医療コラム

夏バテ対策を行いバテない身体を作っていこう

こんにちは!なおです!
このブログは『医療のこと』『生きための知恵』を柱に人生頑張っている方に向けて情報発信をしていくブログです!
ブログ×ツイッターを通し様々な方と楽しみながらコミュニケーションを取れればなと思っています!

先日、Twitterのフォロワーが300人を超えとても嬉しく思っています!
少しでも多くの方に自分の存在を知って頂き、悩み相談が出来る場がある事や情報が得られる場があるという事を知って貰えると嬉しいなと思います。

まだまだ、ブログ、Twitter活動も頑張っていきたいと思います。
初心者ながら日々奮闘していきますので、これからも、こんなOTクローバーをよろしくお願いします!!!

では、本日のお題は「夏バテ対策」です。
まだ、夏本番ではありませんが、真夏が来る前に正しい対処法を知っておく事で、バテにくい身体にしていく事が出来るのではないかと思いお題選定してみました。
最後までお付き合いしていただけると嬉しいです!では、どーぞ!!



夏バテとは

夏バテとは、高温多湿の中で活動する事により自律神経の動きが乱れて、身体の不調を生じる症状の総称を言います。
昔呼ばれていた「夏バテ」と現代呼ばれている「夏バテ」は意味合いが違うっていう事、みなさんご存知ですか?

昔呼ばれていた夏バテとは

炎天下の中で作業、運動、仕事を行う事により、体内温度が上昇します。
その事により人間は汗をかき、体温を下げようとします。

大量の汗というものは、体温を下げるだけではなく、身体の中にある大切なミネラルや
ナトリウムという物質も同時に排出してしまいます。
その結果、脱水傾向になりバテてしまうという現象が起きてました!

現代の夏バテとは

現在の夏バテと言われるものは、交感神経、副交換神経の切り替えが上手く行かなくなる事によるバテが多いと言われています。
いわゆる自律神経系の乱れという事ですね。

現代は、室内は涼しく、外はものすごく暑いという環境が出来上がってしまっている状態です。
そんな環境の変化に人の身体が追いついていけず、体温調節が出来なくなり、バテるという事が多いです。

もちろん、両者共に起こりうるとは思いますが、バテる原因を知っていく事で正しい対策が行えると思います。少しでも参考になれば幸いです!!!

次は、夏バテの症状に関してまとめていきたいと思います。

夏バテの症状

では、夏バテの症状とはどのような物があるのでしょうか?
なんとなく、みんさんご存知かとは思いますが、改めて確認して頂ければと思います。
こんな症状が日常で起きたら「夏バテ」なんだなと思って頂ければと思います。
そして適切な対処を迅速にして頂ければと思います!!!

・全身の倦怠感や疲れが取れない

・意欲の低下:やる気が起きない、集中が出来ない

・食思不振:重症の場合は、物が喉を通らなくなります

・吐き気、嘔吐:絶えず胃のムカつきや、ひどい場合には吐いてしまう事もあります

・下痢や便秘:自立神経が乱れると内臓系も乱れてしまいます

・イライラする:無駄にイライラしたり、些細な事でも怒りやすくなります

・ぼーっとする:ぼんやりとしてきます。ふらふらもしてきます

・めまいや立ちくらみ:脱水による循環不良に伴う症状です

・頭痛:体内温度の上昇、循環不良に伴う症状です

・手足がむくむ、しびれが出たりする:脱水症状です

上記の症状が出現してきます。かなり辛い症状ばかりです。
ぜひ、知っておいて欲しい症状です!!!

次は対策に関して考えていきます。

夏バテ対策

では、夏バテ対策はどのようにしていけば良いかを書いていきたいと思います。

炎天下での作業、運動、仕事の時間を短くする

まずは、これですよね。
炎天下の中で長時間滞在してしまうと、脱水となってしまうリスクがどんどん上がっていきます。

数時間おきに、室内に入ることや水分補給を行い脱水予防を実施していく必要があります。
脱水予防には水分摂取や身体を冷やすことが重要です。

水分に関してお「水」「コーヒー」「緑茶」ではダメです。ミネラルが取れないからです。
スポーツドリンク麦茶が最適かと思いますので摂ってみて下さい。

室内での過ごし方に注意する

室内外の温度差が5℃以上になると自律神経が乱れると言われています。
家などにいるのであれば、エアコンでガンガンに室内を冷やすのではなく、その日の天候により室内の温度を決めるように心がけて頂くと良いかと思います。

職場や出先でどうしても冷えてしまう環境にいるのであれば、「上着を着る」「ブランケットをかける」「靴下を厚くする」など、室内でも「冷え」対策を行うようにすると良いかと思います。

その他にもエアコンの風が直接当たらないようにすることやこまめにスイッチを切ったり入れたりするようにすることも対策かと思います。

栄養素の高い食事を取るようにする

夏バテにより、食欲不振に陥ってしまうと栄養が大きく欠如する場合があります。
量が食べれないのであれば、質の高いご飯を食べていき、日中活動してもバテない身体作りをしていきましょう!

特に良いとされている食べ物は、「玄米」「豚肉」「豆類」「ねぎ」「うなぎ」などの高タンパク、高エネルギーの物が良いです。
その他にもミネラルやビタミンを含む「柑橘系の果物」「キュウイフルーツ」などが良いです。

パッと今自分が思いつく夏バテ対策料理は「生姜焼き」や「ゴーヤチャンプル」「夏野菜カレー(ひき肉多め)」などが思い浮かびました。笑

良質な睡眠をとる

良質な睡眠をとることで夏バテ対策になります。
夏バテは自律神経の乱れとお伝えしましたが、基本的には「交感神経優位な状態」となっている事が多いです。

その為、交感神経を落ち着かせて「副交換神経優位にする」事は対策としてとても良いことだと思います。

良質な睡眠をとり疲れをとるという事にも繋がります。
では、良質な睡眠はどのように取れば良いのでしょうか?

方法としては
・38~40℃のぬるま湯のお風呂に20分程度浸かるようにする(半身浴で行なって下さいね)
こうする事でリラックス効果を得ることができ、副交感神経優位にすることができます。

・寝る前の飲酒を控える
寝酒は睡眠の質を落とします。副交感神経優位とはなりません。交感神経優位となってしまいます。
中途覚醒してしまったり、レム睡眠、ノンレム睡眠のバランスが崩れてしまいます。
寝酒はすぐ寝れるかとは思いますが『質の悪い睡眠』になってしまうので注意して下さい。

・寝る前のスマホを控える
これも、せっかく上記を守って副交感神経優位にしたのに、寝る前にスマホを行なってしまうと「光」によって交感神経優位に入ってしまいます。
寝る30分か1時間前には過剰な刺激を入れずに『ストレッチ』などを行いながら睡眠につくことオススメします。

対策としては、以上のことが考えられると思います。
他にも寝る前にアロマを使用しリラックスするのも良い手だと思います。
良い匂いを嗅ぎながら寝ることは副交感神経を優位にします。

良質な睡眠をとる方法は様々あります。ぜひ、試してみて下さい。

おわりに

はい!!!夏バテ対策に関して書いて来ました。
記事を書きながら、自分も改めて「夏バテ」に対する復習をすることが出来ました。

現代社会は「ストレス社会」と言われているなか、「夏バテ対策」は、少しでもストレスを自分に与えない為の対処方法になるのではないかと思います。
暑い夏がこれからやってきます。この記事を読んで頂き
手くみなさまが『夏』を乗り切って頂ければ良いなと思います。
以上、本日のブログになります。

このブログでは、リハビリ、介護、健康に関して困っている、悩んでいる方が気軽に相談できる場、情報を得られる場を目指しブログを行っていきたいとおもっています。
何かに悩まれている方がいらっしゃれば、どんなん小さな事でも構わないので1人で悩まずコメントでもなんでも良いので連絡くださいね。なにかしらの力添えはできるかと思いますので。

本日も観てくださっている方、本当にありがとうございました。また、時間がある時に気軽に観にきてくださいね!



COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です