10〜30代必見記事

仕事が終わらない人が改善するべきポイントを紹介!

こんにちは!なおです!
このブログは『医療現場で得た後悔しない為の生き方』『作業療法学生と若手に作業療法の考え方』『生活と暮らし』を柱に人生頑張っている方に向けて情報発信をしていくブログです!
ブログ×ツイッターを通し様々な方と楽しみながらコミュニケーションを取れればなと思っています!

あー今日も仕事が終わらない。周りは自分より早く帰っているのに何で自分だけが帰れないんだろう。仕事量が多いのかな?効率が悪いのかな?うーん。分からない。早く帰れる人はいいな〜。どうすれば早く帰れるんだろう?

仕事をしているとそんな悩みを持たれる人も多いのではないでしょうか?
今回は、仕事が終わらない人が改善するべきポイントをまとめていきたいと思います!

なお
なお
自分の話になりますがここ数年は、ほぼ定時に家に帰っている人間です。

自分の経験談も交えながらお伝えしていきますので、きっと参考になるかと思います!
最後まで目を通して頂き、早く仕事を終わらせて自分の時間を多く作っていきましょう!

仕事が終わらない人が改善するべきポイント

では早速、仕事が終わらない人が改善するべきポイントをお伝えしていきます!
以下の事を実践してみてください!

・物事を引き受け過ぎていないか確認

・効率の悪い進め方をしてないか確認

・昼休みを無駄に使ってないか確認

・周りを気にし過ぎてないか確認

・場合によっては朝を有効活用してみる

です。
さらに上記の事を詳しく解説していきたいと思います!

物事を引き受け過ぎていないか確認

仕事が終わらない人が改善するべきポイントとしては、物事を引き受け過ぎてないか確認することが必要です。

自分1人で抱え込み過ぎていませんか?

・自分がやりますを多様してませんか?

・誰でも出来る仕事を自分だけでやってませんか?

・後輩の分までやってませんか?

・我慢して仕事を引き受け過ぎてませんか?

・何個もプロジェクトを抱え込んでませんか?

全部を全部自分1人でこなしていくのは不可能に近いです。
同僚に振り分けることや後輩に振り分ける事をして自分1人で抱え込み過ぎないことが大切です。

仕事を押し付けるのではなく同僚・後輩の評価が上がりそうな仕事を譲ったり後輩が成長出来そうな業務に関しては頼むなどをして自分の仕事の負担を軽くしていきましょう!

なお
なお
先輩だから我慢してやる。同僚に任せるわけには行かない。なんて思うのは早い段階でやめてしまいますしょう!

適切に仕事を振り分けることは会社全体の利益にも繋がります。
自分のところど仕事が捌き切れないと作業が滞り物事が前に進まなくなってしまいます。

それを防ぐ意味でも抱え込み過ぎているものはみんなで行うのが一番ベストです!
そうすることにより仕事を早く終わらせることも出来るようになりますよ!

効率の悪い進め方をしてないか確認

仕事が終わらない人が改善するべきポイントとしては、効率の悪い進め方をしていないか確認することが必要です。

仕事中、無駄なことをしてませんか?

・ケータイをいじる

・ネットサーフィンをしている

・空き時間をぼーっと過ごす

・うとうとしてしまう

・雑談してしまう

今、挙げたもの全て仕事中にはいらない時間になります。

これらを行なっているとどんどん時間がなくなっていきますし仕事を進めるにあたって効率の悪い時間の過ごし方になってしまいます。

なお
なお
やっている方がいればやめてみましょう!時間を大幅に残すことが出来ますよ!

また、まとめて行えば一度で終わることなのに確認作業を怠り何度も何度も同じ作業をしてしまったり、書類提出に関してもまとめて行えば一度で終わるものを確認不足が故に部署移動を何回も何回もしてしまうのも効率が悪いですよね?

事前に確認作業をしっかりと行い一度で作業全てを終わらせるように意識して行動出来ると効率よく物事を進めていくことが出来ます。

効率よく物事が進められれば、その分早く帰れるようになります。
全てにおいて自分の時間を増やすことが出来るので仕事の効率性と言うものは常に考えてみましょう!!!



昼休みを無駄に使ってないか確認

仕事が終わらない人が改善するべきポイントとしては、昼休みを無駄に使っていないか確認する必要があります。

パソコン業務がある方は、外に食べにいく・外にご飯を買いに行くは大幅な時間ロスになります。事前にコンビニでご飯を買っておくかお弁当を持参してデスクで食べることが仕事の効率性を上げます。

なお
なお
よくを言えば午前中の仕事は午前中のうちに終わらせてしまうのが理想です!

どの企業もだいたい休憩時間は12-13時が多いかと思います。
最初の30分はご飯を食べながら午前中の仕事を同時進行し終わらせてしまう。
残りの30分は昼寝の時間に使い午後からスッキリした気持ちで業務に取り組めるようにする。

これが行えると格段に物事が捗るようになります。
自分も実践しているので非常にオススメの方法です!

周りを気にし過ぎてないか確認

仕事が終わらない人が改善するべきポイントとしては、周りを気にし過ぎていないか確認する必要があります。

こんな風になってませんか?

・周りが帰ってないのに自分だけ帰るわけには行かない

・先輩、上司より早く帰るわけには行かない

・忙しそうだから何か手伝わないと

この考え方では、いつまで経っても早く仕事を終えることは出来ません。
自分の業務が終わればそこで終わりで良いんです。

なお
なお
過剰に周りを気にする必要はありません!

時間というのはと同じです。
自分の大切なを他人の為に捧げる必要はありません。

少し冷たいように聞こえるかもしれませんが

・仕事終わった。周り忙しそう。まぁ関係ない。帰ろ

・上司頑張ってるな。でも関係ないから帰ろ

で良いんです。

自分の仕事だけきっちり行なって、とっとと帰りましょう。
職場に長く滞在する程、違う仕事が降ってくる可能性が高くなってしまいます。

無駄な仕事を振られないうちに帰りましょう!

場合によっては朝を有効活用してみる

仕事が終わらない人が改善するべきポイントとしては、場合によって朝を有効活用してみるのも手です。

朝、少し早く出勤して出だしを整えておく。
朝からみんなより少し早く仕事を始めて夕方は早く帰る。

なお
なお
これも1つの工夫になるかと思います!

朝は脳が疲れていない状態です。
作業も昼間に比べて捗る可能性は高いです。

事務作業中心の作業になるかと思いますが周りの人より早く仕事を始めることが出来るので必然的に早く帰れます。

朝活と思って取り組めると良いかもしれませんね!

いかに早く終わらせるかだけを考える

仕事が終わらないという人は、いかに早く仕事を終わらせられるかだけに集中しても良いかと思います。

・○時には帰る

・昨日より1時間早く帰る

・誰でも出来そうな作業は振り分ける

・朝早く出勤して夕方は定時で帰る

・効率の良い方はどっちか考えながら物事を進める

無意識に過ごしていても仕事を早く終わらせることは出来ません。

しっかりと仕事を早く終わらせることに集中して作業を行なっていく事でだんだんと自分の思う時間で仕事を終わらせられるようになります。

なお
なお
なるべく他人の仕事に巻き込まれないというのも大切ですね。

どうしてもやらなければ他の人に迷惑をかけるという状況なら仕方ありませんが目標に対して達成出来ない仕事は基本的には引き受けない。

自分の目標に対して達成可能範囲の仕事は引き受ける。
それで良いと思います。

自分のキャパ以上に物事をやろうと思うから仕事が終わらなくなります。
自分のキャパをしっかりと知り、その上で仕事をしていくことが仕事を早く終わらせるポイントになるかと思います!

残業=無駄な時間

いかがだったでしょうか?
仕事が終わらない人が改善するべきポイントを紹介!と題してブログをまとめてまいりました。

残業=お金がもらえてラッキ

ではなく

残業=無駄な時間です。

お金がいくらあったて自分の時間が充実しなければ意味がありません。
お金を稼いでも使う場面がなければ意味がありません。

いつか使う為のお金だから貯めておこう。
そう言っている間にどんどん歳を取って動けなくなったら元もこうもありません。

お金より自分の人生の質を上げられるように過ごして行った方が人生の満足度は上がって行きますよ!

ぜひ、上記の記事を参考にして頂き仕事を早く終わらせて自分の時間を多く作って行きましょう!!!

このブログを読んでくれた方が早く仕事を切り上げられるようになり人生の満足度が上がって行きますように!

以上、本日のブログでした。
本日も観てくださっている方、本当にありがとうございました。また、時間がある時に気軽に観にきてくださいね!
そして、何かあればTwitter、お問い合わせから連絡下さいね!!!
1人で悩まず一緒に歩んでいきましょう!

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です