10〜30代必見記事

身体のSOSサインに気付こう!|当てはまる項目があったら即休もう

こんにちは!なおです!
このブログでは『心を軽くする方法』『医療』『作業療法』の3つを柱に情報発信を行っています。

ブログを通し、少しでもあなたの人生を良い方向に変えていけるようなお手伝いが出来るようになることが最大の目標です!ツイッターも積極的に活動しています。是非、様々な人と仲良くなれたら嬉しいです!

なお
なお
今回は、医療従事者の立場から“身体のSOSサインに気付こう!”と題して危険な症状をご紹介していきます!これから書いていくことに当てはまる方がいましたら取り返しのつく段階で休むことを強くオススメします。

今の世の中疲れやすい状況が起きやすく、いつまで経っても状況が変わらないという状態が長引いています。

そんな中で“無意識に頑張ってしまっている人”や“自分の限界を超えてまで頑張ってしまっている人”が多くいます。

そんな状態が長く続いてしまうと身体もメンタルも壊し長期に渡って活動が出来なくなってしまう可能性があります。

後戻り出来るうちに早く症状に気付き早く対処していくことが大切です。

是非、最後までこの記事に目を通してみて下さい。

身体のSOSサインに気付こう!


このSOSサインが見られたら積極的に休みましょう!絶対に無理してはいけません!

・ぼーっとする事が多い

・眠れなくなった

・食欲が落ちた

・休日は1日中起き上がれない

・何をしても楽しくない

です。

なお
なお
上記のサインが感じられたら非常に危険な状況です。いますぐ今やっていることをやめましょう!やめないと取り返しのつかない事になります。

身体からSOSサインが発しられているのに無視して頑張ってしまうと“うつ病”や“適応障害”になってしまう可能性をあげてしまいます。

うつ病”や“適応障害”になってしまうと自分で思っている以上に克服するのが難しかったり予想以上に辛かったり社会復帰するまでに多くの時間を要してしまうことになります。

手遅れになる前に行動して下さい!
工夫して行動すれば“うつ病”も“適応障害”も未然に防げますからね!

では、上記の項目1つずつを更に詳しく解説していきます!
しっかりと読み込んで頂き“症状に当てはまっていたら”今の行動を止め適切な行動をして行って下さい!

ぼーっとする事が多い

身体から発せられる危険なSOSサインは、ぼーっとする事が多くなるです。

なお
なお
ふとした拍子にぼーっとする事や自分が自分ではない感じがあったり、気が遠くなるような感じがあったら気をつけて下さい。

ぼーっとするような症状が出るということは疲れも末期の状態です。
それ以上、頑張ってしまうと後戻り出来なくなってしまいます。

身体から発せられる明確なSOSサインです。

とにかく今行なっている作業はやめて休みを取りましょう!

・ゆっくり眠る

・気分転換をする

・美味し物を食べにいく

・外出する

・友人や家族とゆっくり一緒に過ごす

などをしてみて下さい。

そうすることで少しずつぼーっとする事がなくなっていくかと思います。

ぼーっとする事がなくなったらまた作業を再開すればいいんです。
無理に無理を重ねてはいけません!しっかりと休みを取ることも作業の効率性をあげていく事になります!

ぼーっとするという事は、いつもと違うんです。
脳が無意識に活動を停止させているんです。それに逆らった行動はとにかくやめましょう!

眠れなくなった

身体から発せられる危険なSOSサインは、眠れなくなるです。

なお
なお
睡眠は人間に取って最も大切な行動の1つです。これが取れなくなるということは身体も心も悲鳴をあげている証拠になります。

眠れなくなったらとにかく今やっている作業はやめにして、なるべく身体と心を休ませられるように行動して下さい!

以下の症状が出ている場合は厳重注意です!

・前までは寝つきが良かったのに眠れない

・夜中に頻回に目が覚めてしまう

・うなされる事が多くなる

・悪夢を見る

・睡眠時間が短くなる

です。
とにかく眠れない状態は身体にも心にも良くない状態です。
1日一生懸命動き疲れ果ている状態なのに全く身体も心も回復されていない事になります。

眠れないというのは“うつ病”“適応障害”の一歩手前の症状です。
絶対にそのまま放置してはいけません!

どうにかして眠れるように行動してみましょう。
例えば

・今やっている作業をやめる

・ゆっくりとお風呂に入る時間を作る

・ストレッチの時間を作る

・良い香りを嗅ぎながらクラシックを聴く

・カフェインやアルコールを控える

などです。
これらの行動をしても解決しない場合は、早めに心療内科や精神科のある病院に行き適切に対処してもらいましょう。

診察に通い続けなくても眠剤を貰うだけで身体も心も適切に回復させる事が出来ますよ!

眠れない症状を放置しないでください。眠れないことを甘くみないでください。
一度狂った歯車を戻すのは非常に大変なことですよ!

しっかり眠れるようにしていきましょう!

食欲が落ちた

身体から発せられる危険なSOSサインは、食欲が落ちるです。

なお
なお
食欲が落ちてしまうのも明らかな身体から発せられるSOSサインです。絶対に無視しないでください!

食べ物を食べられなくなった事によって“痩せるからいい”“ちょっとぐらい大丈夫”と思ってしまうのは危ない考え方です。

絶対にそのような考え方はやめましょう!

物が食べれないという状態は末期の状態です。
早く頑張ることをやめましょう。そうしないとどんどん苦しい思いをする事になります。

以下の症状があったら厳重注意です!

・食べ物を見るだけで拒絶反応を示す

・お腹が空いているのに食べ物が美味しそうに見えない

・食べようとすると気持ち悪くなる

・食べれても数口でお腹いっぱいになる

・水ばっかり飲んで食べ物を食べない

・食べてもすぐに吐いてしまう

明らかなSOSサインです。
大袈裟ではありません。本当に危ない状態になっています。

もう、相当メンタルに来ています。
早く心療内科もしくは精神科に行って下さい。

なお
なお
うつ病の可能性もありますし適応障害の可能性もありますし摂食障害の可能性もあります。

症状が重たくなればなる程、社会復帰するまでの時間も掛かってしまいます。
心の風邪を拗らせると本当に大変です。風邪を拗らせる前に適切な行動をしていきましょう!



休日は1日中起き上がれない

身体から発せられる危険なSOSサインは、休日は1日中起き上がれないです。

なお
なお
休日1日起き上がれないのは身体から発せられる明らかなSOSサインです。平日に頑張り過ぎです!早めに対処していきましょう。

休日動けないという風に陥っていませんか?
これも“うつ病”や“適応障害”になる一歩手前の症状です。

例えば

・身体が重たくてうごかいない

・平日は動けるのに休日になると動けなくなる

・休日に動くのが億劫

・部屋が散らばっているのに片付けられない

・前まで出来ていた家事全般が出来なくなる

などは危険な状態となりつつあります。

頑張りすぎることをやめたり、もう少し頑張る負荷量を落としたり、出来ることなら今やっている作業をやめるなどして自分に掛かる負担を軽減していきましょう!

いつまでも自分に負荷をかけ続けると、ある日突然スイッチが切れたのごとく全く動けなくなってしまいます。

そうなってしまうと自分でもどうして良いか分からなくなります。

そうなってしまってからでは遅いんです。
そうなる前に身体も心も休める努力をして下さい!

無理をすると長期離脱の可能性を高めてしまいさらに不安な事を増えてしまうようになります。

明確に身体から発せられるサインに気づいていきましょう!

何をしても楽しくない

身体から発せられる危険なSOSサインは、何をしていても楽しくないです。

なお
なお
何をしていても楽しくないというよりかは、喜怒哀楽がなくなるのは危険なサインです。早く対処していきましょう!

何をしていても楽しくない、お笑い番組を見ても面白くない。
感動なシーンを見ても感動しない。人が苦しんでいても何も感じない。

感情の平坦化は身体も心も疲労のピーク状態です。

感情の平坦化を無視してしまうと何も考えられなくなります。

・ぼーっと眺めているだけ

・話し掛けられても言葉が入ってこない

・何も感じない

・虚無感

・自分ここにあらず

の状態になり“うつ病”発症を決定付けてしまいます。

何をしても楽しくないという状況に陥ったり、何も感じなくなったら自分に負担をかけ過ぎのサインです。

頑張ることをやめたり、今の作業をやめたり、物事を継続することをやめ自分を癒す時間をたくさん作るようにしましょう。

自分を癒す時間をたくさん作っているのに何も状況が変わらないというのであれば心療内科、精神科に早くいき適切に対処してもらいましょう!

感情が平坦化しているのに放置は絶対にダメですよ!!!
取り返しのつくタイミングで適切に行動していくことを心掛けましょう!

そんなに無理しなくてもどうにかなりますよ!


今まで記載してきたように身体から明確なSOSサインが出ている方は、とにかく無理することをやめて休む時間を多く取るようにして下さい。

なお
なお
実際、そんなに無理しなくてもどうにかなったりしますよ!

人ってつい一生懸命になってしまうと周りが見えなくなってしまうものです。

自分の世界で没頭してしまったり、どうにかして成果を残さないとと思い頑張り過ぎてしまったり、あと少しあと少しと自分に言い聞かせてキャパオーバーになってしまったりするんです。

そんなに頑張らなくてもいいんです。
自分1人で全てを背負いこもうとしなくていいんです。

役割分担しながら過ごしていけばいいんです。
責任ある立場であっても楽していいんです。

なお
なお
肩の力を抜いて過ごしていく事が大切です。

人間完璧な人なんていないんです。
完璧を目指し過ぎるとどんな人でもダウンしてしまうんです。

医療現場で働く身として様々な人に出会ってきましたが人間って意外と脆いんです。

少し歯車が狂うだけで紐づる式に音を立てて崩れ落ちてしまい再起不能にまで陥ってしまうんです。

そうなってしまうと元の生活に戻っていくには至難の業になってしまいますし症状を抱えたまま生きていくとなると大変だったりするんです。

もちろん治らない訳ではないですが症状を緩和させるまでに多くの時間を要しますし、再発するリスクを抱えて過ごして行かなければならなくなります。

悪いことではありませんが大変なことなんです。

未然に防げる事なら防いだ方が人生苦しまず過ごしていけるのは確かです。

どうか無理だけはせずに過ごして下さい。
身体から発せられるSOSサインを無視しないでください。

もっと力を抜いて楽に生きてってください!

自分を見つめ直す時間を作ってみましょう!


いかがだったでしょうか!?
身体のSOSサインに気付こう!|当てはまる項目があったら即休もうと題してブログをまとめました!

なお
なお
この記事を最後まで読んで頂けた方は、どうか自分を見つめ直す時間を作ってみて下さい!

そんなに生き急がなくていいんですよ。
お金だけが全てではありません。仕事だけが全てではありません。勉強だけが全てではありません。

最近頑張り過ぎてませんか?
無理し過ぎてませんか?
家族の為、家族の為と言い聞かせてませんか?
明日できることを今日やろうとしてませんか?
休みは取れてますか?
ゆっくりと過ごせる時間を作っていますか?

自問自答していきましょう。
人生において時に立ち止まることは決して悪いことではありません。

自分なりの正しい選択をしていく為には非常に重要な時間になります。
今頑張り過ぎて将来多くの時間を失ってしまうのか、今少し立ち止まり自分を癒す時間を作り壁を乗り越えていくかにより人生は大きく変わっていきます。

人生よりよく過ごしていくには生き急ぐことは禁物です。

もう一度お伝えしますね。
人間て意外と脆いものなんですよ。

自分は絶対大丈夫と思っている人程、全然大丈夫じゃなかったりします。
何事も油断禁物ですよ。

後戻りできるタイミングで後戻りしましょう!

なお
なお
やっぱやーめた!でもいいんです。

どうか自分を大切にして過ごして下さい。
この記事を見てくれた方は健康に毎日を過ごせるようになることを心の底から祈っています!

以上、本日のブログでした。
本日も観てくださっている方、本当にありがとうございました。また、時間がある時に気軽に観にきてくださいね!
そして、何かあればTwitter、お問い合わせから連絡下さいね!!!
1人で悩まず一緒に歩んでいきましょう!

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。