作業療法

作業療法士国家試験終了後から就職までの過ごし方|OT学生必見!

こんにちは!なおです!
このブログでは『心を軽くする方法』『医療』『作業療法』の3つを柱に情報発信を行っています。

ブログを通し、少しでもあなたの人生を良い方向に変えていけるようなお手伝いが出来るようになることが最大の目標です!ツイッターも積極的に活動しています。是非、様々な人と仲良くなれたら嬉しいです!

なお
なお
今回は、作業療法士国家試験終了後から就職までの過ごし方について5つご紹介していきます!

まずは長い間、本当にお疲れ様でした!
国家試験を乗り越えられた自分を全力で褒めてあげて下さい。
きっと力も全て出し切れたかと思います。後は合格を信じて待つのみです!!!

合格を信じて待っている間、現役作業療法士の立場から“後悔しない過ごし方”を紹介します。

良い4月を迎えられるように是非、参考にしてみて下さい!

作業療法士国家試験終了後から就職までの過ごし方


作業療法士国家試験終了後から就職までの過ごし方は、以下のようになります。

・最後の学生生活を満喫する

・思いっきり自分を癒す時間にする

・国試系のノートや教科書類の整理

・体調管理、健康管理をする

・解剖、運動、生理学はたまに見返す

です。

なお
なお
これらを意識して過ごすことが出来れば良い4月を迎えられること間違いなしです!

では、具体的にどういうことかを詳しく解説していきます!

最後の学生生活を満喫する

作業療法士国家試験終了後から就職までの過ごし方は、最後の学生生活を満喫するです。

なお
なお
学校を卒業するまでが学生です。学生生活を満喫しましょう!

学生だから出来る事は沢山あります。
社会人になってしまっては出来なくなってしまうことが沢山です。

学生時代に後悔を残さないようにする為にも充実させられるように行動していきましょう!

オススメの満喫方法は

・学割の効くところに積極的に出掛ける

・同級生との思い出を沢山作っておく

・会いたい人に会っておく

・学生時代の思い出まとめをしておく

・感謝を伝えられる人には感謝を伝える

です。

国家試験が終わってから就職するまでって長いようで短いんです。

就職するまで1分1秒無駄にすることなくアクティブに過ごすことをオススメします。
社会人になってからは、学生時代より時間を自分の為に贅沢に使うことが出来なくなってしまったりします。

年齢を重ねれば重ねる程、行動できる範囲も狭くなりますし、やりたいことも出来なくなってしまったりします。

なお
なお
社会人になると良いことも悪いことも自分でも予期しない様々な出来事の中過ごしていくことになります。

なので学生時代を思いっきり楽しんでおきましょう!
今まで散々頑張って来たのだから。1ヶ月ぐらい自分を解放して過ごしましょう!

思いっきり自分を癒す時間にする

作業療法士国家試験終了後から就職までの過ごし方は、思いっきり自分を癒す時間にするです。

なお
なお
とにかく遊び尽くしましょう!

あなたは、今までどんな出来事より頑張って来たんです!
しばらくは、そんなに頑張らなくても良いんです。

今までのストレスを全て発散させるかのごとく心も身体も解放していきましょう!

・今まで我慢して来たことをやる

・趣味を再開する

・美味しいものを食べにいく

・旅行に行く

・やってみたいことをやってみる

・マッサージに行く

・映画に行く

・Liveに行く

なんでも良いと思います。
自分を思いっきり癒す時間に当てていきましょう!

なお
なお
これでもか!ってぐらい自分のことを癒せると後悔なく4月から良いスタートダッシュが切れるようになります。

何事も中途半端ではダメですよ!
お金のことも基本的には気にしない方が良いです。

社会人になればすぐに元は取れます。
人に迷惑をかけないぐらいで思いっきり人生を楽しみましょう!

国家試験の結果も基本的には合格発表日まで何も考えないことをオススメします。
後ろ向きな考えは一切なしです!前だけを向いて過ごしていきましょう!

人生楽しんだもん勝ちですよ!

国試系のノートや教科書類の整理

作業療法士国家試験終了後から就職までの過ごし方は、国試系のノートや教科書、今までの資料などを整理するです。

なお
なお
同級生との時間を大切にしたり、自分を癒す時間よ取りつつ今まで使った資料や教科書を整理する時間も取りましょう!

国試系のノートや教科書、今まで使って来た資料。
目の前に山のように積まれている人、机周りに散乱している人。

いるかと思います。

なお
なお
自分も国試を受けた後、身の回りがグチャグチャだったのを思い出します。笑

4月に入る前に整理整頓はしておきましょう!
病院や施設に入職した後だと身の回りのものを整理する時間は中々取れなくなってしまいます。

それぐらい一気に忙しくなってしまうものです。

時間に余裕を持って整理整頓が出来るのは学生のうちだけです。
しっかりと整理整頓して新たな気持ちで4月を迎えられるようにしましょう。

グチャグチャのまま4月を迎えてしまうと、さらに身の回りがグチャグチャになる可能性もありますし、いつまで経っても過去のことを気にしていないと行けなくなります。

過去は過去。今は今。
気持ちを切り替える為にも目の周りは整頓しておきましょう!

断捨離です!
いらないものはどんどん捨てましょう!

社会人になるとまた新しいものを揃えたりして物に溢れます。
溢れて手に負えなくなる前にどうにかしていきましょう!



体調管理、健康管理をする

作業療法士国家試験終了後から就職までの過ごし方は、体調管理、健康管理をするです。

なお
なお
4月を迎えるまでに病気や怪我をしてしまってはもともこうもありません。体調管理、健康管理はしっかりと行いましょう!

国家試験が終わって弾けるのは良いことです。
積極的に弾けるべきだと思いますが、弾けすぎて体調を崩したり病院に入院するような怪我を負ってしまうのは弾け過ぎです。

そうならないように意識しながらは行動しましょう!

更に今はコロナが流行っている時期です。
4月を迎えるにあたって“コロナに感染しました”では、あまり職場に与える印象も良くなくなってしまいます。

最大限の配慮を行いながら楽しむ活動をしてください。

4月から働けないという状況は出端を折られます。
せっかく作業療法士として働いていくぞ!というモチベーションも折られます。

周りの同期との差もついてしまいます。

自分が4月から悲しい思いをしないようにする為にも体調・健康管理には気を払って過ごしてください!

それが国家試験を終えてからの大切な過ごし方になります。

解剖、運動、生理学はたまに見返す

作業療法士国家試験終了後から就職までの過ごし方は、解剖、運動、生理学はたまに見返すようにするです。

なお
なお
国家試験を終えても勉強かよ!と思われる方もいるかもしれませんが最低限の知識を保有していた方が4月から働きやすいです!これは断言できます!

4月から勤める環境は当たり前ですがバリバリに仕事をしている先輩作業療法士と一緒に働くことになります。

アルバイトなんて比べ物にならないぐらい厳しい環境に入っていきます。

学生の時みたいに“春を迎えれば足並み揃えてみんな一緒にスタート”という環境とは異なります。具体的に想像しやすく言えば先輩とクラスが分かれている訳ではありません。

いきなり先輩と同じレベルで授業を受けるということになります。
分かりません=勉強不足とすぐに判断されてしまう環境です。

先輩作業療法士は、1年目の何十倍・何百倍の知識と経験を保有しています。

そして1年目=国試の知識をしっかりと保有している人

と認識する人も多いです。

なので、入職したのに国試の最低限の知識がないという事は、先輩作業療法士からすると不信感に繋がってしまいます。

先輩に与える印象も悪くなってしまいます。
残酷ですが学生時代の実習の時のように優しくはないと認識していた方が良いです。

社会人1年目より実習生さんに対する接し方の方が断然、先輩作業療法士は優しいです。

先輩作業療法士の不信感につながらないようにする為にも最低限の知識を保有しておくようにしましょう!

国試が終われば全ての知識を忘れて良いといふうにはなりません。
その最低限の知識の中で患者さんに対応して行かなければなりません。

患者さんからしたら1年目でも10年目でも同じ“先生”です。

その責任の重さを理解しながら過ごせるようにする為にも知識はしっかりと保有しておくようにしましょう!

解剖、運動、整理。
これら3つさえしっかりと頭に叩き込んでおけば、応用なんていくらでも効きますよ!

社会人になるにあたって理解しておくべき大切なこと


このブログを見てくれている人が4月から後悔や失敗しないように少し厳しいことをお伝えしておきます!

社会人になると自ら学んで行かなければ誰も教えてくれない環境になります。

学生時代は、お金を払って学校に通い先生に教えてもらうという環境でしたが社会人になれば、あなたは誰にもお金を払う立場ではないですし、あなたお金をもらう立場になります。

なお
なお
先輩に教わるのも先輩にあなたがお金を出しお願いしている訳ではありません。

学校とは大きく違う場所がこれから働く場所になります。

社会人になれば周りにいる人との立場は対等です。
違いは経験を積んでいるか積んでいないかの差。勉強しているかしていないかの差。だけです。

新人教育に関しても先輩の忙しい業務の中タダで新人さんを指導をしてくれるというわけになります。先輩が新人に対して教えるのが当たり前ではないんです。新人に対して指導をした所で1円の稼ぎにもなりません。ただただ時間を消耗するだけなんです。

そのことを正しく理解しないと“なんで教えてくれないの”や“放置プレーに合っている”などの間違った考え方につながってしまいます。

なお
なお
大切なのでもう一度言いますね!

社会人になったら教えてもらえるが当たり前の環境ではありません。お金を払ってないから。自分から教えてもらえるように行動しないと誰も教えてくれません!

しっかりと理解し4月を迎えるようにしてください。
この認識があるだけでも4月から良いスタートダッシュを切れるようになるかと思います!

4月からは社会人として責任のある行動を


いかがだったでしょうか!?
作業療法士国家試験終了後から就職までの過ごし方|OT学生必見!と題してブログをまとめました。

やや後半は少し辛口の記事になってしまったかと思います。
全然、脅かすつもりはないんです。

この記事を見てくれた方が少しでも後悔しないように過ごして欲しいなという気持ちで記載させて頂きました。

ですのでしっかりと理解して頂ければ幸いです。

なお
なお
4月からは社会人として責任のある行動を取ってください。

目の前で起きていることは全てあなたの責任になります。
学生の頃のように何か起きたらバイザーに報告し対処してもらうという環境ではありません(もちろん重大なことが起きれば上司に報告するというのは必須ですが)。

自分でどうにかして行かなければなりません。
例えば患者さんが転んでしまったのなら自分で対処して行かなければなりません。
主治医や看護師、上司に自分で報告しなければなりません。

患者さんが苦しんでいるのであれば自分で早くどうにかして対処しなければ患者さんは確実に死に責任はあなたの責任になります。

学生時代のようにかばってくれる人は基本的にいません。

そこを理解しながら過ごせるようにしていきましょう!

やや暗い話ばかりになりましたが作業療法士になれば自分の考えで目の前にいる人を救うことも出来るようになります。

もっとこうすれば良いのに。ああすれば良いのに。ということも自分の力でどうにかしていくことも出来ます。

可能性は無限大です。

自分が努力した分はすぐに患者さんに還元することも出来ますし頑張れば頑張る程、多くの患者さんからも感謝されて自分の存在意義を強く感じれるようにもなります。

なお
なお
自己肯定感もうなぎのぼりで上がっていきます。

楽しい場面や楽しい環境も無限に広がっています。
作業療法士の資格でいろんなことにも挑戦が出来ます。

学生時代とは変わった楽しさ充実感を感じれること間違いなしです。

資格を取ってから資格を輝かせることもくすませることも出来るのは自分です。
資格を輝かせていく行動を取れるように日々努力を積み重ねていきましょう!

4月からは可能性は無限大です!
可能性をどんどん広げていけるように行動しましょう!

以上、本日のブログでした。
本日も観てくださっている方、本当にありがとうございました。また、時間がある時に気軽に観にきてくださいね!
そして、何かあればTwitter、お問い合わせから連絡下さいね!!!
1人で悩まず一緒に歩んでいきましょう!

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。