リハビリコラム

リハビリはやる気が重要です〜早くよくなりたい方へ〜

こんにちは!なおです!
このブログは『医療のこと』『生きための知恵』を柱に人生頑張っている方に向けて情報発信をしていくブログです!
ブログ×ツイッターを通し様々な方と楽しみながらコミュニケーションを取れればなと思っています!

なお
なお
リハビリは『やる気がある人』と『やる気がない人』では回復スピードが大きく変わって来ます。圧倒的に『やる気がある人』の方が回復して行きますし元気になります!そして、退院した時にストレスなく過ごせるようになります。

病気や怪我をおいリハビリを頑張られている方はたくさんいると思います。
なかなか、障害をおった後の受容って時間が掛かりますし
モチベーションを上げてリハビリを進めていくのが大変だと思います。

本当に辛いと思います・・・。

辛い気持ちは十分に分かりますが
ただ、なるべく早くモチベーションを上げてリハビリに取り組めた方が、身体も心もよくなる可能性も高くなりますし、将来を過ごしていくにあたってストレスなく歩んで行けるようになると思います。

今回のブログでは、やる気(モチベーション)が高い方が良い理由を書いて行こうと思います。

ぜひ、リハビリを頑張られている方、参考にしてみて下さい。

リハビリはやる気が重要です〜早くよくなりたい方へ〜

リハビリを受けるに当たってはモチベーションが高い方が良くなりやすいですし、回復スピードも早いものになります。
そして、退院した時にもストレスなく過ごせるようになります。

これが一体どういうことなのかを以下にまとめて行きたいと思います。

・自発的に動けるようになる

・工夫が行えるようになる

・適切な方向性を導き出せる

・サービス導入が早く行える

・退院調整が早く行えるようになる

上記のことが出来るようになるだけで本当に大きく変わって来ます。
では、1つ1つ詳しく説明していきたいと思います。

自発的に動けるようになる

なお
なお
受身的ではなく自発的に動けると、行動力が変わって来ます。リハビリは基本的にリハビリの時間だけやっているだけでは良くなりません。自主トレの時間がもっとも大切になって来ます

初めてのリハビリとなると、何をどうして良いか分からなくなる人も多いと思います。

主に以下のことを思われる人が多いと思います。

・リハビリの時間だけリハビリを行えば良い

・リハビリの時間だけ頑張ればいい

・リハビリのスタッフに任せておけば良い

これでは良くなるものも良くなりません。
確かに、リハビリスタッフにある程度任せておけば大丈夫ですが
受身的な状態では回復スピードが非常にゆっくりなものになってしまいます。

自発的に動けるようになると、やはり行動力に差が生じて
回復スピードも非常に早いものになります。

リハビリにおいて大切なのは

・正しい方法で身体を使う

・頻回に動かす

・日常生活動作の中で身体を使う

です。

正しい方法で沢山身体が使えると神経系がどんどん賦活していきます。
結果、素早く回復に繋がっていきます。

モチベーションが上がらなく
受身的になっていると、身体を使用する頻度が落ち、なかなか神経系が賦活されなくなります。
結果、回復スピードが遅いものになってしまいます。

加えてお伝えするのなら回復過程においても
受傷後や発症後早期の方が基本的には回復幅が大きくなります。

時間が経ってからリハビリをするのでは、回復力にも差が出てきてしまいます。

出来るだけ早期にモチベーションを上げ、自発的に取り組み、正しい方法で積極的に身体を使う

これが何よりも大切です!

工夫が行えるようになる

なお
なお
やる気やモチベーションが高いと工夫しながらリハビリを進められるようになったり、日常生活も工夫しながら送れるようになります。様々なアイディアに気づけたり、困難にぶち当たった時にも相談する相手も早い段階なら様々な人がいます。

早い段階からモチベーションを上げて行動出来るようになると様々な工夫が行えるようになります。
例えば

・自主トレのレパートリーを増やせる

・トレーニングの方法が分からなくなった時に聞ける人がそばにいる

・生活で困難なことが生じた時に福祉用具のことが聞ける

・生活の工夫点が聞ける

などです。

入院中や外来通院中であれば、医師・看護師・ソーシャルワーカー・リハビリスタッフが即座に対応することが出来ます。
サポートも充実していますし、早い段階でないと手遅れになることもたくさんあります(行政上のサービスや支援。転院調整など)。

やる気やモチベーションが高いと
自分がどのような状態に置かれていて、どんなことが必要になりそうで、今後どうして行けば良いのかを
早い段階で少しずつ調べられるようになると思います。

モチベーションがいまいち上らず
先延ばし、先延ばしにしておくと
どんどんやることも増えていき、気付いた時にはパンク状態になっている・・・

そんなことも十分に起こり得ます。

入院中、外来通院中の段階から先のことを見越して、自主トレに励んだり、環境調整を行なって行ったり、サービスを導入出来るとより良い支援が受けれるようになります。

適切な方向性を導き出せる

なお
なお
なるべく早い段階からモチベーションが上げることが出来れば、自分の今後歩んでいく方向性を早く定めることが出来るようになります。上記の項目にも書きましたが、早い段階であれば、相談する相手も沢山います。

怪我や病気をしても、社会は待ってくれないところが殆どです。
時間軸が別のように感じますが、これが悲しい現実なんです。

もちろん、傷病手当や休暇をもらえる会社が殆どですが、少しずつでも自分の将来を考えて行動して行かなければなりません。

向き合いたくない気持ちもわかりますが
いずれは、考えなくてはいけない状況になります。

もちろん身体や心の回復過程には個人差があるのは当然ですが
少しずつでも自分の将来をどうしていくかを
考えながら時間を過ごしていった方が後々気持ち的には楽になったりします。

言われなくても分かっている。そんな辛い現状を突きつけないで。という気持ちも十分わかりますが
様々な方をみてきているからこそ、このブログでは厳しいことをお伝えしています。

早い段階で自分の将来を見据えられると、様々な選択肢を取ることが出来るようになりますよ!

サービス導入が早く行える

なお
なお
サービスには介護保険、難病申請、身体障害者手帳、精神障害者手帳、高額医療費制度など様々なものがあります。もちろん病院でも動いてはくれますが、隅々までとは行きません(患者さんが多くいるので)。なるべく早い段階で、自分にはどんなサービスが使えるのかを調べられると、後々スムーズに生活へ移行出来るようになりますよ 。

世の中には、本当に様々なサービスがあります。
日本は病気や怪我、障害を負った方に対してのサポートが充実しています。

ただ、全て申請をしないと使用出来ないようになっています。
もちろん入院している病院でもいくつか教えてくれはしますが、全部とまでは行きません。

教えてくれないものの中にお得なサービスが含まれている可能性は大いにあります。
使えるサービスを使わないのは非常に勿体無いことです。

早い段階から、どんなサービスがあるのかを
自分でも良いですし、家族でも良いので調べておくと
どんどんサービスを導入出来るようになります。

サービスによっては申請から1ヶ月以上経たないと使えないものもあります。
退院するタイミングでサービスが使用出来ないと、非常に生活が大変なものになってしまいます。

早い段階から様々なことを『自分達』で調べて行動しておくのがオススメです。

退院調整が早く行えるようになる

なお
なお
上記項目にも書きましたが、退院調整をするにあたっては、退院先の環境を整えなくてはなりません。早い段階からやる気やモチベーションを上げておくことで、退院に向けての行動が早くなり、早期に退院出来る可能性が高くなります。

病院というところは
急性期病院では『治療を終えたら退院』
回復期病院では『期限付きだったり、身体が整い、退院先の環境が整えば退院』
となることが多いです。

ゆっくり過ごしていると、身体の状態が整っていなかったり、帰る先の環境が整っていなかったりすることもザラにあります。

もちろん完璧とまではいきませんが
全てを病院任せにせず、早い段階で退院調整に関しても意見交換が出来れば帰ったあとが非常に楽になります。

・今、自分がどういう状況なのか

・今後どうしたいか

・家の中の生活で必要になるものを伝える

・施設にいくにしても、どんな施設にいきたいか

などを中心に医師、看護師、ソーシャルワーカー、リハビリスタッフに伝えられると
病気や怪我をおってもストレスなく過ごせるようになりますよ!

まとめ

ブログのまとめです。

やる気・モチベーションを上げることによって
・自発的に動け、様々な問題点を早い段階で解決出来る

・自分の行うことに対して工夫しながら進められる。そして、様々な人に聞ける

・自分の将来を早い段階で見据えて行動出来る

・適切なサービスを見つけやすくなる

・早く家に帰ることが出来る

今回のブログは
読む時期や読み手によっては非常にキツいことを言われているように感じるかもしれません。

多分、そう感じる人も多いのかなと思いながら書きました。
ただ、それでも書いた理由は、病気・怪我をおわれた人がより良い方向に進んでいって欲しいと思うからです。

社会は非常に冷たい場所でもあります。
受身的になっていると自分の望んでない方向へ進むことも多々あります。

そうはなって欲しくないと思い、今回のブログを書きました。

辛いのは本当に分かりますが
少しでもこのブログを参考にして頂き、今後の人生を輝くものにして欲しいです。

以上、本日のブログでした。
本日も観てくださっている方、本当にありがとうございました。また、時間がある時に気軽に観にきてくださいね!
そして、何かあればTwitter、お問い合わせから連絡下さいね!!!
1人で悩まず一緒に歩んでいきましょう!

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です