医療コラム

新型コロナウイルスによって病院で起きているリアルをお伝えします!

こんにちは!なおです!
このブログは『医療現場で得た後悔しない為の生き方』『作業療法学生と若手に作業療法の考え方』『生活と暮らし』を柱に人生頑張っている方に向けて情報発信をしていくブログです!
ブログ×ツイッターを通し様々な方と楽しみながらコミュニケーションを取れればなと思っています!

なお
なお
今回は、新型コロナウイルスの流行に伴い病院で起きているリアルをお伝えしていきます!

新型コロナウイルスが流行してから病院では、様々な変化が起きています。
実際にどんな変化が起こっているのかは中々わからないものだと思います。
なので、今回は、病院で勤務する立場からいくつか皆さんにお伝えしていこうと思います!

この機会に病院では、どんなことが起こっているのかを知って頂き周りに人とも共有して頂ければ医療従事者も患者さんも救われます。

医療従事者の立場から言えることは“とにかく感染しないことに越したことはない”です。

どうか新型コロナウイルスに感染しないように行動して下さい。
感染対策方法が知りたい方は、以下の記事にもアクセスしてみて下さい。

【医療者の立場から】新型コロナウイルスを防いでいく為に行うことこんにちは!なおです! このブログは『医療のこと』『生きための知恵』を柱に人生頑張っている方に向けて情報発信をしていくブログです! ...

では、書いていきます。
是非、最後まで目を通して頂ければ嬉しいです。

新型コロナウイルスによって病院で起きているリアル


新型コロナウイルスによって病院で起きているリアルをいくつかお伝えしていきたいと思います。

病院では

・入院制限、手術制限

・病院でコロナ陽性者が出たらその都度、関係スタッフ・患者全員PCR検査

・入院患者への医療的支援、援助の質の低下

・医療従事者の時間外勤務増加

・医療従事者への強い行動制限

が起きています。

これらにより、これから入院しようとする患者さん、緊急で入院しなければならない患者さん、入院中の患者さん、医療従事者・スタッフすべてに強い負担が掛かっています。

なお
なお
増える感染者数、軽症〜中等症で済んでいるから(命には大きく関わらない)と軽視されてしまっては医療の現場がもちません。

是非、この機に病院のリアルを知って頂きご自身の行動1つ1つに気を使って行動して頂ければと思います。

あなたの行動一つで救われる人は大勢います。

では、上記の項目1つずつ深く解説していきます!

入院制限、手術制限

新型コロナウイルスによって病院で起きているリアルは、入院制限、手術制限です。

なお
なお
これは、報道などで聞いたことがある方も多いかと思います。入院制限、手術制限は、各病院シビアに行なっています。

病院関係者や入院患者さんの中から新型コロナウイルス感染者が1人でも出てしまった場合、即病棟閉鎖や手術の延期などが起こります。

これはどこの病院でも概ね対応は一緒かと思います。

そして病院内における感染者が2人、3人と増えてしまった場合、新規入院患者さんの受け入れ停止(コロナ感染者を除く)、予定手術の先延ばしがどんどん起きてきます。

それによって

・コロナ以外で入院したい人が居ても入院出来ない

・緊急を要する状態でも受け入れまでに時間がかかる

・手術を受けたくても受けれない

・手術を受けられなくなり苦しい思いをする人が増える

・病院全体の売り上げが落ち閉院に追い込まれる

・医療従事者への給料、賞与が大幅にカットされる

など患者さんにとっても病院にとっても医療従事者にとっても苦しい思いを強いられます。

基本的に病院関係者の感染経路は、市中感染か院内におけるコロナ陽性者に関わったことによる感染が多く、入院患者さんにおいては面会の時に外部から来た人の持ち込みや医療従事者からの感染が主です。

医療従事者も患者さんに会いにくる人達も流行時期における行動は、本当に慎重に行っていく必要があります。

あの時、こうしておけばよかったと後悔しない行動を心掛ける必要があるかと思います。

病院でコロナ陽性者が出たらその都度、関係スタッフ・患者全員PCR検査

新型コロナウイルスによって病院で起きているリアルは、病院でコロナ陽性者が出たらその都度、関係スタッフ・患者さん全員PCR検査を実施しています。

なお
なお
医療従事者だろうが事務だろうが患者さんだろうが1人でも感染者が出た場合、関係した全ての人を徹底的に検査を行います。

PCR検査は、鼻の奥に棒を突っ込みグリグリと鼻の奥の細胞を取ってくる検査になります。
受けたことにある方はわかるかと思いますが検査って“痛い”ですよね。

涙が出ますし、検査の後は血の味がするような感じになりますよね。

病院内において感染者が出てしまった場合、そのPCR検査を毎回、毎回行います。
これもどの病院も基本的には同じかと思います。

陰性証明する為に感染者が出る度に何度も何度も鼻に棒を突き刺すんです。

なので感染者が出たと報告が入れば医療従事者・スタッフはゲンナリですし、患者さんにもその都度、痛い思いをさせてしまうことになります。

病院内においての感染は、非常に厳しくチェックされます。
その理由として

・医療従事者、病院スタッフが感染媒体になってはいけない

・免疫力の低い人が多くいる(患者さん)ので重大な医療事故になる可能性がある

・クラスターとなりやすい

ことが挙げられます。

医療従事者は、病院スタッフ同士や患者さんを苦しめさせない為にも自分の行動には責任を持って行動していくべきだと感じます。

面会に来られる方は、本当に必要最低限・必要最低時間だけ面会することや流行時期には面会しないなどを心掛けて行動することで医療従事者や入院している患者さん全員を救うことになります。

1人1人の責任ある行動が病院全体を救うことになります。

入院患者への医療的支援、援助の質の低下

新型コロナウイルスによって病院で起きているリアルは、入院患者さんへの医療的支援、援助の質の低下です。

なお
なお
病院内で新型コロナウイルス陽性者が出てしまうと感染者に注意が一気にいきます。医療従事者は、いかにクラスターを作らないかに全集中していきます。その結果、医療的支援、援助の質の低下を招いてしまうことになります。

具体的にどういうことが起きるかというと

・病棟スタッフがコロナ病棟へ派遣され一般病床の人手不足が生じる

・食事や薬、清拭や入浴の時間が遅れたり後回しになったりしてしまう

・医師が実施する医療的処置が遅れる

・外出、外泊制限が掛かり退院に向けての準備が遅れる

・外部からの人が病院に入れないのでサービス調整が遅れる

・リハビリを受けれる人が限定化されていく

などの問題が生じてきます。

早くケアを受けたくても受けれない、早くご飯が食べたくても食べれない、早く処置や点滴をして欲しくても中々してくれない、薬がいつまで経っても届かない、いつまで経っても家に帰れない、リハビリを受けたくても受けれない。

そういう状態になります。

病院内において新型コロナウイルス感染者が出てしまうことは、医療従事者にとっても入院患者さんにとっても何もメリットになることはありません。

絶対に院内での感染は起こしてはいけませんし、少しでも入院している人や入院している友人・家族に質の高い医療的支援、援助を受けてもらいたいと思うのであればウイルスを院内に入れないということが大切になります。



医療従事者の時間外勤務増加

新型コロナウイルスによって病院で起きているリアルは、医療従事者の時間外勤務増加です。

なお
なお
医療従事者は、ヒーヒーフーフー言いながら働いています。

新型コロナウイルス感染者が増えてしまったことで確実にどこの病院の医療従事者も時間外労働は増えています。

医療従事者の本音として、時間外労働は増えているのに年収がどんどん下がっていく現状はかなりメンタルに来るものがあります。

では、なぜ時間外労働が増えてしまうのかというと

・病棟調整が必要になる
(感染している人としていない人を分ける作業)

・コロナ患者さんのケアに時間が多く掛かる

・受け持ちや担当調整、変更がある

・欠勤者のフォローに回らないといけなくなる

・1から支援方法を考えなおすことが多くなる

・患者さんが退院出来ない為、受け持つ患者さんが増える

などがが挙げられます。

定時を過ぎても患者さんと向き合っていたり、カルテ記載業務をずっとパソコンと睨めっこしながら過ごしている医療従事者は多いです。

なお
なお
帰りたくても帰れないという状況が強制的に生まれています。

これにより医療従事者が疲れ果ててしまい離職が進み、さらに人手不足となり業務量がどんどん増え医療従事者のメンタルをどんどん追い詰めている状態になっています。

時間外労働により残業代はもらえますが昇級の停止、賞与の減額・カットによって年収も上がらない仕組みとなっています。

非常に過酷の中で医療従事者は働いています。

新型コロナウイルス感染者を増やさないこと。
これが医療従事者を最も救う方法になります。

医療従事者への強い行動制限

新型コロナウイルスによって病院で起きているリアルは、医療従事者への強い行動制限です。

なお
なお
過酷な業務に加えて過酷な行動制限もあります。 

自由に行動できない医療従事者も多いです。
各、病院で様々な行動指針が示されていますが大方同じ項目だと思われるのは

・家族以外との食事は不可

・他県を跨ぐ行動は不可

・3密となる場所への出入り不可

・黙食の徹底

・毎日の検温の徹底

・体調に異変が少しでもあれば発熱外来を受ける

・冠婚葬祭も控える

などが主に挙げられているかと思います。
他にも各病院でさらに厳しい行動制限を取っている所もあるかと思います。

これにより医療従事者が思いっきりストレス発散をしずらくなっている現状があります。

過酷な勤務に加えて過酷な行動制限のもとで働いていては身も心もボロボロです。
それが2年以上も続いているとなると、中々えぐいものがありますよね。

新型コロナウイルスを軽視せず感染しない行動をどうか心掛けてください!
そして、どうか少しでも医療従事者を救って頂けるとありがたく思います。

世間が思っている以上に医療現場はヤバい!


病院で起こっていることは報道などで発信されていますが、見えて来るのは表面的な所だけです。

裏では

・非常に緊張感が高い現場になっている

・適切な医療提供が行えていない

・適切な医療提供が行えないことにより困っている患者さんが沢山いる

・医療従事者が疲弊している

・病院が潰れるか潰れないかの瀬戸際

な状態になっています。

インフルエンザのようにワクチンも薬も整い、比較的季節性に限局される病気ならまだ良いのですが新型コロナウイルスは現状そうではありません。

感染者が増えれば増える程、医療現場の混乱がどんどん、どんどん大きくなっていきます。

少しでも適切に医療を受けられる人を増やせるようにすることや医療従事者もモチベーション高く働いていけるようにする為にも感染予防対策をしっかりと行っていくことは非常に大切だと言えます。

みんな感染しているのだから自分だって感染したって大したことない。
もう、感染してしまっても仕方がない。
別に感染なんて気にしなくていいでしょ。

など思わずに行動してください。

結局、新型コロナウイルスに感染してしまったらそれなりの人達が動き考え行動していかなければならなくなります。

なお
なお
たとえ軽症や自宅療養レベルであっても人員は取られてしまいます。

新型コロナウイルスに感染しないことが一番、物事を平和に収めていきます。
どうかもう一度、自分の考えを整理して新型コロナウイルスに感染しない行動をしてください!

それが周りに回っていろんな人を助ける行動になります!

とにかく感染しないこと!それが1番!


いかがだったでしょうか!?
新型コロナウイルスによって病院で起きているリアルをお伝えします!と題してブログをまとめてきました!

なお
なお
とにかく感染しないこと!それが1番なんです。

入院している患者さんにとってもそうですし、医療従事者・病院関係者にとってもそうですし、自分自身(あなた自身)にとってもそうです。

感染してしまえば、それなりの不自由は生じます。
周りの人にも迷惑をかけてしまうことは間違いありません。

自分の収入が減ってしまったりもするかもしれません。
会いたい人に会えなくなってしまうかもしれません。

人生が一変してしまうかもしれません。

様々なリスクを考えた時に一番良い方法は、やはり感染しないことなんです。
繰り返しになりますが、どうか新型コロナウイルスに感染しない行動を心掛けて下さい!

過去も未来も後悔しない行動を取って下さい!

以上、本日のブログでした。
本日も観てくださっている方、本当にありがとうございました。また、時間がある時に気軽に観にきてくださいね!
そして、何かあればTwitter、お問い合わせから連絡下さいね!!!
1人で悩まず一緒に歩んでいきましょう!

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。