作業療法

作業療法士になりたい方が見るQ&A25選〜高校生、社会人の方へ〜

こんにちは!なおです!
このブログは『医療のこと』『生きための知恵』を柱に人生頑張っている方に向けて情報発信をしていくブログです!
ブログ×ツイッターを通し様々な方と楽しみながらコミュニケーションを取れればなと思っています!

なお
なお
今回は、作業療法士になりたい方が見るQ&A〜高校生、社会人の方へ〜と題してブログをまとめていきたいと思います!

今回は、様々な質問に対して答えていこうと思います!
作業療法士になりたい方が見て『へぇ〜』と思えるようなものにしていきます。
対象は高校生、社会人、大学生から作業療法士になりたい方です。

Q&A方式で行なっていくので比較的見やすいかと思います!
是非、最後まで見て参考にしてみて下さい!

作業療法士になりたい方が見るQ&A 25選

今回答える質問内容は以下の通りになります!

・頭が良くなければ学校に入れないの?

・社会人から挑戦できるの?

・地方から来る人はいるの?

・学費はいくら掛かるの?

・学校見学は行った方が良いの?

・授業の1限は何分?

・授業開始時間は何時?何時に終わるの?

・特徴的な授業は?

・クラス、ゼミの人と仲良く出来るの?

・男子、女子どっちが多いの?

・学園祭あるの?

・休みはちゃんと確保されているの?

・授業は難しいの?

・座学、実技どっちが多いの?

・実技練習は男女でやるの?

・大学、専門学校どっちが良いの?

・リハ校を選ぶ基準は?

・アルバイトは出来るの?

・クラブ、サークル活動は出来るの?

・国家試験は難しいの?

・就職活動は大変なの?

・夜間部と昼間部どっちが良いの?

・実習はどのくらいの期間いくの?

・実習は大変なの?

・学歴で差はありますか?

です!
全てに答えていきます!是非、参考にしてみて下さい!

頭が良くなければ学校に入れないの?

そんなことはありません。
学校はたくさんあります。自分の偏差値に合う学校を探し目指してみて下さい!

最低限の学力は必要になりますが、学力より対人能力の方が大切です。

よく遊び、よく話、よく笑い、様々なことを感じ、悲し思いをしたり、辛い思いをして
人の苦しみや悲しみをわかる人の方が作業療法士になってから有能な人材になれます!

学力より人となりですよ!大切なのは!

社会人から挑戦できるの?

もちろん出来ます!
最高齢40代という人とも出会ったことがあります。

一浪、二浪して大学に入ってくる方もたくさんいます!

それだけ、魅力のあるお仕事になります!

何歳になっても挑戦出来るのが作業療法士の良いところかと思います!
年齢で諦めるのは非常にもったいないですよ!

挑戦してみれば何とかなるものです。
あとは自分が行動するかしないかの差だけですよ!

地方から来る人はいるの?

北は北海道、南は沖縄まで様々な場所から様々な人が集まってきます。

・大学になったら都内で過ごしたい

・憧れの神奈川で勉強がしたい

・地方に行ってゆっくり勉強したい

・センター試験で合格に引っかかった大学が地方だった
(逆もあり。合格したのが関東圏だった)

・親元から離れて自分で頑張りたい

など、様々な想いで人が動いています。
作業療法を学ぶ場所はどこに行っても変わりません。

場所にはこだわらない方が良いかと思います!
住めば都です。行動すればどうにかなったりもします。

学費はいくら掛かるの?

私立で平均1年間180〜200万円程度です。専門学校も同じぐらいです。
4年間で800万円程かかります!

国公立は平均1年で50〜100万程度です。
4年間で400万円程度です!

私立と国公立の学費の違いは非常にでかいものになります。
確かに私立に行った方が整備されていたりしますが、やはり非常にお金がかかります。
(国公立も整備はされてますが、やはり私立と比較するとやや劣るかと思います。)

国公立は学力のある一握りの人材しか行くことが出来ません!
少しでも安く4年間を過ごしたいと思う方は国公立を目指す価値はあります!

学校見学は行った方が良いの?

オープンキャンパスには絶対に行った方が良いと思います。
学校説明会にも行って下さい!

その方が、学校の様子も知ることが出来ますし在学生と話すことも出来ます。
自分が将来通うかもしれない学校のことを入学してから知るとなると不安要素が非常に多いものになってしまうかと思います!

不安要素を少しでも減らす為に、学校見学には足を運んでみて下さい!



授業の1限は何分?

1限は90分です。10分休みが入り、次の限となります。
2限続きというものもありますので最大180分の授業というのもあります。

医療系大学でなくても1限90分というのは統一かと思います!
ノートを取る人が多いですが、中にはパソコンを使用しノートを取る方もいます。

寝ないようにコーヒーを飲みながら授業を受ける方もいます。
高校と違い、学び方に関しては自由度が高いのかなと思います!

自分は90分、180分と集中力を保つのが非常に大変でした。笑

授業開始時間は何時?何時に終わるの?

始まる時間は9:00が多いです。終わる時間は16:10〜17:50の間が多いです。
1日の授業数により変動してきます。

基本的に1年間授業がみっちり詰まっています。
他の大学と違って、ゆるゆるな感じにはなりません。

高校同様毎日学校に通い勉強をしなければなりません。
そこが少し大変なところだと思います。

中間テスト、期末テストもあります。
ここで合格点を取らないと留年になります。それも容赦なく留年します。

やっつけで試験は乗り越えられないので注意が必要になります!

特徴的な授業は?

特徴的な授業は
陶芸、機織り、籐細工、ものづくり、遊び、コミュニケーション方法論などがあるのが
作業療法学科の特徴かと思います!

その他にも心理学、精神科学、精神科作業療法、精神科作業療法治療学などもあるのが理学療法学科と違う部分になります。

人のことをよく知ったり、遊びを治療にしていく方法を学びます。
非常に楽しい時間になりますよ!

クラス、ゼミの人と仲良く出来るの?

はい!出来ます!
男女関係なくものすごく仲良くなれるかと思います!

・みんなで飲み会をしたり

・BBQをしたり

・お泊まりに行ったり

・ディズニーや富士急に行ったり

・勉強を一緒に頑張ったり

・お茶をしたり

など、キャンパスライフを楽しむことも十分に可能です。
同じ夢を持った人の集まりなので絆も非常に強いものになります。

学校を卒業してからも、ゼミやクラスの人とのやり取りは途絶えないことが多いです。

男子、女子どっちが多いの?

女子が圧倒的に多いです。クラスのほとんどが女子になるかと思います。
男子もいますが数人〜数十人です。

なお
なお
男子にとっては天国!?笑

上記にも書きましたが男女関係なく仲良くなれることは間違いありません。
男子だけが孤立することはないので安心して下さい。

女子同士も非常に仲が良いのも特徴的です。
派閥が出来たりも殆どしないので安心して下さい!



学園祭あるの?

学園祭あります!
これは、他の大学と同じように開かれます。

学園祭では、クラス・ゼミの人達と一致団結して様々な出し物を出します。
何か1つのことを協力して完成させていくという過程も医療人としては大切なことになります。

外部からも人を受け入れますので、楽しい時間になること間違いなしです!

学園祭の企画の中には
ミスコンや軽音の演奏会、ビンゴ大会などもあるので高校の文化祭同様わいわいできる時間になります。

普段、みっちり勉強している分、学園祭の時だけははっちゃける人も多いです!笑

休みはちゃんと確保されているの?

土日が休みな学校がほとんどですが、祝日に関しては授業がある学校もあります。
夏休み、冬休みも一応はありますが、学年が上がっていくに連れて休みの期間が短くなっていきます!

それは、実習や特別授業が入ることが多いからです。
また、宿題として課題を出されることもしばしばです!

結局、資格を取得しなければ、ただの一般人になってしまいます。
学校に通っているだけで作業療法士になれる訳ではありません。

しっかりと勉強しないと作業療法士にはなれません。
作業療法士になる為の勉強をしていくので
それなりの制限は受けながら4年間過ごしていくことになります。

授業は難しいの?

難しいです!
高校で勉強して来たことは、ほとんど役に立たないと言っても過言ではないかと思います!
(一般教養は少しだけ役に立つことはありますが。)

作業療法士を養成する学校、大学に入ると
医学、作業療法のことをみっちり勉強していくことになります。

医学に関しては、学ぶレベルは医者と同様なことを学んでいきます。
覚えることも莫大にあります。

作業療法に関しても覚えること、実践することは山程あります。

その難易度はお世辞にも簡単とは言えません!

ただ、逆のことを言えば新鮮さは非常にあります。
人間のことを隅から隅まで知ることが出来ます。
人の身体や心に興味がある方にとっては、目から鱗の授業が盛り沢山となっています!

人間のことをたくさん学びたいと思われる方にとってはそんなに苦痛にならないかもしれませんね!

座学、実技どっちが多いの?

学年が上がっていく毎に実技が増えていきます!
なので学年が上がれば上がる程
1日が終わる頃には『ぐったり』という方も多くなるかと思います。

思い返してみても『体力勝負』だったなと思います!
それだけ、体力も忍耐力も使っていきます!

座学も寝ないようにするための忍耐力、集中力が必要になります。
授業中寝ると、先生に目をつけられ後々お説教タイムになってしまいます。

なお
なお
お説教タイムなんて絶対いやですよねw

ちなみに学校の先生も殆どが作業療法士になります。
他の学校の先生とは違い、人を見抜く力はズバ抜けています。

隠し事も出来ません。そして常に観察されています!
色々と言動、行動は気をつけてくださいね!!!笑

実技練習は男女でやるの?

はい!やります。
男女関係ありません。

なお
なお
もちろんセクハラはアウトですが!

これはなぜかと言うと
資格をとり臨床に出れば男女関係なく患者さんを診ていくことになるからです。

医療人として、男女で差をつける訳にはいきません!
学生のうちから触り慣れておき、実際の現場に出てから動揺しないようにしていきます。

と言うか、最初は恥じらいがあるかもしれませんが
徐々に『○骨ってここだっけ?』や『○○筋ってここだっけ』など勉強に頭がシフトしていきますので、触り慣れますし、触られ慣れます。

スケベ心で触るような人は医療人として失格です!

大学、専門学校どっちが良いの?

どっちでも良いかと思います!
自分のいきたい方に行けば良いかと思います!

最近は、大学を出ても専門学校を出ても給料形態も変わらないところが殆どです。
(一部差別化している病院もありますが)

大学の方が一般教養も学べるので専門科目以外のことを学びたい人は大学に行けば良いと思いますし、一般教養より専門的なことをより多く学びたいと言うのであれば専門学校に行けば良いかと思います!

リハ校を選ぶ基準は?

国家試験合格率を絶対にみて下さい!
国家試験合格率を出してない学校、または国家試験合格率が全国平均より低い学校はおすすめしません!

上記にも少し述べましたが
資格を取れなければ一般人と変わりません。
4年間学校に通い続けても資格を取れなければ通った意味がありません!学費を出した意味もありません!

資格をとってなんぼの世界です!

なので学校を選ぶ基準としては絶対に国家試験合格率を見て下さい!

アルバイトは出来るの?

アルバイトは出来ます!
自分も3年間はアルバイトしてました!みっちりと。笑

ただ4年生になってからは、実習、卒論、国家試験の勉強が忙しくなり全くアルバイトが出来ませんでした。

なのでアルバイトをやるとしても1年、2年、3年のうちになります。
その3年間は問題なくアルバイト出来るかと思います!

クラブ、サークル活動は出来るの?

はい!出来ます!
学校によって様々なクラブ、サークル活動があります。

学校見学に行った際に在学生に聞けると良いかと思います!

またクラブ、サークル活動は楽しむ・ストレス発散をするだけではなく縦のつながりや横のつながりを作ることも出来ます。

先輩や後輩と情報交換したり、理学療法学科の人から理学療法のことを教えてもらえる可能性もあります。

あとは・・・恋愛を楽しんでいる人もたくさんいます。笑

華のキャンパスライフを送る為にクラブ、サークル活動をするのも良いかと思います!



国家試験は難しいの?

しっかりと勉強すれば然程難しくはありません!

過去問10年分解き、解説付きのノートを作れれば合格することは間違いなしです!
合格点はだいたい6割になります。

制限時間は2時間40分
共通科目100問
専門科目100問
・総得点167点以上/277点
・実地問題43点以上/120点
(上記参考は第55回のものになります)
となります。

総得点と実地問題とよばれるもの2つの基準を超える必要があり
総得点がどんなによくても実地問題が合格点を超えないと不合格になります。

この合格点を超える為に、在校生は死ぬ思いで頑張っています!

就職活動は大変なの?

就職活動は他の大学生と比較すると難しくありません。むしろ楽です!
だいたい1〜2施設見学に行き、面接を受けて合格するという人が殆どです。

何回も何回も面接し、なんとか就職先を見つけるということにはなりません。
現在は、病院・施設側も作業療法士が欲しくて欲しくてたまらない状態となっています。

求人があれば高確率で就職することが出来ます!
就活ストレスは殆どないと言っても過言ではありません!

夜間部と昼間部どっちが良いの?

昼間部が良いかと思います。
夜間部は、どちらかと言うと働きながら通っている人が多いイメージです。

夜に勉強する訳ですから、疲労がある所にさらに疲労を重ねることになります。
大変さは昼間部の2倍にも3倍にもなるかと思います。

そして実習の際は結局は夜間部であろうが昼間に実習を行わなければなりません。
自己管理が難しい上に相当な根性とやる気がないと夜間部は通いきれないかと思います!

大きな理由がない限りは昼間部に行くことをおすすめします。

実習はどのくらいの期間いくの?

1年生は1日見学を数カ所。
2年生は1施設1週間。
3年生は1〜2施設を1〜2ヵ月。
4年生は1〜2施設を3〜4ヵ月。

と言う学校が殆どになります。
その間は学校での授業はなく、実習先の病院or施設に通い詰めになります。

実際の現場に出て作業療法のことを学んで行きます!
学年が上がっていくことにやる内容も濃くなって行きます!

実習は大変なの?

はい!大変です!
学校で勉強しているより数倍大変なので覚悟はしておいた方が良いです。

実習先と言うのは、指導してくれる先生とも初対面、環境も初めて行く場所、周りも有資格者だらけ、友人もいない、1人で困難に立ち向かって行かなければならないものになります!

相当なストレスもかかりますし、心も折れやすかったりします。

この実習を乗り越えなければ一人前の作業療法士にはなれません。
実習もそうですが、通ってれば合格する訳ではありません。
普通に不合格になることもあります。不合格になればもちろん留年です。

それだけ厳しいものになります。
これぐらい厳しくしないと、将来患者さんを相手に治療することなんて出来なくなってしまうからです。

学歴で差はありますか?

ありません!
大学出だろうが、専門学校出だろうが関係ありません!

資格を取れば実力社会になります。結果が全てです!

いかに患者さんに対して真摯に向き合い治療、支援が行えるかが重要となります。

○○学校だから頭が悪い、○○学校だから治療が出来ない、○○学校だから下
そんなことを言っている人がいれば、セラピストとしてはふさわしくありません!

資格を取ってしまえばみんな同じです!学歴を気にする必要は全くありません!

高校生・社会人の方にはじっくりみて欲しい

いかがだったでしょうか!?
作業療法士になりたい方が見るQ&A25選〜高校生、社会人の方へ〜と題してブログをまとめて参りました!

思った以上にかなりの長文になりました。笑
1つ1つの質問に普通に答えてたら6,000字を超えてました!

でも、深くお伝え出来たと思います!
高校生・社会人の方は時間が許す限りじっくりみて欲しいと思います。

きっとこのQ&Aでたくさんのことを知れるたはずだと思います!

その他にも気になる質問や『これってどうなんだろう』と思われるものがあれば遠慮なしに連絡くださいね!

質問は大歓迎ですよ!!!

以上、本日のブログでした。
本日も観てくださっている方、本当にありがとうございました。また、時間がある時に気軽に観にきてくださいね!
そして、何かあればTwitter、お問い合わせから連絡下さいね!!!
1人で悩まず一緒に歩んでいきましょう!

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です