リハビリコラム

急性期病院で用いる医療用語

こんにちは!なおです!
このブログは『医療のこと』『生きための知恵』を柱に人生頑張っている方に向けて情報発信をしていくブログです!
ブログ×ツイッターを通し様々な方と楽しみながらコミュニケーションを取れればなと思っています!

 

 

 

 

みなさんどうお過ごしですか?お元気ですか?

先日、Twitterのフォロワーが700人を超えたのと、このブログもこの記事で30記事目になります!
ここまで継続出来ているのも、みなさまがいたお陰だと思っております。

自分と関わってくれている方、本当にありがとうございます!
みなさまの声一つに励まされながら活動を続ける事が出来ています。

ここから、また気持ちを引き絞って有益な情報を発信していく事や悩み相談など行なって行けるように努力していきたいと思います。
引き続き、OTクローバーをよろしくお願いします。

はい!本日も本題に入っていきたいと思います!
本日は『急性期病院で用いる医療用語』に関してまとめていきたいと思います。

病院では、英語ドイツ語の医療用語を用いて患者さんや家族に直接意味が理解されないようにすることや、医療者同士のコミュニケーションを円滑に測るために用いられる事が多いです。

そんな医療用語!
今回のブログでは内容を知りたい、新人の医療従事者で勉強をしたい、知識を深掘りしていきたいと思われている方にオススメです。
医療用語・日本語・例文の順で記載したいと思います。

最後までお付き合いしていただけたら嬉しいです。

日常的な医療用語

『ENT』 Entlassen
日本語で退院を意味します。
例:○○さん明日ENTだから、書類まとめておいて〜。っと使われます

『DNAR』do not attempt resuscitation
日本語で蘇生措置が不要の意思を意味します。
例:○○さんDNARだから、急変時などの対応は知っといて!と使われます

『ムンテラ』mund therapy
日本語で病状説明を意味します。
例:17時から○○さんムンテラ入ってるから、家族がきたら連絡して。と使われます

『アナムネ』anamnesis
日本語で問診を意味します。
例:10時に新患上がって来るから、バイタルとアナムネとっといて。と使われます

『ステる』sterben
日本語で死亡を意味します。
例:○○さん昨日の深夜にステったんだよ。え、急にだったね。と使われます

循環器系の医療用語

『アポる』apoplexy
日本語で脳卒中になるを意味します。
例:昨日○○さんアポったんだよ。今の状況はJCSⅡ桁で右上下肢に不全麻痺がある状態。と使われます

『SAH→ザーと読みます』subarachnoid hemorrhage
日本語でくも膜下出血を意味します。
例:○○さん、既往にSAHがあります。と使われます。

『サイナス』sinus rhythm
日本語で洞調律や基本洞調律を意味します。
例:○○さんの心電図サイナスだから問題なさそうだね。と使われます。

『タキる』tachycardia
日本語で頻脈を意味します。
例:○○さんタキってるから○○先生に連絡して対応を聞いときます。と使われます

『アレスト』arrest
日本語で心停止を意味します。
例:脈が段々延びてきてるね。そろそろアレストになるかもしれないから家族と主治医に連絡しといて。と使われます

『ECG』electrocardiography
日本語で心電図を意味します。
例:心臓リハビリの後、ECGとるから準備しといて。と使われます

整形外科系の用語

『BHA』Bipolar Hip Arthroplasty
日本語で人工骨頭置換術を意味します。
例:明日BHAの手術が入ってます。と使われます

『THA』Total Hip Arthroplasty
日本語で全人工股関節置換術を意味します。
例:股関節が変形してますね。THAという手術をします。と使われます。

『TKA』Total Knee Arthroplasty
日本語で人工ひざ関節善置換術を意味します。
例:TKA術後で腫れが強いと思うので疼痛が強く出現しない範囲でリハビリお願いします。

『UKA』Unicompartmental Knee Arthroplasty
日本語で単顆人工膝関節置換術を意味します。
例:膝の変形はそんなに悪くはないのでUKAで行きましょう。と使われます。

『LCS』lumbar spinal canal stenosis
日本語で腰部脊柱管狭窄症を意味します。
例:LCSがあるから跛行が出てますね。と使われます。

『HD』herniated intervertebral disc
日本語で椎間板ヘルニアを意味します。
例:HDに対してLOVE法を行います。と使われます。

『CSM』cervical spondylotic myelopathy
日本語で頚椎症性脊髄症を意味します。
例:CSMにより手に痺れが出ています。又ミエロパチーハンドもあります。と使われます。

『CSR』cervical spondylotic radiculopathy
日本語で頚椎症性神経根症を意味します。
例:MIRにて神経根が圧迫されてますね。CSRですね。と使われます。

『OPLL』ossification of posterior longitudinal ligament
日本語で後縦靭帯骨化症を意味します。
例:OPLLなので難病申請をしましょう。と使われます。

『OA』osteoarthritis
日本語で骨関節症、変形性関節症を意味します。
例:股関節のOAが強いですね。THAをやりましょうか。と使われます。

『RA』rheumatoid arthritis
日本語で関節リウマチを意味します。
例:もともとこの方はRAがあり、手が変形しています。と使われます。

リハビリ系の医療用語

『ADL』Activities of Daily Living
日本語で日常生活動作を意味します。
例:○○さんのADL評価をお願いします。と使われます

『IADL』Instrumental Activities of Daily Living
日本語で手段的日常生活動作を意味します。
例:○○さんADL問題ないね。じゃあ、次はIADLを評価していかないとね。と使われます

『MMT』Manual Muscle Test
日本語で徒手筋力検査を意味します。
例:学生さん、明日はMMTとってみようか。と使われます。

『ROM』Range of motion
日本語で関節可動域を意味します。
例:かなり、拘縮してますね。現状のROM測っておきましょう。と使われます

『BRS又はBr-stage』Brunnstrom Brunnstrom stage
日本語で片麻痺回復段階を意味します。
例:○○さん、大分右手と右足が動くようになったね。BRSもう一度測ってみようか。と使われます。

『HDS-R』Hasegawa dementia rating scale-revised
日本語で改定 長谷川式簡易知能評価スケールを意味します。
例:○○さん認知の低下がありそうですね。HDS-Rを取っておきましょう。と使われます。

『MMSE』Mini Mental State Examinatio
日本語で精神状態短時間検査を意味します。
例:失語症の方がいらっしゃいますね。一度MMSEを取っておきましょう。と使われます。

『QOL』Quality of life
日本語で生活の質を意味します。
例:○○さんのQOLを上げていく為に今必要な事は何だろう。と使われます

おわりに

いかがだったでしょうか?
まだまだ、医療用語ってたくさんありますが、現場でよく聴く単語をまとめて見ました。
お医者さんや看護師さんの言っている意味が良く分からないと言う方は、このブログを見て頂けると、いくつかは理解できるかもしれません。
この機会に少し『医療用語』に触れて頂き、興味を持って頂けれると幸いです。

また、新人さんや知識を深掘りしたい方に関しては即日から意味が分かる、使える用語になっているかと思います。
是非是非、知識を深めて頂き日々に役立ててもらえればと思います。

以上、本日のブログでした。

このブログでは、リハビリ、介護、健康に関して困っている、悩んでいる方が気軽に相談できる場、情報を得られる場を目指しブログを行っていきたいとおもっています。
何かに悩まれている方がいらっしゃれば、どんなん小さな事でも構わないので1人で悩まずコメントでもなんでも良いので連絡くださいね。なにかしらの力添えはできるかと思いますので。

本日も観てくださっている方、本当にありがとうございました。また、時間がある時に気軽に観にきてくださいね!



COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です