10〜30代必見記事

【悩んでるあなたへ】プライドは捨ててしまった方が楽に生きれる

こんにちは!なおです!
このブログは『医療のこと』『生きための知恵』を柱に人生頑張っている方に向けて情報発信をしていくブログです!
ブログ×ツイッターを通し様々な方と楽しみながらコミュニケーションを取れればなと思っています!

なお
なお
みなさん、ある程度プライドを持って生きていると思います。ただ、高すぎるプライドは時に自分を苦しめてしまう原因になっているかもしれませんよ!?

今回は『高すぎるプライド・いらないプライド』は早く捨ててしまい
もっと気楽に生きていく方法を提示出来ればと思っています。

今、悩まれている方
もしかしたら自分の『プライドの高さ』が原因となっている可能性もありますよ。

プライドが高いと様々な弊害が出てきます。
プライドの高い人の特徴、高いプライドを無くしていく解決方法をまとめて行きます。
是非、このブログに目を通していただき、自己を振り返って頂ければと思います。

プライドは捨ててしまった方が楽に生きれる


結論からお伝えします。
高いプライドは捨ててしまった方が人生楽に生きれます。

高いプライドを持っている方は『無駄にイライラしてしまったり』『人間関係が上手く行かなくなったり』『職場で孤立してしまったり』『1人ぼっちになってしまったり』など
どんどん自分の周りから人がいなくなってしまう可能性があります(それも自分が気づかないうちに)。

なお
なお
それでは辛いでし、悲しいすよね

そして、なかなかプライドの高さって自分では気づけなかったり、他人が指摘してくれることも少ないですよね。

なので、1度プライドの高いひとの特徴をまとめていきたいと思います。

・話し合いができない。自分の意見を一方的に話す人

・負けず嫌いの人、否定させるのが嫌い

・失敗が嫌い

・『こうであるべきだ』と固定概念を持っている

・いじられるのが嫌い、いじるのは好き

・『でもさ』『だけどさ』と会話のはじめにつく人

などが挙げられます。
では、1つ1つ深く掘り下げていきたいと思います。

当てはまっている方
結構生きにくい状態になってますよ!
改善策も書いていきますので、ぜひ参考にしてみて下さい。

話し合いができない。自分の意見を一方的に話す人

プライドの高い人の特徴として『話し合いが出来ない』『自分の意見を一方的に話す』方が多い傾向にあります。

なお
なお
周りにいませんか?自分もそうなってませんか?

グループワークやグループセッション、会議の際に他人の意見を聞かず一方的に喋る。
喋ったら満足で、あとは何も言わない・聞かない。
周りからは、物凄くプライドが高く、傲慢な人に映ります。

そして、そんな姿は見られてますし、影で話されてますよ。
そして知らない間に『厄介者』や『話が聞けない人』とレッテルを貼られ周りから人がいなくなる・相手にされなくなって行きます。

解決方法

まずは自分が話すより相手の話を聞くように心がけるようにすると良いです。
自分から話すのではなく、まず相手の意見を聞くようにする。
どんなに、相手が間違った意見を言おうとも最後まで話をきく。
ずっと自分だけ話続けている環境を作らないように心がける。

これだけでも大きく変わってくると思いますし『プライドの高い人』と思われなくなりますよ!
是非、『話し合いが出来ない』『自分の意見を一方的に話す』人に当てはまる方は
改善するように意識をしてみてください。

負けず嫌いの人、否定させるのが嫌い

なお
なお
プライドの高い人って『負けず嫌い』『自分のことを否定されるのが嫌い』な人が多いです。

『他人より優れてないと気が済まない』や『少しでも否定されるとムキになる・不機嫌な態度を取る』
そんなことをしてしまいます。そのような人は『プライドが高い人』とされます。

本来、物事は誰かと競い合う・争い合うものではなく
自分が行なったものに対して『いかに自分自身が満足出来るか』というところに着眼していくものです。

そこを、誰かと競い合う事・争い合う事で満足度を高めていくのは、少し話が違うことになります。

また、そういう方は自分を信じて盲信しているので、少しでも他人に否定をされてしまうと
上司であろうが同僚であろうが後輩であろうが、ものすごい剣幕で怒ってきたり、不機嫌な態度を取ってしまう可能性が高いです。

『小さな指摘』でも『大きな指摘のように』捉えてしまうのが特徴かと思います。

解決方法

まずは『他人は他人』『自分は自分』と思うことが大切ですし、そう思って過ごしていくことを心掛けた方が良いです。
負けず嫌いということは、決して悪いことではありませんが、他人を巻き込んではいけません。

『他人に勝った』と思っても表に表出してはいけませんし、相手を見下すような発言も控えてください。要するに『余計な一言を言わないようにする』ことが重要です。

また、指摘に関しても『納得がいかなくても、反発するのではなくまず飲み込んで下さい』
本当に間違っていることに関しては、自分の意見を伝えても良いかと思いますが、全てに対して反発してしまうのは話が違います。
良い・悪い関係なく、まずは受け入れるというところから始めてみて下さい。

失敗が嫌い

なお
なお
プライドが高い方は『失敗をする』のも極端に嫌がります。

なので、失敗しても『認めない』『他人のせいにする』『自分は悪くない』と主張してくるはずです。

実際、どう考えてもプライドが高い人が失敗しているにも関わらず、本人も自分を守ろうとするあまりに『どうやって自分の失敗をなかったこと出来るのか』で頭のなかではいっぱいになっているはずです。

これがプライドの高い人の特徴かと思います。

解決方法

まず『失敗=悪いこと』と考えるのをやめるべきです。
これが根底にあると、いつまでたっても失敗を認められなくなります。

『失敗は成功の元』で良いんです。
失敗から学べることは沢山ありますし、失敗は同じ失敗を2回繰り返さなければ良いんです。

どんどん失敗して他人から沢山の意見を聞き、自分を成長させていけるような心構えにシフトしていった方が良いです。
ぜひ、この考えで日々を過ごしてみて下さい。

『こうであるべきだ』と固定概念を持っている

なお
なお
プライドが高い方は『こうであるべきだ』と固定概念を持っていることが多いです。

・先輩がやっているのに定時で帰るなんてありえない。

・自分が有給休暇を取ってないのに他の人が有給休暇を取るなんてありえない。

・後輩は先輩に物事を聞いて当たり前だ。質問して来ないなんてありえない。

・自分に出来て他の人が出来ないなんてありえない。

などの固定概念を持っていたりします。
基本的に固定概念も古く、その古いものから脱出出来てない状態となっています。

『自分も辛い道を通って来たんだから、お前も同じような道を通るべきだ』など考えています。
それが『間違っていること』とも気づけません。そして同僚や先輩から指摘されてもなかなか修正出来ません。

『自分は間違っていない。』と思い込んでいるためです。
早くこの考えから脱出しないと、どんどん周りから人が居なくなってしまいますよ。

解決方法

今の常識はなんなのかを知るところから初めて良いかと思います。
『長い物には巻かれろ』的な考えも捨ててしまって構わないです。
あとは、同僚・先輩がどのように人と接しているのかを観察してみても良いですね。

定時に帰っても全然当たり前、有給も取って当たり前、先輩と後輩の関係はディスカンションorコーチングで携わるべき、人には能力差がある
これをまずは理解してもよいかなと思います。

いじられるのが嫌い、いじるのは好き

なお
なお
プライドが高い人は、いじられるのが嫌い、でもいじるのは好きな人が多いです。

これを言われてドキッとした方いらっしゃいませんか!?笑
プライドの高い人って無意識的に『人を下に見ていたり』『上から目線の発言をしてしまったり』『他人の不幸が蜜の味だったり』『自分の支配下に置きたがったり』しています。

なので、他人がいじられているのは面白くて仕方ありません。
ただ、逆にいじられるのは上記の思考から外れるので烈火のごとくキレてしまったり、不機嫌になることが多いです。

自分がそんな気持ちになることがわかっているので、相手の立場や気持ちになって考えることが極端に下手くそだったりします。

解決方法

まずは、いじられている人がいたら一緒に楽しんだり無視するのではなく、止めてあげましょう。
そして、相手の立場にたって物事を考えられるようになるために『自分だったらどう感じるのか』を真剣に考えて見て下さい。

最初は考えること自体難しいかと思いますが、意識して『相手の立場にたって物事を考える』ようにするだけでも相手の辛さや悲しみが分かるようになるかと思います。
優しさを持って相手に接してあげて下さい。

『でもさ』『だけどさ』と会話のはじめにつく人

なお
なお
プライドの高い人は
『でもさ』『だけどさ』と会話のはじめにつく人が多いです。

よくいますよね!

Aさん:○○って〜だよね。とっても優秀だよね。

プライド高い人:でもさ○○ってこういうところあるよね。本当に優秀なのかな。

Bさん:○○さんって〜だよね。素敵だよね。

プライド高い人:だけどさ○○って〜〜なところあるよね。別にそうは思わないかな。

など。
素直に相手のことを認められな人。こういう人もプライドが高い人と認定されてしまいます。
全ての助長しているのは、『相手より自分の方が上』という考えがあるところからだと思います。

結果、会話をしてもつまらないや否定ばかりしかしない人のレッテルを貼られ周りから人がいなくなったりします。

解決方法

なにはともあれ、相手の良いところは認めて褒めてあげるぐらいの余裕は持ちましょう!
自分が劣っているとかそういう問題ではないので、とにかく認めていくことを心掛けて行きましょう。
そうすることで『でもさ』『だけどさ』は無くなるかと思います。

そんなに人のことを否定しなくても、あなたはあなたのことを精一杯やってれば良いんです。
他人に過干渉する必要はありませんよ!

まとめ


本日のブログのまとめです。

・プライドは捨ててしまった方が楽に生きれる

・プライドが方人は無駄にイライラしてしまう

・プライドの高い人の特徴

話し合いができない。自分の意見を一方的に話す人

負けず嫌いの人、否定させるのが嫌い

失敗が嫌い

『こうであるべきだ』と固定概念を持っている

いじられるのが嫌い、いじるのは好き

『でもさ』『だけどさ』と会話のはじめにつく人

・解決方法
ワンクッション置いて人の話を聞くように心がける。

『失敗=悪いこと』と考えるのをやめる

今の常識はなんなのかを知る

他人は他人、自分は自分と思うことを大切に過ごす

いじられている人がいたら一緒に楽しんだり無視するのではなく、止めてあげましょう。

相手の良いところは認めて褒めてあげるぐらいの余裕は持ちましょう!

プライドの高い人って、周りから煙ったがられたり関わるのがめんどくさと思われていたりします。

それでは、とても人生損してしまうし、チャンスも逃し易くなってしまいます。
いらないプライドはとっとと捨ててしまい、もっと楽な生活をして行きましょう!
その為にプライドの高い方や高いのではないであろうかと思われる方は上記の『解決方法』参考に前に歩んでって下さい。

実践するだけで人生大きく変わりますよ!!!

以上、本日のブログでした。
本日も観てくださっている方、本当にありがとうございました。また、時間がある時に気軽に観にきてくださいね!
そして、何かあればTwitter、お問い合わせから連絡下さいね!!!
1人で悩まず一緒に歩んでいきましょう!

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です