなくなってしまう

・細かい部分まで思い出せなくなってしまう

・語呂合わせだけで覚えてて本当の意味を理解仕切れてなかったりする

などの状態になることがあります。

なお
なお
げんに自分も上記のような状態になっていました・・・汗

そのまま、臨床現場に出てしまうと
担当の方の身体について良く分からなくなってしまいます

復習と更に学んでいくこととしては
・筋肉の起始、停止
・筋肉の動き
・骨の動き
・支配神経
・神経の位置関係
・バイタルサイン
・覚醒
・脳神経
・脳機能
・錐体路、錐体外路
・伸張反射
・相反神経支配
・重心の位置
・血液データーの意味
・ゲイトコントロールセオリー
・感覚機能
など他にもまだまだありますが、これらを全て振り返りましょう!

1日30分2日に1回30分土日だけでも良いので
解剖、運動、生理学の勉強はしっかりと行いましょう!

なお
なお
ちなみ、上記に記載したもの全て担当の方に聞かれたら正しく答えられますか?

この質問に一瞬でも詰まったら勉強しましょう!
1年目は解剖、運動、生理学だけガッツリやれば良いと言っても過言ではありません!

是非、意識して勉強してみて下さい!

臨床で疑問に思ったことだけ本や文献で調べる

基本的に意識的に勉強するのは解剖、運動、生理学だけで良いと思います。

ただ、作業療法士になりたての時って
疾患のことに関して沢山知りたいと思ってしまうことも多々あります。

・脳卒中の勉強をしてみたい

・難病の勉強をしてみたい

・循環器の勉強をしてみたい

・骨折の勉強をしてみたい

・統合失調症の勉強をしてみたい

・うつの勉強をしてみたい

もちろん勉強するのは悪くはないことですが
勉強するなら目の前の担当の方の病気のことだけにしておきましょう!

そして自分が『なんで、その症状が生じているのだろう』と疑問に思った時だけ本や文献を開くようにしてみて下さい!

ただ、なんとなく勉強してみたいの理由で本や文献を開いてしまうと
全て中途半端な形になり結局時間を無駄にしてしまう可能性が非常に高いです。
(その時間を解剖、運動、生理学にあてられたら何倍も成長することが出来ます)

解剖、運動、生理学以外を勉強することは悪くはないことですが時間は限りある財産です。

財産を無駄にしないようにする為にも
臨床で疑問に思ったことだけを本や文献で調べるようにしていきましょう!

勉強をする際あれもこれも手を出し過ぎない

勉強していると次から次に疑問が起こることがあります。

その際に様々な本、様々な文献から情報を得ようとすることがあるかと思いますが
まずは、今調べている本今調べている文献自分が知りたい情報が本当に載っていないのかをしっかり確認しましょう!

教科書や文献を何個も何個も開くことは
時間を多く取られてしまうことや情報が錯綜することがありますので
あまりオススメはしません。

なお
なお
生理学の勉強していたので気づいたら解剖学の勉強をしていた!

ということも起こりうる事象です!

自分が今何について調べているのか全く違う分野のことを調べていないか!?
に関しては自問自答していく必要があります!

生理学なら生理学だけ解剖学なら解剖学だけと
1つの分野に絞って勉強は進めていきましょう!

その方が絶対に混乱せずに済みます。

生理学をやっていたのにいつの間に解剖学になっていた。
解剖学をやっていたのにいつの間に運動学になっていた。

のように、あれもこれも手を出し過ぎず勉強をしていくことがオススメです!
時間も効率的に使えるようになりますし、学びも多いものになりますよ!!!



自分の本当に行きたい勉強会だけ行く

作業療法士になると同級生や上司などに
○○の勉強会行ってみない?』と誘われることがあります!

なお
なお
自分が1年目の時よく同級生に声を掛けてもらい勉強会に行ってました。

勉強会にいくこと自体は悪くはないことですが
参加しようとしている勉強会は本当にあなたが興味のある勉強会ですか?

ただ何となく声を掛けてもらったから『行ってみよう』ではありませんか?

自分の興味のある勉強会に行かないと学びが本当に少なくなってしまいます

勉強会に参加しても

・何を言っているのか意味がわからない

・寝てしまう

・拘束時間が嫌になってしまう

・実技が嫌に感じてしまう

・早く帰りたいと思ってしまう

上記のようになってしまうと本当に本末転倒です!
これでは高いお金を払って参加した勉強会も時間とお金の無駄になってしまいます。

『断る勇気』も必要です!

勉強会に参加しない代わりに
解剖、運動、生理学の勉強はしっかりしましょう!!

逆に解剖、運動、生理学の基礎を教えてくれる勉強会などがあれば
積極的に参加しても良いかもしれませんね!!!

無目的に『あれも、これも勉強会に参加』するのではなく
本当に自分が学びたい、学べる勉強会だけを選んで参加しましょう!!!

その方が必ず自分にとって身のある勉強を行うことが出来ますし
担当の方にもすぐに還元することが出来るかと思います!

症例検討を行う

勉強したものをアウトプットする方法として一番良いのは症例検討会を行うことです。
その場面は

・職場内

・県学会

・勉強会

・地方学会

・全国学会

など様々な方法があります。

症例検討会を行うことで
今までやってきたことが間違っていないかを確認することが出来ます

また、新たな気づきも行えたりします!

症例検討会って1年目の作業療法士にとっては
非常に緊張しますし発表嫌だな〜って思う場面ですが、それを乗り越えて頑張って行動することにより何倍も自分にとって実りのあるものを手にすることが出来ます

5年目、6年目で症例検討会で発表するのと
1年目で症例検討会で発表するのとでは圧倒的に有利なのは1年目です。

1年目の発表に対しては『分からなくてもしょうがないし何なら気づけるように教えてあげよう』と思う先輩はたくさんいますが

6年目の発表に対しては『こんなことも分からないの?あの病院はやばい』と思ってしまう先輩もたくさんいます。
自分自身だけではなく病院全体の評判を落として可能性も出てきてしまいます。

失敗が許されるのは経験年数が若いうちだけです!
経験年数を積むと変なプライドも出てきてしまいます!

スポンジのように何でも吸収出来る1年目のうちから症例検討会に参加してアウトプットする機会を得ておくと非常に勉強になりますし、経験年数を積んでからもしっかりとした発表が行えるようになります

作業療法士1年目の勉強方法は効率性が大切

作業療法士1年目の勉強方法は効率性が非常に大切になっていきます!
上記にも記載しましたが『時間は限りある財産』です!

その財産をいかに効率よく運用していくかが何よりも重要なことです!
そのため

・解剖、運動、生理学の勉強は順調に進められているだろうか

・自分が今何を知りたいのか

・他人に教えることの出来るだけの知識を要しているか

など、常に自問自答しながら物事を進めていくことが大切です。

周りに信頼出来る上司や友人がいるのであれば
ぜひ、自分の勉強した内容を見てもらったり、聞いてもらったりしましょう!

ただ、何となく漠然と勉強し漠然と日々を過ごしていると
自分が何をすれば良いのかも分からなくなりますし
分からないことが分からないという現象に陥ってしまいます。

勉強内容を明確にして、アウトプットも行いながら効率よく日々を過ごしていくことが大切です!

作業療法士1年目の勉強方法は基礎を固めること

いかがだったでしょうか!?
作業療法士1年目の勉強方法に関して!〜担当の方を良くするには〜と題してブログをまとめて参りました!

基本的に作業療法士1年目が行う勉強は
基礎固め』が中心です。

基礎が分からなければ応用もわかりません!

担当の方の身体を診て
解剖、運動、生理学的に
○○だから○○という現象が起きているんだ』と根拠を付けられるぐらいの勉強が行えていれば申し分ありません!

そこまで行えるようにどんどん勉強していきましょう!

テクニック的なことは、とにかく後からでも大丈夫です!

1年目から
・ボバース
・PNF
・CI
・MOHO
・川平法

など難しい理論は取り入れなくて大丈夫です!
それらは3年目、5年目、10年目になって学でも全然遅くないものになります。

テクニックよりまずは『基礎』を意識して勉強してみて下さい!

その方が絶対に苦しい思いをせず1年目を過ごせるようになるかと思います!
ぜひ、意識して上記の項目を参考にしながら作業療法士1年目を過ごしてみて下さい!

以上、本日のブログでした。
本日も観てくださっている方、本当にありがとうございました。また、時間がある時に気軽に観にきてくださいね!
そして、何かあればTwitter、お問い合わせから連絡下さいね!!!
1人で悩まず一緒に歩んでいきましょう!

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です