10〜30代必見記事

様々なハラスメント

こんにちは!なおです!
このブログは『医療のこと』『生きための知恵』を柱に人生頑張っている方に向けて情報発信をしていくブログです!
ブログ×ツイッターを通し様々な方と楽しみながらコミュニケーションを取れればなと思っています!

前回の記事ではパワハラに関して書きましたが、改めて自分の社会人経験を振り返ると様々な事があったなと思います。

今でこそ、ある程度自分の好きなようにやらせて貰えるようになりましたが、社会人1年目、2年目というのは、本当に落ち込んでばかりだったなというのを思い出します。

辛い時をグッと堪えて、今があるんだなと思う反面、そんなに耐える必要はなかったのではないかなとも思います。

作業療法士になって7年目
様々な経験から、後輩や学生に対しては常に優しくいようと心に誓っています。

少なくても後輩の意見を聞かない先輩には絶対にならないようにしないとと思っています!

はい!!!本日のお題に移って行きたいと思います。
本日のお題は『様々はハラスメント』に関してです。
前回のパワハラブログに引き続きで、現在の世の中にはハラスメントが溢れているかと思います。

社会人として生きていく中では、ハラスメントは切ってもきれないものかと思います。

そのハラスメントに関して、『どんなハラスメントがあるのか』を知っておくだけでも、今後の参考になるのかなと思い、ブログを書いて行こうと思いました。

ぜひ、最後までお付き合いして頂けたら嬉しいです。

様々なハラスメント

様々なハラスメントがある中で、実際にどんなハラスメントがあるのか、挙げていきたいと思います。

こんな、ハラスメントもあるんだと参考になるかと思います。15選にしたいと思います。

ハラスメントを知り自分の身は自分で守っていきましょう!

1.パワーハラスメント
これは前回書かせてもらったハラスメントです。社会的な地位や人間関係を利用して精神的・肉体的苦痛を与える事です。
業務バランスの不平等さ、仲間はずれ、暴力・暴言がこれに当たります。

2.セクシャルハラスメント
パワーハラスメントと同様程度有名なハラスメントですね。
おさわりや、卑猥な言動、性的な発言に関して精神的苦痛を与えることです。主に男性から女性へ行われるハラスメントなのかなと思います(もちろん、逆もありますが)
男性・女性ともに平等に働く社会となっています。

酔った勢いで言ってしまった、触ってしまったではアウトです。取り返しがつかなくなります。
十分注意してほしいハラスメントですね!

3.モラルハラスメント
特定の人を無視したり誹謗中傷を行なったりするハラスメント。その他にもバカにしたような態度や冷笑いをするのもモラハラにあたります。

無駄な情報を与えたり、過小の業務しか与えない、プライベートまで踏み込んでくるなどが挙げられます。
これらを感じたらモラハラです。

4.スメルハラスメント
これは、匂いに関してのハラスメントですね。体臭が臭い、香水がきつ過ぎる等はこれに当てはまります。
自分は感じない・自分は良かれと思って香水をつけているつもりでも
周りの人は不快に感じている可能性もあります。

匂いは特に自分では気づけない事が多いので、特に注意した方がいいハラスメントの一つです。

夏に向かって行くので自分の匂いに関しては敏感になった方が良いかもしれませんね!

5.マタニティーハラスメント
妊婦、出産する女性に対して行われるハラスメント。
『産休でそんなに休むなら辞めていいよ』や『いいよな、妊婦は早く帰ったり有給をたくさん使えて』などの発言はマタニティーハラスメントに当たる可能性が非常に高いです。

妊婦や出産をひかえている女性は敏感です。
自分が発言する事に関して女性はどのように感じるかを慎重に考えなくてはなりませんね!

6.時短ハラスメント
育児や介護を理由に、早く家に帰らなくてはいけない人に対して『仕事もせず、早く帰れていいよな』『時短人間は呑気でいいよな』と言う発言は時短ハラスメントに当たります。

上記のような発言は直接、時短を取っている人に言わない方がいいですよ。自分を守るという意味でも。

7.テープハラスメント
『お前たちテープ回してないだろうな』この言葉に聞き覚えがあるのではないでしょうか?笑

連日報道されている吉本の岡本社長が言ってた言葉ですね。

会議や人と人とがコミュニケーションをとる場などで1回、2回テープ回すぐらいであれば良いのかもしれませんが、毎回は音声を録音する行為です。過剰な音声録音は流石にハラスメントとなってしまうようです。

もし、何かあった時は、その発言が出てくるであろう場面やテープを回すタイミングを測って音声録音などを行うのが有効的かなと思います。

8.アカデミックハラスメント
大学などの学術機関におけるハラスメントです。
教職員が教育・研究上の権力を使用し、不適切で不当な言動を行うことにより、その者に対して修学・教育・研究ないし職務遂行上の不利益を与え、あるいはその修学・教育・研究ないし職務遂行に差し支えるような精神的・身体的損害を与えることを言います。

学校の先生が全て正しいとは限りません。学生のうちからもハラスメントをうける可能性があるということですね!
教員の方は、要注意しといたほうがいいハラスメントですね。

9.エイジハラスメント
歳だから『出来ないでしょ』や歳だから『覚えられないでしょ』など、年齢に応じた嫌がらせのハラスメントです。
歳を理由に上から目線で接するとハラスメントになる可能性があります。
自分の発言に関しては、要注意してください。

10.セカンドハラスメント
名前の通り、ハラスメントを受けた人が上司などにハラスメントをやめるように言ってもらった後に再度、生じるハラスメントの事です。

またはセクハラ・パワハラなどを受けた際、上司に相談したところ『それぐらい普通だ。我慢しなさいや過剰に反応しすぎだ』と言われるのもセカンドハラスメントとなる。

上司や先輩は後輩の意見を真摯に聞かなくてはいけなし、聞かないとハラスメントになる可能性があります。

11.アルコールハラスメント
これは、アルハラと言われるものですね。アルコールを飲むように強要したり、のみニケーションだと言って嫌がる部下を引連れるのはハラスメントに値します。
のみニケーションをしたい人や本当に飲みたいと思っている人は声をかけなくても付いてくるかと思います。

アルコールが入る場面ではバワハラ・セクハラが横行しやすい現状もあります。様々なハラスメントに注意してください。

アルコールは楽しく愉快に飲みましょう!

12.スモークハラスメント
これは、自分も嫌いなハラスメントです。
いわゆる非喫煙者の前で禁煙者がタバコを吸うことです。
髪の毛や服にタバコの匂いがべったりつきます。
考えただけでも気分が落ちそうです←笑

本当に嫌ですよね。喫煙者の前で本当に嫌なら『スモークハラスメント』ですよ、と言うのも効果的かもしれません。(喧嘩にならないようにして下さいね。伝え方を選びつつ伝えて下さいね)

13.カラオケハラスメント
飲み会のあとなど、あるあるですよね!
特に入社間もない女性スタッフなどは、年上男性のカッコウの餌食となってしまう可能性があります。

なかなか、飲み会後の2次会の場面で『わたしは、うたいません』というのは結構、勇者ですよね。笑
カラハラも立派なハラスメントなので、不快に思われた方は直接カラハラをしている人に言っても間違いではありません。

大声で言うのは難しいかも知れませんが、そっと『ハラスメントですよ』と言ってあげた方が効果的かと思います。

14.ハラスメントハラスメント
なんでもかんでも『ハラスメント』と言う人もまたハラスメントに当たります。
これもまた、むずかし所ですよね。

ハラスメントに敏感になり過ぎても良くないということですね。
なんでもかんでも『ハラスメント』とは言わない方がいいかと思います。ハラスメントを連発する事は周りの人に対しての信ぴょう性を自ら落とす事にもなりかねません。
見極めが大切ということですね!

15.ドクターハラスメント
こんなハラスメントがあるのかとビックリしました。
お医者が患者さんに対して嫌がらせをし精神的苦痛を与えるハラスメントです。
『すぐに〇〇しないと治らないよ』と高額な治療費を請求を行うことや
「信用できないなら他へ行け」と脅したりする行為をさします。

患者さんを良くする為にいる医者が上記のような発言をしてしまったら本末転倒ですね。

おわりに

いかがだったでしょうか。ハラスメントに関してまとめてみました。
こう、並べてみると本当に様々なハラスメントがあるんだなと思います。

もちろん自分を守る為にハラスメントを知っておくのも重要な事ですが、正直過ごしにくい社会になってきているなとも感じます。

ハラスメントの大半はコミュニケーション不足から生じるものがほとんどなのかなと思います。

人と人とが関係を築いていく為にはコミュニケーションがいかに重要な事なのかが分かりますね!

今回のブログで総称して言える事は
人の嫌がる事はやめましょう』という事ですね。

以上、本日のブログでした。

このブログでは、リハビリ、介護、健康に関して困っている、悩んでいる方が気軽に相談できる場、情報を得られる場を目指しブログを行っていきたいとおもっています。
何かに悩まれている方がいらっしゃれば、どんなん小さな事でも構わないので1人で悩まずコメントでもなんでも良いので連絡くださいね。なにかしらの力添えはできるかと思いますので。

本日も観てくださっている方、本当にありがとうございました。また、時間がある時に気軽に観にきてくださいね!



COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です